« 雨のち曇り時々晴れ | トップページ | キャンプinふもとっぱら »

2006年4月17日 (月)

ルイガノカップコース下見

さて予告通りルイガノカップのコースを偵察したレポートです。

Img_3015_2
まずはキャンプ場からの登り始めと思われる場所。

Img_3016
とは言え、ほとんど平坦ですが(笑)。

Img_3018
分岐を右折するとこんな感じ。でもこの道を通るかは不明です。

Img_3019 
DHをするには舗装路を登る?トロッコもないのにどうするんでしょう?

Img_3022
コースの頂上と思われる駐車場からの下り始め。おそらくここからがDHセクションです。写真ではよく分かりませんが結構な勾配です。

Img_3023_3
これまた激しいドロップオフ。初心者は泣いちゃうかも。

Img_3024
足付きナシでは通れない位の難易度の高いガレ場セクションを過ぎると橋があります。

Img_3025
同じ橋を違う角度から見てみました。さとみはこのコースをスイスイ走ってましたけど、普通の女の子ではまず無理でしょう。

Img_3026
ラダーと盛土が交互にあるセクション。これも結構いやらしいです。

Img_3027 
こちらはラダーだけのアップダウン。通るだけで体力を消耗します。

Img_3028
これまた急勾配の下り。少し泥が付いただけでも滑ること間違いなし。

Img_3029
こんな橋がたくさんあります。アプローチを慎重にいかないとスムーズに渡れません。

Img_3030 
中盤には橋とは呼べない丸太セクションが多数あり。この辺りからクロカンコースと合流するのかも?

Img_3031
チェーンソーを操るスペシャリストが作業中でした。

Img_3032
ようやくまとも?なクロカンコースが現れました。

Img_3033
でもまだ踏み固めてないのでフカフカで走りづらいです。

Img_3034
ガレ場もかなりあるのでテクニックを要します。 
 
結局クロカンコースはその全貌が掴めませんでした。
しかしながらおそらくキャンプサイトも使ったほぼフラットな設定になるかと思います。 
とにかく、コースは開拓したばかりなのでデコボコ・・・とにかく走りづらいです。
特にDHコースは勾配はないもののかなりテクニカルで手こずることでしょう。
なんと言うか、漕いでも漕いでも前に進まないって感じです。
これがもう少し整備されれば走りやすくなるのでしょうけどね。

公式サイトによると5月にはプレオープンするようです。
さぁみんなでコース固めに協力しましょう(笑)。

|

« 雨のち曇り時々晴れ | トップページ | キャンプinふもとっぱら »

キャンプ」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨のち曇り時々晴れ | トップページ | キャンプinふもとっぱら »