« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

パーツはカメラ屋再び

所用で千葉方面に出掛けた帰りに、噂の有楽町に潜入してきた。
おぉ、そこには新宿とは比較にならないほどの自転車ワールドが展開されているではないか!
 
バイクも・・・
 
Ca280067
 
パーツも・・・
 
Ca280068
 
なんと充実していること。
 
しかもかなりマニアック(笑)、そしてお高い。
金銭感覚が麻痺している我々には普通だが、一般人はこの金額におののいてしまうのでは。
 
ん~○ックカメラ恐るべし。

| | コメント (0)

2006年6月29日 (木)

記念パーティ

スバル・コガミヤタカップの参加受理証が届いた。
やはりさとみはビギナーWOMENにエントリーされていた。 
あのぉ、ビギナーじゃないんですけど・・・(笑)。
まぁ主催者の意向だからしょーがない。
 
そしてそこには「20回開催記念パーティを行います。」の文字が。
ん~?こんなことHPには一切載ってなかったような・・・?
 
でもこれは過去にはなかった試みで、意気込みが感じられる。
なんだか楽しそうだし参加してみようかねぇ。
幸いにして次の日も休みだし、飲んだくれてもOK(笑)。 
 

| | コメント (0)

2006年6月28日 (水)

スポーツトラック

フォード・ジャパン・リミテッドが2007年に「エクスプローラー・スポーツトラック」を発売するという。
 
Explorer
 
おぉ、なんという大英断!
今や国産メーカーでさえもピックアップの販売をしてないというのに。
 
思えば私が就職した年に初めて買った車がハイラックスのピックアップだった。
もちろん2台目も同じ車種。
 
当時は荷台にモトクロッサーを積んでよくレースに出掛けたものだ。
それ以外にも単体でスノーアタックに行ったりキャンプしたりと、アウトドアで大活躍。
 
さとみが妊娠してやむを得ずエクスプローラーに買い換えたが、心は今でもピックアップ。 
やはり思い入れが強いしなんたって格好いい。
近い将来また乗りたいと思っていたところにこの発表。
正直グラグラと・・・(笑)。 
 
しかし、これをさとみに見せたら「今の車は10年乗るんでしょ?」と、軽く一蹴されてしまった(笑)。
えー、そうだっけー??

| | コメント (0)

2006年6月27日 (火)

パーツはカメラ屋で

新宿を歩いていた時に、以前ぐっさんが言ってたことを思い出した。
それは「有楽町の○ックカメラにはカンパニョーロのパーツが置いてあるよ。」と。
ならばここはどうだろうと新宿西口店に行ってみた。
 
半信半疑で店内に入ると・・・あった(笑)。
確かに自転車のコーナーがある。
そしてそこにはカンパこそないが、シマノのパーツは置いてあった。
しかもごていねいにケース入り。(ディオーレだけどね。)
 
Ca280066
 
扱っているパーツの数こそ多くはないが、全品10%ポイントサービス(笑)。
これって通販より安い?
 
しかし今やカメラ店も自転車にまで手を広げる時代になったものか。 
そのうちレースまで主催したりして。

| | コメント (0)

2006年6月26日 (月)

レフティ入院

予告通り昨日の続き。
 
帰宅後、すぐにS氏M氏と共に横浜のMTBショップ「ハートビュー」に直行する。
しかしバイクは汚いまま(笑)。
こんな状態では診てもらう訳には行かないと、まずは店の前で洗車。  
 
しかしここになぜか店長が加わり、ポイントを説明しながら自ら手際良く洗っていく。
・・・自分でやりますと言ったのに(笑)。  
本人はヒマだからと言っているが、それはおそらく嘘だろう。
初めて来たというのにもかかわらず、手厚い歓迎ぶりに感謝。
 
ようやくきれいになったバイクを店内に持ち込み状況を伝えると、「それはS氏と同じですね。」
偶然にもほんの少し前にS氏のレフティも同じことになっていた。
そして購入したのもやはり3年前。
 
おそらくインナーチューブが錆び付き、内部のベアリングも逝ってしまっているのではないか。
対処方法としては、レフティ自体を外してメーカーに送って修理してもらうようになると。
そしておそらくすぐに修理され、今週中に返送されてくるだろうとの説明がなされた。 
 
そんなことを言っているうちに、どうせなら今分解してしまいましょうとバイクを整備台へ固定する。(す、素早い・・・)
あれよと言う間にレフティは簡単にフレームから分離され、そして運命のフォークブーツがめくられる。
その中にはしっかりと錆び付いたインナーチューブが・・・(ガーン)
あー、やはりダメかー。
 
いくらタイラップで締めていても、ブーツの中には水や泥が入り込んでくる。
それが錆び付きの元凶らしい。
やはり構造的にどうすることも出来ず、対策としては定期的にグリスアップするしかないようだ。
 
そして気になる修理代は・・・なんと実費のみの請求になるという。  
つまり驚くことに工賃は無料!
ここでバイクを購入したわけでもないのに・・・  
なんとも嬉しい配慮に感激する。
 
その実費はというと・・・確定したわけでもないのでここでは敢えて伏せておく。
エントリーモデルのフロントサスが買える金額程度と言っておこう。
 
それにしてもここの店長、ひとつひとつの行動と言動に説得力がある。
工具の使い方、メカの調整、的確なアドバイス・・・そのどれもが職人技でプロ意識が非常に高い。
しかも客の目線で話をしている。
ん~素晴らしい、即座にファンになってしまった。
今後はここでお世話になりたいものだ。
 
しかし・・・さとみのバイクが気になる。
同じものをほぼ同じ時期に購入し、同じ使い方をしているので自ずと結果は・・・。
うぅ、出費も2倍かー!?

| | コメント (0)

2006年6月25日 (日)

合同ツーリング

先週の流れを受けてハートビューとウンズの方々合計7名で、奥多摩方面にツーリングに行って来た。
さとみは子供たちの行事があるため残念ながらお留守番。(ゴメンよー)
私が代表で初コースの偵察に行くことになった。
 
早朝、自宅までハートビュー号にわざわざ迎えに来ていただく。
人の車に乗って走りに行くなんて初めてかも。(楽だー)
しかしバイクを積む時になってレフティが固着しているのが判明。(う、動かない・・・)
辛うじて動いたが、はたして実戦ではどうなるか心配だ。
 
家から現地までは約1時間。
もっと遠いと思っていたが意外に近いものだ。
 
その場所は、な、なんと私が15年ほど前によくバイクでツーリングに来ていた場所。
久しぶりの地にしばし感慨に浸ってしまった。
 
Dsc01177
 
ここからはただひたすらロードのヒルクライム。
しかもかなりの勾配。
休憩を挟みながら1時間半ほど掛けて頂上まで登る。(キツかったー)
 
Img_3334
 
そしていよいよお待ちかねのトレイル。
下りを基調としたシングルトラックがメイン。
ご機嫌に下るが、道はかなり細く木の根っ子も多く滑りやすく、しかも下はかなりのガケ。
けっこうビビリながら走る。(でも面白い)
 
Img_3349
 
加えて懸念されていたレフティがやはりほとんど動かない。
段差のショックが直に腕に伝わり、走りづらいのなんのって。
なので途中から路面を舐めるような走りに切り替える。
 
だが変化に富んだトレイルはやはり面白い。
思ったよりも長く、かなり楽しめた。
 
Img_3354
 
実走行33km、2時間40分。
休憩を含めると約5時間のトレイルライドであった。
 
道も覚えたことだし、次回はさとみと一緒に行くとしよう。 
 
 
そして気になるレフティの顛末は・・・続きは明日。

| | コメント (0)

2006年6月24日 (土)

初試合

川崎フロンターレの主催するサッカーの試合が、生田にある専修大学のグラウンドで行われた。
各地域から多数のチームが集まり、じゅんの所属する地元チームも参加。
試合は10分ハーフで3試合行われ、じゅんも先発メンバーとしていい動きをしたそうな。
 
・・・と、これはすべてさとみから聞いた話。
 
初の遠征でさとみも引率から手伝いから応援までしてきたらしい。
彼女曰く、「暑くて見てるだけで疲れちゃったー。普通のお母さんって子供のためにこんなことをしてるんだねー。」
と妙なところで感心していた(笑)。
そりゃそうだ、我が家は今までほとんどが親の行動に子供を付き合わせていたからね。
これからはこんなことが増えるんだろうな。
 
で、これは参加賞としていただいたおみやげが入っていた袋。
夢は大きくJリーグかな。
 
Img_3328_2
 
えっ、その間私は何をしてたかって?
もちろん?仕事・・・。(え~ん、見たかったよぉ。)
さいたま市の物件のモデルルームのプレオープンに建築担当として待機していたのだが、予想以上の大盛況で接客に駆り出され、結局5件もの対応をしてしまった。
これはこれで疲れました(笑)。

| | コメント (0)

2006年6月23日 (金)

クラス統合

スバル・コガミヤタカップの事務局からFAXが届いた。
今回さとみはスポーツWOMENクラスにエントリーしたのだが、出場者不足によりビギナークラスに変更してくださいとのこと。
 
つまり女子クラスは統合されるということ?
そんなぁ・・・!
 
今まで女子はビギナークラスしかなかったので選択の余地もなかったのだが、あまりにも他のライダーと力の差があり過ぎるので恐縮していた。
なので今回からもう出るのは遠慮しよう、代わりに私と組んで耐久に出ようと思っていたのだが、今回は新設のスポーツクラスがあるということで、やっぱりソロで走ってみようとエントリーしたわけだ。
 
ようやく気兼ねなく走れると思っていただけに残念、というか申し訳ない。
 
・・・という訳で主催者の意向には逆らえませぬ。
おかげで初めて応援することができるのだけどね。(いつもは混走だったので。)

| | コメント (0)

夢か幻か

朝方の夢見心地の中、階下からキャーキャー騒ぎ立てる声と拍手が響いてきた。
「あぁ、日本が得点を入れたのかなぁ。」
よしやったぞー!と思いながらまた就寝・・・zzz。
一瞬だがいい夢を見た。
 
残念ながら決勝トーナメント進出はならなかったが、頑張ったゾ日本。
 
ところで中田選手にインタビューしたヤツ、もっとマシな質問をしろよなー。
呆れられてるし。

| | コメント (0)

2006年6月22日 (木)

泣いても笑っても

W杯サッカーはこれが最後の勝負となる。
子供たちは朝方の決戦に備えて早々にご就寝。
私は筋トレやって徹夜でがんばる・・・わけないか。
体がもたないのでリアルタイムは遠慮させていただきます(笑)。
ハイライトシーンで我慢我慢。

| | コメント (0)

2006年6月20日 (火)

グラスルーツ

キャノンデールのグラスルーツプログラムのサポートライダーが決まったらしい。
 
実はさとみのところにも今年も継続して欲しい旨の連絡が来たのだが、丁重にお断りした。
もういい加減3年も登録していて元々今年は辞めると決めていたし、なによりもこのプログラムは未来のスター達のためにあるものだから(笑)。
 
さとみは設立当初からお世話になっていたのだが、今までこの恩恵に預かったのは機材(有料)とウエアの提供のみ。
当初は対象者を相手に様々なイベントを行うという意気込みがあったようだが、結局一度も成されぬまま毎年放置プレー状態。
本当にサポートされているの?と常々疑問に思っていた。
 
確かにチーム名に「cannondale」を入れることによって認知度は上がったかもしれないが、ただそれだけ。
世界に名だたるメーカーがなんというお粗末なこと。
 
しかしながらこんな苦言を呈するのは、今後のさらなる発展を願ってのこと。
若手ライダーを育て上げ、自転車界の活性化に一役買うような働きを密かに期待している。
 
実はこのプログラムは4年前から行われているのだが、メディアを通じて発表するなんて初めてのこと。
今年は今までより力が入っているのだと信じたい。

| | コメント (0)

2006年6月19日 (月)

一夜明けて

昨日の余韻が心にも体にも残っている。(それを筋肉痛とは敢えて言わない。)
 
さて、お約束?の自己分析、今回のツーリングを検証してみた。
 
・コースについて
 コースはある程度変化をもたせて設定したつもり。
 楽しんで走れる場所、チャレンジするセクション・・・
 時間があれば要所要所でトライアル大会なんてスクール的なこともやってみたかった
 のだが。
 
・ペースについて
 少しだけ速かったかもしれない。
 でも今回の参加者はいずれも達人揃いと思われ、問題ないと判断した。
 むしろ遅い方が失礼かなと(笑)。
 加えて悪天候だったのもあり、早めに終わらせようという気持ちもあっただろう。
 でも先頭はいいペースでも後方集団はちょっと大変だったかもしれない。
 
・おまけ
 今回のツアーで一番嬉しかったこと。
 それは初めてお会いした現役のJライダーから口々に、私のコース攻略について
 お褒めの言葉をいただいたこと。
 正直そんなこと思ってもみなかったので驚いた。 
 これを励みにもっとテクニックを磨かねば。
 
 しかしひたすら先頭だったので他の人の走りが見れなかったのが残念。
 私も色々と勉強したかった(笑)。
 
評価
コース:★★★★★ 変化に富んでいて面白い
進 行:★★★☆   スムーズだったがもう少し余裕があればベスト
天 気:★       ほとんど雨だったが余り気にならなかった
総 合:★★★★☆ さらなるパワーアップを目指します

| | コメント (0)

2006年6月18日 (日)

4チームプラス1

前日から降り出した雨は、小降りにはなったものの止まず。
にもかかわらずみなさん走る気満々。
UNS、ハートビュー、泥屋各チームの面々にチャリ部長を加えた総勢12名。
午前9時にトレイル目指して走り出す。
 
Img_3324
 
最初は昨日と同じトレイルを走るが、予想に反してとてもいいペース。
これだけ大勢のライダーがまとまって走るのに、なぜか昨日よりも速い。
さすが精鋭のテクニシャン揃い。
 
Img_3326
 
後半はドロップオフの激下りにガレ場ありウッドチップありの、変化に富んだ面白いトレイルを満喫する。
後続ライダーのプレッシャーが逆に心地良く、いい刺激となって走り切れた。
終わってみればレベルの高い人たちと走れて実に楽しかった。
これを機に他チームの方々ともどんどん交流を深めていきたい。
 
・・・ということで無事帰ってきたが、これからは洗濯の山との戦いだ。
これがなかなか手強いゾ(笑)。

| | コメント (0)

2006年6月17日 (土)

合同イベント1日目

曇りのち晴れ。
早朝から某所のキャンプ場に行く。
 
Img_3310
 
午前中はさとみと一緒にトレイルを走りに行く。
トレイルの実走行12kmを約1時間半かけて走る。
 
Img_3304_1
 
昼は子供たちとサッカーのPK戦。
これがなかなか盛り上がって楽しい。 
 
Img_3301
 
昼食をはさんで昼前から合流したハートビューのお二人と、再度同じ道へ。
さすがに疲れたが実にいい練習になった。
 
走り終えるとすぐに雨が降り出す。
夜はUNSチーム、泥屋さんを加えた総勢12名の大宴会。
その盛り上がりは深夜2時半まで続いた。
明日も走るというのに大丈夫か?

| | コメント (0)

2006年6月16日 (金)

バケツをひっくり返した

という表現がぴったりくるような大雨が夜通し降り続いた。
朝方通勤できるか不安に思ったが、意外に早く上がってひと安心。
その代わりに湿気が多く蒸し暑かった。
これからしばらくはこんな陽気が続くんだろうな。
ん~ジメジメとしたのは嫌いじゃー。
 
さて明日の朝から某所にトレイルライド&キャンプに行く。
雨が降るのは覚悟の上だが、なんとかもちそうな雰囲気。
少しは期待させてくれー。

| | コメント (0)

2006年6月14日 (水)

遅ればせながら

スバル・コガミヤタカップにエントリーした。 
悩んだ末に、私とさとみとそれぞれのスポーツソロクラスで走ることに。
 
この日は出勤となる可能性大なので今まで申し込むのを躊躇していたのだが、ここに来てなんとか回避できる目途がついた。
締め切りは明後日必着(!)、文字通り駆け込みでのエントリーとなった。
 
このレースのスタートは申し込み順に並ぶので、最後尾となることは間違いない。
まぁこれは分かりきってたので仕方ないが。
開き直って楽しむとしよう。
 
子供たちは後ろに並ばされるのを嫌い、無駄金となるのを覚悟で前もってエントリーしておいたので問題はない。
 
2時間耐久も走ることを考えたのだが、私的にはこのコースでは楽しめないと思ってパス。何しろこのコースを走破するだけの脚力がないので(笑)。
今回はチームのみなさんとお知り合いの応援とバックアップに徹することにしよう。
 
なんにせよ久しぶりのレース。
徐々に体を鍛えなければ。

| | コメント (0)

2006年6月13日 (火)

エレベーター

最近S社のエレベーターの不具合が問題になっている。
世界では業界2位だというのに、なんという信頼性のなさ。
人の命を預かる重大な使命を負っているだけに、全力で再発防止に努めて欲しい。
 
そういう私もつい先日現場でエレベーターの検査を行ったばかり。
その内容はというと・・・
・地震や火災が起きた場合、また停電等で途中で止まった場合でも、すぐに最寄りのフロアに移動し、かつ扉が開くか。
・非常ボタンを押してすぐに監視センターに警報が届くか。
つまり非常時でも安全に動作するかの検証をしているのだ。
 
また、カゴの上に乗ってシャフト内の点検も行う。
と言ってもピンとこないかもしれないが、要は普段みなさんが乗り降りしている上下に動く箱の屋根に乗るということ。
そこには普段は絶対にお目にかかれない世界、まるで深い落とし穴にでも落ちたような錯覚に陥る。
 
このカゴの上には簡易手摺も付いていて、まるで遊具にでも乗っているかのよう。
ちょっとした遊園地気分が味わえる(笑)。
もちろんやる時は真剣だが。
 
とにかく、第二第三の事故が起きないことを願うばかり。

| | コメント (0)

2006年6月12日 (月)

予選の初戦

いよいよワールドカップでの日本の初試合。
帰りの新宿駅はサッカーの試合に間に合うように家路に急ぐ人たちでごった返していた。
 
しかし・・・
 
子供たち、明日の朝刊を見てがっかりするだろうな。
ん~残念。

| | コメント (0)

2006年6月11日 (日)

スイミング&ヤキニク

予報に反して朝からずっと雨が降り続いた。
午前中はじゅんのサッカーの練習があったのだが、雨で中止・・・。
それではと「ヨネッティ王禅寺」に泳ぎに行く。
流れるプールで回り続け、その合い間にさとみと私は共に25mを8本。
2時間フルに泳ぎ続け、かなりの体力を使う。
さすがに疲れたがいい運動になった。
 
午後からは厚木へ申請していたパスポートを取りに行く。
申請は代理人でいいのだが受け取りは本人でなければダメらしい。
パスポートなんて新婚旅行でエジプトに行った時に申請したっきりだ。
 
Img_3299  
 
右の赤いのが大人用で左の黒いのが子供用。
今はICチップなんてものが埋め込まれていて、すぐに本人確認が出来るそうな。
ん、これを何に使うかって?
それは内緒(笑)。
 
そのついでに夕食はホルモン焼きの有名店「酔笑苑」へ行く。
 
Img_3295 
 
ここはさとみが厚木の福祉施設で働いていた時によく行ったところ。
新鮮なホルモンが安価で食べられる。
 
久しぶりに行ったがやっぱり美味しい。 
すっかり満足♪

| | コメント (0)

2006年6月10日 (土)

ご近所トレイル

休日出勤ではあったが、夕方からさとみと近くのトレイルへ走りに行った。
最近はマラソン大会のためランが多かったので、自転車に乗ること自体が実に2ヶ月ぶり。
 
日差しもなく適度な気温で、絶好のライディング日和。
オン&オフ、ヒルクラにダウンヒルと、1時間半かけて16kmを走り回る。
やっぱりトレイルは楽しい。
7月にはレースが控えているので、これから徐々に鍛えなくては。

| | コメント (0)

2006年6月 9日 (金)

梅雨&ワールドカップ

関東地方もついに梅雨入りとなったこの日、全世界注目のワールドカップが始まった。
これから寝不足の日々が続くであろう。
まずは体調を整えて万全の体制でいなければ。
 
まずは開会式直後のドイツ-コスタリカ戦。
前半を終えて2-1のところで名残惜しくも寝ます(笑)。
明日は仕事だし・・・。 

| | コメント (0)

2006年6月 8日 (木)

HAZAN

2003年公開の茨城県で撮影された映画。
ブルガリアの国際映画祭でもグランプリを受賞した。
 
Hazan
 
実はこの映画には、主人公「板谷波山」の次男「佐久良」役として、私の甥っ子が出演している。
これは撮影にあたって地元で行われた一般公募のオーディションに受かったもの。
当時は4歳だったが幼いながらにしっかりと好演している。
 
この貴重な体験は本人はもちろん親にとってもいい思い出となったようだ。
当時の撮影時のエピソードや裏話などを聞くと面白い。
 
とにかく手前味噌なことを除いても、とてもいい映画である。
NHK BSで6月10日(土)午後9時から10時49分に放送予定。
ぜひ多くの方にご覧いただきたい。
 
オフィシャルサイトはこちら
 
ちなみにそれ以降の出演依頼はないらしい(笑)。

| | コメント (0)

2006年6月 7日 (水)

Happy Birthday part2

今日はじゅんの8歳の誕生日。
先月のひろきの誕生日、結婚記念日と我が家にとって5、6月はおめでたイベント月間。
プレゼントは前から欲しかったポケモンのゲームソフト。
夕食は手巻き寿司、もちろん昨日届いた甘えびも登場。
 
さとみとの合作でオリジナルケーキを作ったのだが、またしてもお菓子のトッピング満載。
ラムネにグミにチョコビに以下不明・・・(笑)。
まぁいいんだけどね。

| | コメント (0)

2006年6月 6日 (火)

えび

以前某保険会社に資料請求をしたら、なんと商品プレゼントに当選したとの通知がきた。
その中味は数多くの各地の特産物から一品選べるもので、まるで結婚式などの引き出物のよう。
へぇ~こんなこともあるもんだ。
 
厳正なる家族会議の末に選んだものは・・・「甘えび」(笑)。
待つこと数週間、本日届いたのがこれ↓。
 
Img_3291
 
山陰産でひと味違うらしい。
確かに身が大きくしまっていてなんとも美味しそう♪
エビ派なさとみにとっては予想外のプレゼント。
たいそう喜んでおりました。
 
ちなみに私はカニ派。
どっかからやって来ないものか(笑)。

| | コメント (0)

2006年6月 5日 (月)

日焼け

昨日の陽射しで顔と首回りがけっこう焼けてしまった。
おかしい、天気が良くなったのは最後の最後だし、ほとんど日陰にいたはずなのに・・・
元々肌の色が白いからちょっと焼けただけでけっこう目立つ。
多くの同僚にも顔を見るなり「あれぇ焼けたねぇ。」と言われてしまった。
これからは日焼け止めは必須ですな。

| | コメント (0)

2006年6月 4日 (日)

ちびっ子健康マラソン

ひたちなか市の陸上競技場で行われたマラソン大会に参加してきた。
今回は初マラソンとなる私の妹の息子ほたか君を連れて、3人のエントリー。
 
Img_3272
 
結果は、ほたか君が1.5km小学1年男子で88名中21位!
おぉ、初マラソンにしては上出来だ。
じゅんは小学2年男子158名中15位、ひろきは小学5年男子115名中37位。 
ふたりとも過去最高のタイムでゴール。
なかなかの好成績であった。
 
Untitled1
 
ほたか君は楽しかったらしく、これを機にマラソン熱が高まりそうだ。 
我が家の子供たちも負けずにがんばろー。

| | コメント (0)

2006年6月 3日 (土)

海&山

日曜日に実家の近くでマラソン大会があるので、早朝に実家に向けて出発する。
首都高の混む時間帯を避けて順調に走るが、あまりにも早く着いたために海へ行って時間つぶし。
ちょっと肌寒かったが久しぶりの海で思いっきり遊ぶ。 
 
Img_3260 
 
その足で昼前に妹の新居へ行き、まずは子供たちを連れて裏山に散策に行く。 
裏山と言ってもひと山丸ごと整備されたかなり広大な公園。
みんなで楽しみながら歩き回る。
 
Img_3264
 
いつもながらこの地は海と山を一度に満喫できる、なんともぜいたくな場所だ。
今度は自転車で探検しなければ。

| | コメント (0)

2006年6月 2日 (金)

一台二役

なんと、エアコンの付いた洗濯機が発売された。
洗濯をしながら冷風が出て、おまけに除湿もできるそうな。
いやいや、こんなものが出来るとは想像だにしなかった。
テレビの付いた携帯、危険を察知してブレーキが掛かる自動車・・・改めて世の技術の進歩には驚かされる。
そのうち足が出て走り出すんじゃないだろうな。
 
それにしても・・・エアコンのない我が家にこれがやって来たら、洗面室が一番ぜいたくな部屋になってしまうかも(笑)。
ん~洗濯機恐るべし。

| | コメント (0)

2006年6月 1日 (木)

快晴

民間による駐車違反の取締りが始まった。
数分置くだけですぐ罰金らしい・・・余りにも危険だ。
でもこれで違法駐車が減ってくれれば嬉しいが。
 
ところで我が家はここ数年路上駐車なるものをした記憶がない。
その理由は、なんと言っても自転車。
近所に買い物に行くだけでなく、ちょいと遠い百貨店に行くのにも躊躇はしない。
ごく自然に自転車に跨ってしまう。
なんと言っても風を切って走るのが気持ちいい。
それにトレーニングも兼ねられるし。
 
・・・でも自転車でも違反走行等で切符を切られるようになったらしい。 
気を付けなくては。

| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »