« 合同ツーリング | トップページ | パーツはカメラ屋で »

2006年6月26日 (月)

レフティ入院

予告通り昨日の続き。
 
帰宅後、すぐにS氏M氏と共に横浜のMTBショップ「ハートビュー」に直行する。
しかしバイクは汚いまま(笑)。
こんな状態では診てもらう訳には行かないと、まずは店の前で洗車。  
 
しかしここになぜか店長が加わり、ポイントを説明しながら自ら手際良く洗っていく。
・・・自分でやりますと言ったのに(笑)。  
本人はヒマだからと言っているが、それはおそらく嘘だろう。
初めて来たというのにもかかわらず、手厚い歓迎ぶりに感謝。
 
ようやくきれいになったバイクを店内に持ち込み状況を伝えると、「それはS氏と同じですね。」
偶然にもほんの少し前にS氏のレフティも同じことになっていた。
そして購入したのもやはり3年前。
 
おそらくインナーチューブが錆び付き、内部のベアリングも逝ってしまっているのではないか。
対処方法としては、レフティ自体を外してメーカーに送って修理してもらうようになると。
そしておそらくすぐに修理され、今週中に返送されてくるだろうとの説明がなされた。 
 
そんなことを言っているうちに、どうせなら今分解してしまいましょうとバイクを整備台へ固定する。(す、素早い・・・)
あれよと言う間にレフティは簡単にフレームから分離され、そして運命のフォークブーツがめくられる。
その中にはしっかりと錆び付いたインナーチューブが・・・(ガーン)
あー、やはりダメかー。
 
いくらタイラップで締めていても、ブーツの中には水や泥が入り込んでくる。
それが錆び付きの元凶らしい。
やはり構造的にどうすることも出来ず、対策としては定期的にグリスアップするしかないようだ。
 
そして気になる修理代は・・・なんと実費のみの請求になるという。  
つまり驚くことに工賃は無料!
ここでバイクを購入したわけでもないのに・・・  
なんとも嬉しい配慮に感激する。
 
その実費はというと・・・確定したわけでもないのでここでは敢えて伏せておく。
エントリーモデルのフロントサスが買える金額程度と言っておこう。
 
それにしてもここの店長、ひとつひとつの行動と言動に説得力がある。
工具の使い方、メカの調整、的確なアドバイス・・・そのどれもが職人技でプロ意識が非常に高い。
しかも客の目線で話をしている。
ん~素晴らしい、即座にファンになってしまった。
今後はここでお世話になりたいものだ。
 
しかし・・・さとみのバイクが気になる。
同じものをほぼ同じ時期に購入し、同じ使い方をしているので自ずと結果は・・・。
うぅ、出費も2倍かー!?

|

« 合同ツーリング | トップページ | パーツはカメラ屋で »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合同ツーリング | トップページ | パーツはカメラ屋で »