« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

改めて・・・横須賀へ

週末は横須賀の親戚の家に遊びに行った。
ここの夫婦はまぁ上品でかつ知性も備えており、一緒に居てとても楽しい。
ただ子供がいないため二人暮らし。
プラス犬一匹シーズーのサリーちゃん。
 
Img_4224 ちっとも吠えないおとなしい子
 
なので、時々顔を見せて孫のいる気分を少しでも味わっていただければと思っている。
とは言え前回行ったのが2年前(笑)。
そりゃいくら何でも間隔置きすぎ。
いや気になってはいたのだが、何かと忙しくてねー。
 
ともあれ保土ヶ谷バイパスから横浜横須賀道路を通り、早朝に到着。
しばしくつろいでから「ソレイユの丘」に行く。
ここは海が一望できる高台にある公園。
入場無料なのが嬉しい。
 
会場ではFM横浜の公開生放送の収録があるということで、ゲストにあのKONISHIKIが来ていた。
 
Img_4232 ド迫力!
 
間近で見ると・・・大きい。
いや高さではなく幅がね(笑)。
 
彼の奏でるハワイアンミュージックを聴いていると、ついハワイの美しい光景を思い出してしまう。
また行きたいものだ。
 
公園には羊などの動物からおもしろ自転車などの遊具まで、子供の遊べるアイテムがひと通り揃っている。
 
Img_4244  スワンボート これがいいぺダリングになる(笑) 
 
早速とある秘密ルートから入手した無料チケットでゴーカートに乗る。
ここでじゅんに一切のハンドル操作を任せたのだが、これが意外に上手い。
じゅんも相当楽しかったようだ。
これは素質があるか。(なんの?)
 
Img_4235 
 
ソレイユの丘を満喫した後は、家に戻って近くの公園でサリーちゃんの散歩。
 
Img_4267 こっちよー
 
こんなこと普段できないだけに楽しい。
子供たちも喜び勇んでリードを引いている。
これで我が家にも・・・?
 
---
 
本日のメニュー:ローラー40分+筋トレ+バランスボール
実はちょっと風邪気味。
でもローラーで風邪なんかぶっ飛ばせ!

| | コメント (0)

2006年10月29日 (日)

横須賀へ

親戚の家に遊びに行って来た。
天気も良くいい休日であった。
詳しくはレポートにて。

| | コメント (0)

2006年10月28日 (土)

バランスボール

埼玉の物件の内覧会で休日出勤。
 
家に帰ったら、こんなヤツがゴロゴロしていた。
 
Img_4217  
 
直径65cm、けっこうデカい。
 
早速跨ってみると・・・
 
おぉ、結構乗れるじゃないか。
泥屋さん家で特訓した成果が出たか(笑)。
 
こどもっちはボールに遊ばれているよう。
ぶつけて怪我しそうで見ていてこわい。
でもすぐに慣れるんだろうな。
 
これで遊びながらバランス感覚が身に付けば一石二鳥。
本来はシェイプアップの道具なんだろうがね。 
それを必要とする人は・・・約1名?

| | コメント (0)

2006年10月27日 (金)

踊るイカ

千葉の物件の竣工検査に行って来た。
その帰りに設計事務所の社長に誘われるままに居酒屋へ。
そこは店内にどーんとイケスがあり、お高そうな魚介類がウヨウヨと。
中でもひときわ目を惹いたのが「イカ」。
透き通ったきれいな体をくねらせて悠々と泳いでいる。
 
Ca280080 
 
すかさずこいつを刺身にしてもらったら、皿の上でまだ動いていた。
ん、こりゃ旨い!
 
ってことでつい旨い地酒まで呑んでしまったので、今日のトレはナシ。
酔っ払いがグルグルしたら余計グルグルするのか。(何を言ってるんだ。) 
  
ん~せっかく毎日続けようと思ったのにぃ・・・
せめてもと懸垂だけはやってみた。

| | コメント (0)

2006年10月26日 (木)

冬ソナ

ネットショップで石油ファンヒーターを注文した。
しかも大小二つ。
 
冬本番を前に今まで長年愛用していたヤツがタイミングよく?逝ってしまった。
なので急きょリビングと子供部屋用にと揃えたワケ。
これでこの冬を乗り切れるか。
 
・・・そういやテレビも危ない。
画面がクラクラきてる。
加えてたまにダンマリを決めこむし。
こりゃヤバイ。
地デジ直前に買い替えと思っていたのだが、その前に時が来てしまうのか!?
 
今日はローラー1時間。
座りの良さそうなサドルに交換したのでお尻が耐えられた。
ここが薄皮のツライところ。
 
体重63.4kg、体脂肪14%
なにっ!? 生涯最高の重量かもしれない。
アップする要素はどこにもないのに???
・・・いや、鳴りを潜めているバリウムのせいか(笑)。

| | コメント (0)

2006年10月25日 (水)

人の犬とデート

昨日の予告通り、さとみと二人で人間ドックに行って来た。
 
我々が毎年お世話になっている病院は、事務の人から女医さんまで美人ばっかり。
なぜこんなに?と思えるほど本当に多い。
そりゃあむさ苦しい男よりもきれいなお姉さんにいぢくり回された方が楽しいってもんだが。
ん~これは絶対に院長の好みに違いない。
 
あ、でも直腸診だけは男の先生だった・・・ゲロゲロ。
 
おまけに施設はきれいで、検査の合い間の待合室はラウンジのよう。
そして検査後のお楽しみもあるときてる。
そのせいかこの病院、やたらと人気が高い。
実際なかなか予約が取れなかった。
 
さてお楽しみはというと・・・
すぐ近くのホテルのレストランでのお食事。
 
Ca280079  
 
本日のメニュー。
パンとワンディッシュとコーヒー。
これにスープとデザート(有料)をつけてすっかり満足♪
 
これで束の間のデートも終わり。
毎年これが楽しみで検査を受けているようなもの。
 
寝る前にローラー30分回す。
 
・・・ん~バリウム出ない(笑)。

| | コメント (0)

2006年10月24日 (火)

人と犬

今日は11月下旬の気温だそうな。
確かに寒かったー。 
 
さて明日はすっかり恒例?の人間ドック。
受診をするには食事は前日の7時まで、飲み物は9時までに済ませなければならない。
燃費の悪い私には極めて酷なメニューだ。
 
なので夕食は新宿で済ませ、帰宅後9時までローラーを回す。(続けなくっちゃね)
こんな本番の前日に激しく運動して大丈夫か?
「だいぶお疲れのようですね。」と言われるかも(笑)。
 
・・・体重62.8kg 体脂肪14%
ん、少し太ったか?

| | コメント (0)

2006年10月23日 (月)

うっかり

気が付いたら11月23日に開催されるちびっ子健康マラソンの応募締切日が過ぎていた。
おかしい・・・つい最近までまだアップされてなかったのに。
慌てて主催者に問い合わせたものの、マニュアルねぇちゃんの素っ気ない対応で取り付くシマもナシ。
相手はメーカーだからねー。
 
しょーがない、その代わりになるような走る機会はないものか、と探していたら・・・
ありました、笠間市東海村で行われるマラソン大会が。
まだはっきりしないが、少なくともどちらかには出たい。
もちろん親も。>って東海村は10キロしかない・・・
ん~ちょっと考えさせていただきます(笑)。
 
---
 
今日のメニュー:ローラー30分+筋トレ
 
本当はランしようと思っていたが、雨で外に出られず。
久しぶりだとけっこうキツイですな。

| | コメント (0)

2006年10月22日 (日)

バイク&ラン

夕方にはさとみと一緒に久しぶりにホームコースの練習に行く。
 
まずはバイク。
アスファルトとダートを交えた高低差のある15キロを1時間かけてみっちりと走る。
 
戻ってきてラン5キロ。
バイクの後に間髪入れずに走るのは初めてだが、まぁいい感じ。
 
緑山レースまであと2週間。
これから徐々に体を仕上げていかないと。

| | コメント (0)

スーツ

午前中はじゅんはサッカーの試合、さとみは引率の当番で一緒に行ってしまった。
残された私は私は自転車の練習がてらロードでスーツを買いに(笑)。
 
私はこの手のものにまるっきり無頓着なので、持っているスーツも極端に少ない。(たぶん)
いい加減やれてきても気にせず、同じものをずーっと着てたりしているところに・・・
「も~買ったら~?。」
との天からの声で渋々動くハメに(笑)。
 
でもこの手の買い物ってめんどくさいんだよねー。
バイクとかアウトドア関係のものなら喜んでいそいそと出掛けるんだが(笑)。
 
で、紳士服店に潜入。
最近はスリムなのが流行っているそうな。
試着してみるとピタッとして着心地極めて悪し。
おい、細身な私をこれ以上スリムに見せてどーする(笑)。
 
スーツなんて何でもいいやと思いつつも、見れば妙なこだわりがムクムクと。
結局財布と相談の上、納得したモノを2着お買い上げー。
これでしばらくは買わなくてすむか。

| | コメント (0)

2006年10月21日 (土)

4連発

今月は毎週のように休日出勤がある。
そして今週からは4週連続で内覧会があるため、連休が取れず・・・
ただ緑山スタジオでレースのある11月4日だけはなんとしてでも避けなくては。
 
・・・む、その前に鍛えないと。 

| | コメント (0)

2006年10月19日 (木)

ゆるゆる

最近派遣でやって来た女の子が、大の自転車好きだと判明した。
どこに行くにも自転車で移動するそうな。
しかも住んでいる場所も割と近い。
むむ、これは誘うっきゃない!
 
ただ技術的には初心者レベルらしい。
まずはのんびりツーリングしましょうとお誘いしたが、彼女もけっこう忙しいようで・・・
 
どうやら実現するのは11月後半になる模様。
 
こんなゆるゆるでもいいって人の参加者募集(笑)。

| | コメント (0)

2006年10月16日 (月)

伊豆散策:土曜日編

 温泉では朝風呂は外せない。
 海風を浴びながら露天風呂でボーっと海を眺めているのは気持ちいい。
 男風呂には2人しかいなかったが、女風呂には10人以上いたらしい。
 きっと野郎共は酔いつぶれているからに違いない。
 
 宿をチェックアウトし、少し南下して伊豆バイオパークに行く。
 伊豆には数知れず来ているが、ここに入るのは初めてだ。
 なぜこんなところに来たかと言うと、実は入園招待券をもらったから(笑)。
 でなければまず来ないだろう。
 
 ちなみにその手前には東伊豆のクロカンコースがある。
 ここをスルーするのは不思議な感じ。
 
 朝イチに入園した割には他の客もそこそこ来ている。 
 けっこう人気があるもんだと、まずはアニマルゾーンへ。
 
 入って驚いた。
 広大なエリアを多くの動物たちが悠々と走り回っており、しかもその中をサファリバスまで走っている。
 ほほぉ、やるなー。
 
 Img_4200 キリンにエサ上げてます 顔大きい
 
 そしてわくわくふれあい広場では珍しい動物がいっぱい。  
 
 Img_4190 カピバラ このヌボ~とした顔がお気に入り♪
 
 Img_4192 ハリネズミ まん丸になってます
 
 Img_4196 アルマジロ これまたまん丸
 
 なんか思ったよりもしっかりと動物園している。
 と言うか、かなりレベルが高い。
 正直まったく期待していなかっただけに、予想外の楽しさに嬉しくなってしまった。
 ん~バイオパーク恐るべし。
 
 お次は城ヶ崎海岸へ行く。
 来てみてビックリ、なんと人の多いこと(笑)。
 ここは数年前までは毎年金目鯛を食べた後に必ず訪れていた場所。
 それがいつも冬なだけに閑散としたイメージしかなかった。
 しかしこの賑わいを前にしては、ここが有名な観光地だと認識するしかない。 
 まぁ確かに絶景ではある。
 
 Img_4211 一番人気の吊り橋
 
 Img_4207  見事な景色です でも風が強かった
 
 そして伊豆の最後の締めは・・・饅頭(笑)。
 伊東にあるさとみのお気に入りの石舟庵
 伊豆に来れば必ず寄る店だ。
 
 これで伊豆の旅は終了。
 たまにはこんなゆるゆるなのもいい。
 
 ・・・しかし何か物足りない。
 それはアクティビティがないこと。
 観光地巡りも良いが、やはり自分の体を適度に鍛えるようなスポーツがしたい。
 
 えっ、卓球したろって?
 ダメ、温泉のじゃ物足りない(笑)。

| | コメント (0)

2006年10月15日 (日)

伊豆散策:金曜日編

 さとみがスバル・コガミヤタカップの女子クラスで優勝した副賞で、熱川温泉のペア宿泊券をいただいた。
 前回は親にプレゼントしたのだが、今回でもう最後だろうということでありがたく使うことにした。
 しかし使えるのは平日のみ。
 幸いにして学校は秋休みの真っ最中、行くなら今しかないと予約をした。
 そして当日・・・
 
 本当は休みを取りたかったのだが、仕事の都合上どうしても無理。
 それでもなんとか午前中で切り上げ、昼過ぎには家を出発する。
 
 さすがに平日は道も空いており、午後3時過ぎには宿に到着する。
 ひと息ついてからスタンプラリーをしがてら温泉街を散歩する。
  
 Img_4160 5ヶ所でポン
 
 Img_4162 駅前にあった足湯と手湯
 
 Img_4171 これも足湯です
 
 戻ってからは海が一望できる風呂に入り、そしてお待ちかねの夕食。
 たまにはすべてお任せもいいねぇ。
   
  Img_4175 極楽♪
 
 夜には宿内のゲームセンターで遊ぶ。
 ここでのお目当ては卓球。
 特に私とさとみの対決はかなり激しい(笑)。
 二人とも丹前にスリッパという出で立ちながら本気モード。
 11点マッチで10セット(!)はやっただろうか。
 勝負はまったくの五分五分。
 白熱したが大汗をかいてしまった。
 
 なので再び風呂に行く(笑)。
 湯船に浸かりながら見る夜景もいいものだ。

| | コメント (0)

祈・合格

 世は宅建の試験日。
 数多い若い社員が受験するため、モデルルームは手薄になる。
 そのために手分けして待機、つまり休日出勤。
 来年は要請がありませんように。
 
 じゅんはサッカーの試合があり、けっこう活躍しているらしい。
 常に見に行きたいと思っているが、なかなか都合が合わないものだ。

| | コメント (0)

2006年10月13日 (金)

白馬合宿:月曜日後半編

青木湖の常設コースを満喫した我々はすぐにキャンプ場をチェックアウトし、さのさかスキー場に向かう。
移動距離が短いこともあって、運転手以外は自走することに。
 
走り出すやいなや誰が言い出すまでもなくみるみるスピードが上がり、さながら公道版タイムトライアルの様相。
さすがJライダーは違う。
「あ~下り基調で良かった。」とは約1名のつぶやき。
 
Img_4132  おいおい、速すぎるぞー
 
さのさかスキー場の駐車場に到着した我々は、まずは昼ご飯にする。
ここである人のメニューを紹介すると、
カップラーメン、カレーライス、アップルパイ2ピース・・・
おいおい、走る前にこんなに食べて大丈夫なのか?
 
Img_4140 ぐっさん特製うどんの配給「はい並んでー」
 
そしていよいよJシリーズと同じコースを走りに行く。
まずは目の前に立ちはだかる長く急な激坂を登る。
ひぃ~食後にいきなりこれはツラい~。
余りにも激しくて写真を撮ることも出来ず(笑)、ただひたすらにペダルを回すのみ。
おっと、ここで先ほどの満腹なお方が脚が回らずあっさりと脱落。
そりゃ食べすぎだ。
 
なんとか登りきってもまだ先は長い。
ダラダラと厳しい坂が続き、ようやく頂上へ。
 
Img_4147 これまた絶景
 
ようやく下りのコースに入るが、先ほどの青木湖よりも傾斜がキツい。
ただしバンクが付いているので走りやすい。
 
ご機嫌に下っていると突如現れるドロップオフ。
全員が一旦立ち止まり、恐る恐る覗き込む。 
 
ここで003号さんが度胸一発チャレンジ、なんとクリアしてしまう!(すげー。)
私も後に続くが、着地点の柔らかい土にフロントタイヤがハマってつんのめってしまう。
何故か何度やっても同じ。(悔しい~!)
UNS001&002号さんたちもトライするが、クリアするにはほど遠い。
それだけ難易度が高い。
 
Img_4150_1 こえ~
 
最後にもう一度003号さんがチャレンジするが、今度は見事?に立ち木に激突する。
幸いに怪我はなかったが、かなり危険なセクションだ。
「さっきのはマグレかな~(笑)。」とは本人談。 
 
再び下るとまたしてもドロップオフが、
さっきのよりは落差が小さいがこちらもかなり危険度は高い。
だが転んだら痛そうと思ったか、ここは誰もチャレンジしようとしない。(疲れてるしね)
素直に迂回路を通る。
 
ひと通りのコースを走り終えて一旦休憩する。
 
Img_4153 子供たちはどんじゃらしてました
 
さぁ二本目に行こうと思いきや、ぐっさんが「私ここで寝てるー。」とダダをこねている。
そんなワガママが通用しないのがクロカンライダー。
見事にだらけているぐっさんを引きずり出し、二本目を走り出す。
 
しかし坂の途中で「探さないでください。」と言う謎のメッセージを残して、ぐっさんがあっさりと脱落。
迂回路に逃げられてしまった(笑)。
もちろんこっちには人のことを構っている余裕などまるでない。
ただひたすら頂上を目指すのみ。
 
こうしてもう一度Jのフルコースを走りきり、今回のメニューは終了する。
昨日走れなかった分のパワー全開って感じで、まぁ良く走ったもんだ。  
機会があればまた来てみたい。
 
Img_4155 すっかり満足
 
・・・ん、来年Jシリーズにエントリーすればいいって?
まぁ考えときましょう。

| | コメント (0)

2006年10月12日 (木)

白馬合宿:月曜日前半編

来た~!
ようやく朝からピーカンの天気。
これこれ、これを待っていたのよ(笑)。
はやる気持ちを抑えてまずはゆっくりと朝食をとる。
 
Img_4094 ウキウキと朝食中
 
栄養補給も終え、後は走るだけ。
最初は青木湖の常設コースに向かう。
まずは受付でコース走行料の500円を払う。
山頂まで搬送してくれるサービスもあるが、クロカンライダーは当然目もくれない。
後ろでボソッと「搬送がいいなー。」と言う声が聞こえたが無視。
 
Img_4097 一本目(だけ?)は元気よく
 
「アップしないのー?」と言うさとみの叫びもむなしく、いきなりゲレンデを登り始める面々。
これがかなりキツい舗装のヒルクライム。
でも足馴らしにはちょうどいい?
 
Img_4098 けっこうきてます
 
Img_4100 絶景です
 
山頂まで登り切れば後は楽しいダウンヒル。
一本目は中級コースを下る。
これがけっこう曲がりくねっている上に木の根があちこちに露出していてかなり走りづらい。
でもなかなか楽しめる。
 
下り終えると間髪入れずに二本目にトライ。
後ろでボソッと「200円で搬送してくれるんだよねー。」と言う声が聞こえたが無視。
当然の如く自力で登るのがクロカンライダー。
しかしキツい。
 
次は上級コースを下るが、思ったほど難しくはない。
しかし突如としてラダーセクションが出現し、皆さんの脚が止まる。
全員が躊躇する中、しょーがないなと最初に私がクリアした。
む、こりゃ行かなくちゃと続けてトライする面々、この場でしばしトライアル大会となる。
 
Img_4103 けっこう急角度です
 
再びトレイルを走ると、またしてもラダーセクションが現れる。
今度は最初に細い一本橋があり、かなり手ごわそう。
またしても皆が躊躇する中、これまた私が最初に一発でクリアした。
それを見た他の面々が次々とトライするも、一本橋にてこずり誰もまともにクリア出来ない。
皆さんには悪いがなかなか見てて面白かった(笑)。
 
Img_4111 あらら、あらぬ方向に
 
二本目を下り終えて私とさとみはそこで終了するが、UNSたちは再び激坂を登って行った。(タフだねー)
キャンプ場に戻った我々はそこで子守をしていた003号さんと入れ替わる。
 
結局他のライダーたちは最大4度も往復したらしい。
よくもまぁ4回もあの激坂を登ったもんだ。 
 
                          ・・・そして後半に続く

| | コメント (0)

2006年10月11日 (水)

白馬合宿:日曜日編

昨日の未明から降り出した雨は、朝になっても止むことはなかった。
なのに太陽も顔を出している。
しかも山には大きな虹もかかっている。
 
Img_4079 完全な形の見事な虹でした
 
なんとも変な天気の中、目的地の青木湖まで移動する。
雨は止む気配すらなく、むしろますます強くなってくる。
しかし後方には青空が見える。
ん~なぜだ?
 
待ち合わせ場所の青木湖の駐車場に到着すると、ハートビューのみなさまが待っていた。
この不安定な天気では楽しめそうにないので、南下しようかという意見も出る。
しかし見上げれば青空だし、なんとなく回復しそうな雰囲気。
悩みに悩んだ末にとりあえずキャンプ場にチェックインして、雨が上がるのを待とうということになった。
 
しかし、この判断が失敗だったことを後に思い知らされることになろうとは。
 
---
 
キャンプ場に入り、サイトのセッティングをしても雨は止まない。
タープを張ってその下でしばし談笑するものの、天気雨の状況に変化はない。
 
Img_4080 くぅ~走りたいよう
 
昼ご飯を食べてから強行的に走ろうということになったものの、雨はついに本降りになる。
げげっ、こりゃもうダメだ~。
この時点でもう走ろうと言う人はいない。(約1名を除く)
あきらめて買い出しと温泉に行くことにした。
 
木崎湖に向けて南下すると・・・むむ、晴れている!
そこには誰もが待ち望んでいる青空が広がっている。
ほんの数キロ離れているだけでなんでこんなに差があるんだ?
 
それでも雨は降り続き、おまけに青木湖より風も強い。
加えてこの周辺のトレイルを熟知している訳ではない。
走ろうにも中途半端な状況だ。
むぅ、これで完全に道は断たれた。
この青空を見て悶々としていた連中も、もう走ることはきれいすっぱりと忘れ(約1名を除く)、心おきなく温泉に行くことになった(笑)。
 
ここで温泉組とプール組に分かれる。
 
我々と001号さんを除く泥屋さん一家とぐっさんはプールへ、残りの野郎共は温泉に行く。
プールは季節柄空いており、ウォータースライダーも時間限定で動かしていた。
女性たちは昼間ダラダラと過ごして立派に蓄えられたカロリーを消費すべく、25mプールで気合いを入れて何度も泳ぐ。
子どもたちも大はしゃぎで水と戯れる。
 
すっかり水を満喫した我々は、そのまま温泉に移動する。
風呂上がりに休憩室に行くと・・・寝ている(笑)。
みなさま爆睡中。
それが心地良い眠りかふて寝かは定かではないが、睡眠だけはしっかりと満喫?したようだ。
 
こうして温泉で充電した我々は再びキャンプ場に戻り、夕食の準備をする。
昼間の予想外の行動のうっぷんを晴らすべく、パワー全開で宴会に突入する。
 
Img_4084 さぁ鍋の配給よ
 
Img_4092 定番のスタッフドチキン グッジョブ
 
気が付けばすっかり雨も上がり、月と昨日より多くの星が見える。
明日こそは晴れそうだ。
・・・ホント頼むよ~(笑)。

| | コメント (0)

2006年10月10日 (火)

白馬合宿:土曜日編

世間は3連休だが、私も泥屋さんも仕事。
なので夜に現地近くの道の駅で待ち合わせることにした。
 
途中メールで連絡を取り合うと、我々の方が約1時間遅れで移動していることが判明。
そう言えばオートバイ仲間のこばちゃんも白馬のツリーハウスに行っているはずだと何気にメールすると、なんと中央道走行中だと言うではないか。
しかも我々のすぐ前。
どうやら彼も仕事だったようだ。
 
次のパーキングエリアで5分ほどのご対面をし、それぞれ目的地に向かう。
彼らは今回はキノコ狩りツアーをするらしい。
ん~そちらも捨てがたい(笑)。
 
豊科インターの料金所を出ようとすると、あれっ前方に見慣れたバスが。
何で泥屋さんが今頃ここに?
聞けばサービスエリアで人生ゲームとどんじゃらに熱中していたらしい(笑)。
思わぬところで遭遇した我々は、一緒に「道の駅池田」に移動する。
もう少し先に行くことも出来たが、無理をせず今夜はここで寝ることにする。
 
少し弱い雨が降っているものの、空には月も出ている。
誰もが明日も晴れると信じて疑わなかった。
ところが・・・

| | コメント (0)

2006年10月 9日 (月)

白馬より帰宅

白馬(激坂?)を満喫して、とりあえず無事に戻ってきました。
 
3連休ってことで渋滞対策でゆっくりと出たのですが、道中予想以上に混んでました。
 
レポートは後ほど。

| | コメント (0)

2006年10月 7日 (土)

白馬到着

昼間は仕事して夕方から出かけました。

今は泥屋さんと共に道の駅にいます。

ではおやすみなさいませ。

| | コメント (0)

2006年10月 6日 (金)

またしても遭遇

台風並みの大雨と強風に見舞われた。
昼頃に西新宿に外出したのだが、ビル風も加わってそりゃぁもうすごいのなんのって。
同僚の傘の骨をいとも簡単に曲げてしまった。
もちろんスーツもびしょ濡れ。
こんな日に外に出るもんじゃないね。
 
そして帰りの電車で仕事上付き合いのある人に偶然出会った。
まぁこんなこと一度や二度ではないのだが。
しかし昨日と違うのは・・・こちらは仕事帰り、向こうは呑み帰り。
くぅ~、いいご気分だねぇ。
 
さらに・・・こちらは急行、向こうはロマンスカー(笑)。
くぅ~、いいご身分だねぇ。

| | コメント (0)

2006年10月 5日 (木)

遭遇

帰りの電車の中でぐっさんに声を掛けられた。
時にして日付が変わった直後、しかもお互い仕事帰り。(決して呑んだ後ではない)
 
先月に引き続き、これで会ったのは2回目。
それも深夜に。
 
そのうち都心で呑み会しようなんて言っているが、こんな調子ではいつになることやら。
 
・・・さてこれから夕食だわ(笑)。

| | コメント (0)

2006年10月 3日 (火)

大蛇

光岡自動車がついに「大蛇(オロチ)」を販売する。
 
Nyukon04 
 
実はこれ、5年前にプロトタイプが発表されてからずーっと気になっていた。
いつ売るのか、それともこのまま幻になってしまうのか・・・
その期待はしっかりと夢を乗せて現実のものとなった。
 
さすがに内装は若干古さを感じさせるが、外観のインパクトは大。
こんなのが街中を走るかと思うとワクワクする。
 
気になるお値段はほんの1,050万円。
誰か買っとくれー。

| | コメント (0)

2006年10月 1日 (日)

サッカー&ピザ

午前中はじゅんのサッカーの公式試合を観戦しに行く。
練習試合は見ているが公式戦は初めて。(ワクワク)
さとみと自転車で行くものの、空模様が怪しく途中からポツリポツリと。
それでもひるまずダッシュで走り通す。
 
じゅんは小学校低学年のチームなので、メインは3年生。
スタメンからは外れたものの、後半からは抜擢される。
体の大きな上級生に交じって健闘していたゾ。
 
Img_4020 みんな真剣
 
試合はとにかくボールに群がるという感じで、作戦も何もあったものじゃない(笑)。
見ててもどかしいが、この成長過程を経て上手になっていくんだろうな。
 
Img_4027  じゅん走る
 
ここで私はパーティのため名残惜しくも家に戻る。
もちろん帰りも自転車で猛ダッシュ。
さとみの言うことには、2試合目はキーパーをやってファインセーブを連発していたそうな。
さすが!
 
昼前からは栗小屋へ行き、なっちゃんパパとパーティの準備。
 
Img_4030 窯に火を入れました
 
いつの間にか子供たちが集まる集まる、その数10名以上。
わーっと群がってピザを作っては食べ、あっという間に消えていった(笑)。
ん~子供たち恐るべし。
 
Img_4033 一心不乱にひたすらピザ作り
 
今回はラジオフライヤーもアウトドアデビュー。
悪路をものともせず荷物運びに大活躍。
子供たちにも大人気。
やっぱり男ってのはこういうのが好きなのね。
 
Img_4029 水タンクとクーラーボックスがぴったり納まりました
 
ポツポツと降っていた雨もいつしか本降りに。
だがそれしきでめげる我々ではない。
タープを出動させ、何事もなかったようにピザ作りに精を出す。
 
Img_4036 雨でも関係ないね
 
窯料理の締めはおなじみキッチンプレート。
今回はパパのご子息ゆうと君の味付けがとってもgood。
子は親の背中を見て育つを地で行っているな。
 
Img_4037 ジワジワと焼けていきます
 
最後に今回の真の目的である燻製作り。
雨ごときでこの日のために数日前からつけこんでいたバラ肉を無駄にするわけにはいかない。
窯の火を落としてからその肉とチーズを燻しはじめる。
 
その燻製が出来上がるのを待つ間、栗小屋の中に場所を移動して宴会が始まる。
気が付けば10人ほどの大人が集まり、酒を片手に大盛り上がり。
もうすぐ夕飯の時間だってぇのに、子供たちを放っといていいんかい?
 
その燻製も出来上がりはバッチリ。
味にも深みが増していい出来具合。
段々と達人になりつつあるな。
 
Img_4039 いろいろと作ってみました

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »