« 白馬合宿:土曜日編 | トップページ | 白馬合宿:月曜日前半編 »

2006年10月11日 (水)

白馬合宿:日曜日編

昨日の未明から降り出した雨は、朝になっても止むことはなかった。
なのに太陽も顔を出している。
しかも山には大きな虹もかかっている。
 
Img_4079 完全な形の見事な虹でした
 
なんとも変な天気の中、目的地の青木湖まで移動する。
雨は止む気配すらなく、むしろますます強くなってくる。
しかし後方には青空が見える。
ん~なぜだ?
 
待ち合わせ場所の青木湖の駐車場に到着すると、ハートビューのみなさまが待っていた。
この不安定な天気では楽しめそうにないので、南下しようかという意見も出る。
しかし見上げれば青空だし、なんとなく回復しそうな雰囲気。
悩みに悩んだ末にとりあえずキャンプ場にチェックインして、雨が上がるのを待とうということになった。
 
しかし、この判断が失敗だったことを後に思い知らされることになろうとは。
 
---
 
キャンプ場に入り、サイトのセッティングをしても雨は止まない。
タープを張ってその下でしばし談笑するものの、天気雨の状況に変化はない。
 
Img_4080 くぅ~走りたいよう
 
昼ご飯を食べてから強行的に走ろうということになったものの、雨はついに本降りになる。
げげっ、こりゃもうダメだ~。
この時点でもう走ろうと言う人はいない。(約1名を除く)
あきらめて買い出しと温泉に行くことにした。
 
木崎湖に向けて南下すると・・・むむ、晴れている!
そこには誰もが待ち望んでいる青空が広がっている。
ほんの数キロ離れているだけでなんでこんなに差があるんだ?
 
それでも雨は降り続き、おまけに青木湖より風も強い。
加えてこの周辺のトレイルを熟知している訳ではない。
走ろうにも中途半端な状況だ。
むぅ、これで完全に道は断たれた。
この青空を見て悶々としていた連中も、もう走ることはきれいすっぱりと忘れ(約1名を除く)、心おきなく温泉に行くことになった(笑)。
 
ここで温泉組とプール組に分かれる。
 
我々と001号さんを除く泥屋さん一家とぐっさんはプールへ、残りの野郎共は温泉に行く。
プールは季節柄空いており、ウォータースライダーも時間限定で動かしていた。
女性たちは昼間ダラダラと過ごして立派に蓄えられたカロリーを消費すべく、25mプールで気合いを入れて何度も泳ぐ。
子どもたちも大はしゃぎで水と戯れる。
 
すっかり水を満喫した我々は、そのまま温泉に移動する。
風呂上がりに休憩室に行くと・・・寝ている(笑)。
みなさま爆睡中。
それが心地良い眠りかふて寝かは定かではないが、睡眠だけはしっかりと満喫?したようだ。
 
こうして温泉で充電した我々は再びキャンプ場に戻り、夕食の準備をする。
昼間の予想外の行動のうっぷんを晴らすべく、パワー全開で宴会に突入する。
 
Img_4084 さぁ鍋の配給よ
 
Img_4092 定番のスタッフドチキン グッジョブ
 
気が付けばすっかり雨も上がり、月と昨日より多くの星が見える。
明日こそは晴れそうだ。
・・・ホント頼むよ~(笑)。

|

« 白馬合宿:土曜日編 | トップページ | 白馬合宿:月曜日前半編 »

キャンピングトレーラー」カテゴリの記事

キャンプ」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白馬合宿:土曜日編 | トップページ | 白馬合宿:月曜日前半編 »