« 幻 | トップページ | 判定 »

2006年11月29日 (水)

on the road...

今回私にとってく生涯初となるロードツーリングを企画したのだが、これがまた難しい。
マウンテンであれば単純に言えばどこぞのトレイルを走るだけでご満足いただけるのだろうが(失礼)、はたして舗装された道だけ走ることが本当に面白いのだろうか・・・
と、純粋なるオフロードライダーである私は考えてしまう。
 
「いや自転車に乗ること自体が楽しいんですよ。それだけで十分です。」
今回一緒に行く予定であったロードライダーに問えば、そういう答えが返ってくるのかもしれない。
しかし私としてはただ走るのだけでは面白くない。
ついつい付加価値を求めてしまう。
 
それが例えばシングルトラックや丸太越えや一本橋やドロップオフやヒルクライムやダウンヒルといったチャレンジステージであったり・・・
悪条件の中でいかにバイクを操れるかというところに面白みを感じてしまうだけに、これが舗装路の上では一体何に喜びを感じるのか。
美しい景色を眺める、美味しいものを食べる、温泉に入るといった観光ポイントを抑えればそれでいいのか。
あとは強いて言えばスピードを出す、ワインディングを走る、ヒルクライムをする・・・くらいか。
それともみんなで価値を共有できるマスツーリング自体に意義があるのか。 
うーん、難しい(笑)。 
 
加えてある程度ゆとりを持って走った場合、走行距離は100~150km程度となるだろう。
そこに峠が加われば距離は極端に落ちるだろうし。
そんな条件で考えるとかなり場所も限定されてくる。
 
・・・考えすぎかなぁ。
 
でもせっかく走るんだし。
 
どうせ走るのなら存分に楽しみたいしね。

|

« 幻 | トップページ | 判定 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幻 | トップページ | 判定 »