« MTBクロスカントリーレースin NODA | トップページ | 収穫 »

2006年11月22日 (水)

まだまだノダ

初めてお世話になったこのレース。
こんなに面白いものをなぜ見落としていたのだろう。(と悔やまれる)
 
例によって所感なんぞを。
 
・楽しめるコース設定
 レポートでも書いたがテクニカルなシングルトラック中心でまさに私好み。
 要所要所のセクションが見事にツボを押さえており、チャレンジ心をかきたてる。
 まさに自転車で走る楽しさを改めて教えてくれる。
 
 そしてピットからでもある程度走りが見れるのもいい。
 しかし初心者や女性(さとみを除く)にはちょっと厳しいコースではあった。
 
・完璧な周回チェック
 今回のリアルタイム周回チェックには驚いた。
 耐久の欠点は順位が分からないままただひたすらに走っていることだが、
 それが見事に解消されている。
 こんなレースならやる気になる。
 
・スムーズな進行
 この悪コンディションの中でもほとんど遅れることなくスケジュール通りであった。
 これは毎回の反省点をしっかり積み上げて次に繋げているからだと思う。
 そして何よりもコース上にいるマーシャルのなんと多いこと!
 これだけでも安心できる。
 
 もちろんいいことだけではない。
 
・駐車場と会場が離れすぎている。
 物理的な面はある意味仕方のないことではあろうが、せめてもう少し近いといいのだが。
 
・厳しい川渡り
 川に架かっている橋が滑りやすく、落下する人が絶えなかった。
 落ちた先の川もけっこう深いし危険ではあった。
 コース全体がスリッピーで転倒するのはやむを得ないにしても、水没はないでしょう。
 自転車にも人にも良くないしね。
 
・ゼッケンが紙!?
 雨のためにすぐにグシャグシャになってしまう。
 これはさすがにパウチでやって欲しかった。
 
いろいろ書き連ねたが、総合では満点に近い。
主催者の努力あってこその素晴らしいレースであった。
 
・おまけ
 参加賞でいただいたワイン。
 
Img_4528 
 
ごていねいにオリジナルラベルまで貼ってある。
地元企業の協力がありがたいですな。

|

« MTBクロスカントリーレースin NODA | トップページ | 収穫 »

MTBレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MTBクロスカントリーレースin NODA | トップページ | 収穫 »