« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

年越しキャンプ

とっても寒いけど空気が澄んで星がきれいに見えます。

年末だというのにキャンプ場はかなりの人で賑わっています。

これからカウントダウンのイベントです。

みなさまよいお年を。

| | コメント (0)

那須到着

今夜は道の駅でお泊まりです。

周りは雪の降った形跡はありますが、積もってはいません。

その代わり凍ってますが(笑)。

ではおやすみなさいませ。

| | コメント (0)

2006年12月30日 (土)

今年を振り返って

みなさま今年一年お世話になりました。
さて我が家の行動はどうだったかなと思い返してみると・・・
 
まずは子供たちのイベントが増えた。
これは二人ともサッカークラブに入会したことが大きい。
スイミングは昔からやっているからいいとして、さらにひろきが塾に通い出したこと。 (ホントに私立受けるの?)
 
当然のことながら我が家の行動の大半を占めていたMTBとキャンプ関連の出動が減った。
トレーラーを動かす回数は例年の半分程度に、MTBレースは例年の月1ペースが年7回になっている。
かと言って走る回数が減ったわけではなく、その分合同合宿とか地元トレイルとかによく行くようになった。
自分の中ではストイックに走ることから楽しんで走るという方向になってきた気がする。
 
そして今年はウン年ぶりにスキーが復活し、マラソンは相変わらず参戦してるし、山登りも定期的にやってるし、ピザ窯を使ってのパーティも頻繁に行っているしと、アウトドア生活であることには変わりはない。
そうそう、ハワイにも行ったなぁ(笑)。
 
家族にも大きな怪我も事故もなく過ごせた一年でした。(これがなによりですね。)
 
---
 
さてこれから那須に向けて出発します。
ちょっと早いですがみなさまよいお年を。

| | コメント (0)

2006年12月29日 (金)

冬休み二日目

今日も一日いい天気♪(でも寒かったー)
 
物入の中に入っている荷物をちょいと片付けようと思ったら、あれもこれも気になって結局全部の整理整頓をしてしまった。
 
次にガレージの掃除をしていたら、車がきたないのが気になって結局洗車までしてしまった。
 
なんか年末してるゾ。
 
---
 
さて正月はどうするかというと・・・
 
本当は白馬のツリーハウスで年を越そうと思っていたが、予定変更で那須のキャンプ場に行くことにした。>って全然方角が違うし(笑)。
そして実家で親族一同が集う新年会に急きょ参加することになったので、スキーもお預けかも。

| | コメント (0)

2006年12月28日 (木)

冬休み一日目

休みとなると早起きしてしまう私って・・・
 
のんびりと朝ご飯の後は食器洗いにクリスマスバージョンの片付けと掃除。
パーティ用の部屋の中のレイアウトも冬仕様に戻す。
 
さとみが仕事へ行った後は、じゅんと一緒にお昼ご飯つくり。
メニューは炒飯。
じゅんは普段から自分ひとりでご飯つくったりしているので、炒飯もお手のもの。
馴れた手つきでテキパキと。
ん~こんな小学2年生いないゾ。
 
で、スキレットでつくった炒飯の完成!
 
Img_4801  美味しくできました。
 
食後は公園でじゅんとサッカーをする。
日に日に上手になっていくがしょせんは子供。
まだまだ負けないゼ。>でも体力が(笑)。
 
家に戻って布団と洗濯物の取り込みと風呂洗い。
アンドたまりにたまったビデオの整理。
食後は食器洗いにみんなでトランプ。
 
今日は家にいながら充実してたなー。
特に家事が。>っていつもしてるけどね。

| | コメント (0)

2006年12月27日 (水)

仕事納め

昨日とは一転して春並みにポカポカと暖かかった。
 
掃除をした後、ささやかに納会があった。
お歳暮でいただいたビールに金粉入り日本酒、泡盛、焼酎、シャンパンなどがずらり。
ツマミ系は乾きものにレンジでチンものが並ぶ。
短い時間であったが立食パーティみたいで楽しかった。
雰囲気も手伝っていつもより多めに回して・・・いや飲んでしまった。
こんな楽しい酒ならいつでも歓迎だす。
 
さぁ明日から冬休み♪

| | コメント (0)

2006年12月26日 (火)

仕切りなおし

やっぱり洋モノが食べたいってことで、コージーコーナーの定番シュークリームを買ってきた。
ん~これこれ、この味だね。
 
ちなみに外は大雨。 
あの~夜中に雷鳴ってますけど。
 
さぁ冬休みまであと1日♪

| | コメント (0)

2006年12月25日 (月)

クリスマスには中華

昨日はクリスマスイブ。
なので先週仕込んでおいたTVゲームを、子どもたちの枕元に忍ばせておいた。
朝になって起きている気配はあるのだが、なんの報告もない。
どうやら早速開けて中を確認しているらしい。
こちらとしてはまず、
「サンタさんからプレゼントもらったよー!」
「あらー、よかったねー♪」
と、お約束のセリフを言いたかったのだが、そんな親の目論みも知らずして2階でゴソゴソ。
ん~寂しい(笑)。
 
この分だとサンタ役も今年で終わりかな。
いつまで信じてくれるか楽しみなのにねぇ。
 
そして夜は会社の忘年会があった。
しかし中華料理・・・
なんでクリスマスに中華なの?
それよりもなによりもなんでこの年末の押し迫った時にやるのか、まったくもって理解不能。
 
そりゃあこんな発想をするヤツはクリスマスと縁がないのは容易に想像がつく。
ウチはクリスマスなんて先日のパーティでとっくに終わっているようなもんだからまだ許せるが、今後の人生を左右するようなイベントを企てていたヤツもいるかもしれないのに。(えっ、それはイブにやれって?)
 
まぁ決まったものはしょーがないので、しっかり食べてきました(笑)。

| | コメント (0)

2006年12月24日 (日)

宮ヶ瀬クリスマス

餅つきが終わってから、子供たちが家に遊びに来る。
その子たちが帰った後の午後4時、トレーラーを牽引して宮ヶ瀬に向かう。
しかし移動するにはなんとも中途半端な時間で、道中は結構な混み具合。
さらに目的地の宮ヶ瀬ダムの手前5キロほどで車の長蛇の列。
えっ、これすべて同じところに向かっているの!?
 
すぐに帰りたくなる気持ちを抑えて(笑)、ここまで来たからにはじっと我慢。
なんとか駐車場にたどり着く。
トレーラー付きで入れるか心配だったか、誘導員に広い場所に案内してもらう。
 
ちょっと難儀したが、入ってしまえばこっちのもの。
早速イルミネーションを満喫しに会場に向かう。
と思ったが、待ちくたびれてみんなのお腹が空いている。
まずは腹ごしらえと昔良く来たレストランに入る。
 
Img_4771 名物豆腐ステーキ
 
腹もふくれると改めて会場内をウロウロとする。
が、なんという華やかさ、そして人の多さ!
とにかく人、人、人。 
 
Img_4773  歩くのも大変
 
このイベントが目的で訪れるのは実に6年ぶりだが、当時と比べてもかなりのスケールアップ。
こんなに派手になっているとは思わなかった。
 
Img_4778 光のトンネルとツリー
 
Img_4784_1 その内部
 
そしてお目当てのジャンボツリーは、以前と比べてふた回りほど広くロープが張られていた。
なんでこんなに離れて見なくてはいけないの?
まぁでも遠巻きに見る方がきれいなんだろうな。
 
Img_4790 とっても大きいです
 
せっかくだからと途中いろいろな出店をのぞく。 
 
Img_4782 美味しそうなスモークチキンが
 
光の洪水もひと回りもすればそれで満足。
すっかり満喫して駐車場に戻る。
トレーラーの中ではしばらくトランプをして、そのまま就寝。
餅つきとクリスマス・・・長い一日であった。
 
---
 
翌日曜日は朝から快晴。
車とトレーラーは凍っているが、それほど寒くはない。
 
Img_4793 カチカチになってました
 
朝ご飯を食べた後はサッカーをしたり散歩したり。
 
Img_4794 吊り橋の上で
 
帰りは1時間で家に到着する。
ん~昨日の大渋滞は何だったんだ。

| | コメント (0)

2006年12月23日 (土)

餅つき

今回の会場はおばあちゃんとその息子が二人でやっている、一見食事処には見えない普通の住宅。
しかしそこは完全予約制の知る人ぞ知る隠れ家的場所。
こだわりの味が堪能できる。
 
さて我が家となっちゃん家とそのお友達2人、合計10名が朝10時にお店に集合する。
全員が揃ったところで作業分担。
厨房で餅米を蒸している間に、大根おろしときな粉と納豆と餡子の準備をする。
 
Img_4729 こうやってやるのよ
 
きな粉は大豆を炒ったものを石臼で挽く。
すぐに香ばしい匂いが立ち上る。
おぉ、こんな体験めったにできないゾ。
 
Img_4743 ゴロゴロしてます
 
蒸し上がった餅米を臼に入れて餅つきのはじまり。
最初から飛ばし過ぎると腰を痛めるので慎重に(笑)。
大人に混じって子供たちも餅つき体験。
時々餅以外のところをつくのはご愛嬌。
 
Img_4736 けっこう重いぞー
 
つき上がった餅はすぐに小さくちぎって、お供え用と食べる用に分ける。
 
Img_4751 丸くしてねー
 
そして各自好みの具と混ぜ合わせる。
 
Img_4763 きな粉と納豆、いろいろ作りましょう
 
そしてお待ちかねの食事。
やっぱりつきたては美味しい。 
子供たちもいつくもおかわりする。

Img_4764 おいしー
 
餅と一緒にお店で作った汁物のなんと美味しいこと!
なんでこんなに味が違うのか。
おばあちゃんは「たくさん作るから美味しいんですよ。」と言うが、それだけではない。
やはりプロの味は違う。
 
結局餅は3回に分けてついた。
1回で2キロ、合計6キロ。
そのうちの4キロがみんなの胃袋に。
いやー食べました。
 
Img_4759 さとみとの絶妙?な掛け合い
 
お腹が落ち着いたところで、子供たちはベーゴマ対決。
初めての子もおばあちゃんに教わりながら段々と上達していく。
 
Img_4767 こうやってヒモを巻くんだよ
 
餅つき、臼挽き、ベーゴマ・・・ 
こんな体験はめったにできないこと。
暖かい日差しを受けながらおばあちゃんと談笑していると、まるでどこかの田舎に来ているよう。
 
今どき三世代の交流もなかなか出来ない時代。 
この貴重な空間と時間はいつまでも残ってほしい。

| | コメント (0)

2006年12月22日 (金)

餅つき&宮ヶ瀬

なっちゃんパパが、年内に餅つきをしたいと言い出した。
えっ、それはいいけど臼と杵はどうする?
 
ネットとかでいろいろと調べたところ、レンタルがあることが分かった。
しかしちと高い・・・一式2万円からする。
自分たちでやる餅つきも楽しそうだが、そこまでしてやるのはちょっとねー。
 
と思っていたら、近くの一見普通の住宅にしか見えない道楽でやっているような食事処で餅つきをやってくれることになった。
餅米だけ持ってくればセット一式は貸してくれるという。
おぉ、それはありがたい。
 
それが終わり次第、宮ヶ瀬のクリスマスツリーを見に行く予定。
ってなわけで、週末は同じ日に正月とクリスマスを体験する。
あっ、でも順番が逆だなぁ。

| | コメント (0)

2006年12月21日 (木)

Happy Birthday!

今日はさとみのウン十回目の誕生日。
会社帰りにケーキを買おうと新宿のデパ地下をウロウロ。
何がいいかなぁ、今回はマロン系にしようかなぁと色々と悩んだが、
結局さとみちゃんお気に入りのトップスのケーキになった。
ん、なんかつい最近同じことをしたなーと思ったら、半年前の結婚記念日でした(笑)。
 
Img_4723  
 
やっぱり変わらぬ定番のお味。
この時期はクリスマスとかぶるけど、誕生日は誕生日でちゃんとお祝いしないとね。

| | コメント (0)

年賀状

今年もやってまいりました年末の恒例行事、年賀状作り。
毎年早めにやろうやろうと思いつつも、どうしてもギリギリになってしまうのはなぜ?(笑)
 
12月は毎週のように何かとイベントがあってそれどころじゃないというのもある。(毎週のように出かけてるじゃないかという突っ込みはナシね)
加えて我が家の場合、イベントの数に比例して撮った写真の枚数がハンパじゃないので、一年のうちのベストショットを選定するだけで膨大な時間がかかってしまう。
 
来年はサッカーやら受験やらであまり自転車に乗れなくなりそうだからってわけではないが、今回は自然と自転車のあるシーンが多くなりそうだ。
やはり絵になるしね♪

| | コメント (0)

2006年12月20日 (水)

キャノン改め

信頼できる筋からの情報通り、キャノンデールカップは来年からマウンテンバイクカップとなることが決まった。
 
メーカーの冠がとれてしまうのは残念だが、おそらくやることは同じだろう。(いや、豪華賞品がなくなる?)
ウチからも近くてコースも適度に面白いのでなるべく参加しようと思いつつも、今年は第1戦のみの参加に留まった。
来年は再び走ってみようかな。(と新たな誓いを立ててみたりする)
 
ところで、すべての人から入場料を取るというシステムはどうなったんでしょう?
ホームページのどこにもその記載がないようだが。
不評だったのでやめたのかな?

| | コメント (0)

2006年12月19日 (火)

プレゼント

子供たちの今年のクリスマスプレゼントは何がいいかとたずねると、「DS-Lite!」
その願いをかなえてあげようと思っていたが、いざ買おうとすると・・・どこにも売っていない(笑)。
 
クリスマスが近いこともあるのだろうが、どこへ行っても抽選販売のみ。
発売されて9ヶ月も経つのに、なんでこんなに人気があるんだ?
企業の策略を感じるゾ。
 
さとみが平日に抽選に並んだものの見事に外れ。
ならばとその翌日に私とさとみとひろきの3人で並んだところ、2台も当たり!
よかったー。
これで当たらなければ、オークションで定価よりも高く買わなくては行けないところだった。
 
ってことで晴れてゲット。
 
Img_4720 こんなものがねぇ
 
えっ、もう一台分はどうしたかって?
友達が買いたいってことでその権利を上げてしまいました。
ん~惜しい、誰もいなければオークションに出品して稼ごうと思ったのに(笑)。

| | コメント (0)

2006年12月18日 (月)

小言

昔っからどうにも気になることがある。(昨日もそうだが)
それは・・・食事する時の子供の作法。
 
肘をつく、口を開けてクチャクチャ音をさせながら食べる、口に物を入れながら喋る、歩きながら食べる、皿を持たないで顔をテーブルに近づける、そのまま食べ物をかきこむ・・・
 
なぜこんなにも行儀が悪いのかというと、親もそうだから。(たぶん)
自分が同じだから気にならない、当然注意もしない。
 
私なんか小さい頃に厳しく言われただけに余計気になる。
世の親どもよ、それぐらいきちんとシツケをしなさい。(あ~言っちゃった)

| | コメント (0)

2006年12月16日 (土)

クリスマスパーティ

20年来付き合っているオートバイ仲間が集結して、我が家でクリスマスパーティを行った。
 
Img_4682 乾杯~!
 
今回はが学校のお友達も参加したため、大人15名、子供17名、合計32名となった。
子供たちの胃袋も年々大きくなり、みんなで持ち寄った料理のなくなるのが早いこと。
 
Img_4690 チキンもあっという間に
 
食べ終わると子供たちは家中をところ狭しと遊び回る。
おいおい、家が壊れる~!
 
Img_4695 大はしゃぎ
 
そしてお楽しみのプレゼント交換。
例年なら必ずひとつはブーイング品があるのだが、今回はおおむね好評だったようだ。
 
Img_4705 何が当たるかな~
 
盛り上がりはいつになっても衰えず、珍しく日付が変わっても宴会は続いていた。
結局大人3名、子供6名がお泊り。
 
これで我が家のクリスマスイベントも終わり。
しばらくは虚脱状態になってます(笑)。

| | コメント (0)

復活

昼にハートビューへ行き、プチオーバーホールが完了したスカルペル2台を受け取って来た。
 
作業内容
・シフトワイヤーの交換&取り回し変更
・シフター調整
・ブレーキフルードの交換
・ホイールハブのグリスアップ
・ホイール&ローターの振れ取り・・・etc.
 
特にさとみ号の振れ取りが大変だったよう。
一体どこをどう走ればこうなるんだ?ってな具合に曲がっていたらしい(笑)。
 
中には自分で出来るものもあるが、今回は信頼できるプロにお任せすることにした。
 
店長の仕事は相変わらずていねいで、作業したことを正確に伝えてくれる。
なんでも連日午前様になりながら間に合わせてくれたらしい。
感謝です。
 
それでいて金額はリーズナブル。
もう少し仕事量に見合う請求をしてもいいと思うが。
やっぱりここに頼んで良かった。
 
で、家の定位置に納まったゾの図。
 
Img_4679 
 
うん、やっぱり自転車のある生活はいいね。

| | コメント (0)

2006年12月15日 (金)

チーム紹介

会社帰りに本屋に寄ったら、自転車誌コーナーに全国の自転車チーム紹介の本があった。
(名前は忘れました。確か風に(風と?)なんちゃらだったような。)
今回は有名どころはあまり載ってないなぁとパラパラめくると・・・
 
その中の関東編に、「UNS八王子」と「泥屋本舗」が堂々と掲載されていた。(やったね!)
しかし、UNSにはウチの子供たちが、そして泥屋さんには私とさとみが、いかにもメンバーのように大きい顔して載っている!(笑)。
 
ん~ウチって一体何物?

| | コメント (0)

2006年12月13日 (水)

三宅島

三宅島で公道を使ったオートバイレースが開催されるらしい。
 
この三宅島には特別な思い入れがある。
今をさかのぼること12年前(子供ができる直前ね)、さとみと二人でオフロードバイクで上陸したのだ。
そしてキャンプをしながら火山灰の積もった山や林道を走り回った思い出がある。
 
その後雄山が噴火して立入禁止に。
声には出さないまでも密かにこの島の復興を願っていた。
 
外周路は1周30kmほど。
適度なワインディングとアップダウンがあり、レースとなればさぞかし見応えがあることだろう。
ぜひとも実現してもらいたい。
そしてもう一度三宅島に行ってみたい。

| | コメント (0)

2006年12月12日 (火)

巣鴨

何年ぶりかに巣鴨に行ったが・・・なんだこりゃ!?
ここってこんなに観光地化してたっけ?
数年前にくらべて一段とパワフルさが増している。
 
駅からつながるメインの地蔵通りに集結しているご老人の数ときたらハンパじゃない。
もちろんとげぬき地蔵には長蛇の列。(今日って平日だよな?)
この盛況さは浅草よりもすごいかもしれない。
 
とにかくここではお年寄りも元気いっぱい、若者たちは心なしか肩身が狭い(笑)。
これなら来るべき高齢化社会も安泰だという気分になれる。
ここみたいにお年寄りが住みやすい場所がもっと増えるといいのにね。

| | コメント (0)

2006年12月11日 (月)

The Number of the Beast / Dream Theater

Beastlg 
 
タイトルを見て「おやっ?」と思った人もいるだろう。
そう、今をときめくDream Theaterのオフィシャルブート盤である。
Iron Maidenの初期の名盤を丸ごとカバーしている。
 
はっきり言って私はヘビーメタルなるジャンルは好きではない。
しかしながらその中で唯一崇拝しているのが、このIron Maidenである。
 
最初に聴いたのは忘れもしない中学生の頃。
当時のハードロックとは一線を画す革命的なサウンドに衝撃を覚えたものだ。
あれから25年以上(!)経つが、未だに第一線に君臨しているのは驚くべきことだ。
 
何が凄いって、バンドのフロントマン「Steve Harris」による独創的な世界観が余すことなく構築されていること。
彼の壮大なアイデアが音に反映され、深みを与える。
私の好むところのプログレ的なテイストも随所に散りばめられ(これがまたツボにハマるんだな)、なんと言っても彼の弾くベースが格好いい。
時に正確なリフを刻み、時にギターとのユニゾンを奏でるベースラインが、聴く者をグイグイと引きずり込む。
 
この未だ衰えぬパワフルさは一体どこから来るのだろう。
こいつらもう50過ぎだゼ!
 
おっと、話を元に戻そう。
Dream Theaterのカバーバージョンはというと、これがまた完璧。
キーボードを挿入したアレンジも秀逸で、まるで自分たちの持ち歌のように聞こえる。 
テクニックのある彼らだけに演奏に文句はないはないが、ちょっと優等生すぎるかな。
たとえばベースをもっとブイブイ言わしてほしかった。
押しが強ければさらに◎。

| | コメント (0)

2006年12月10日 (日)

住宅イルミ

我が家の近くの某住宅街のイルミネーション。
 
Ca280089  
 
ここは昔から派手なイルミネーションで有名な場所。
ここ数年はこのピカピカ見たさに観光?客がわんさか押し寄せ、日常生活に支障が出るほど。
そのせいで自粛しているのかは定かではないが、以前に比べてだいぶ少なくなってしまった。
まぁ見る側からすれば物足りないのだが、住民にとっては深刻な問題だろうから仕方ない。
 
でもクリスマスはもうちょっと先のこと。
本番には思いっきり派手なヤツを希望。

| | コメント (0)

2006年12月 9日 (土)

冬支度

やはり今日は朝から雨・・・
パーティやりたかったなぁ。
 
さて午前中はオフロードセンターに行き、先日注文したホイールを装着してきた。
新しいホイールはノーマルタイヤに、標準ホイールはスタッドレスに。(ややこしい)
車に装着したのは当然スタッドレス。
これでいつでもスキーに行けるぞ。
 
Img_4632 ん、同じサイズのはずなのに?
 
でもせっかく新品ホイールを買ったのに、その姿がしばらく見られないのはちょっと残念。
春までしばしお預けだね。
 
午後は先週に引き続き大掃除。
さとみと二人でキッチン回りを念入りに磨いた。
おかげでピカピカ。(何年ぶり?)
きれいになると気分もいいねぇ。
 
最後は部屋をクリスマスバージョンに飾り付け。
 
Img_4636 
 
これで来週のパーティの準備もOK。
あとはプレゼントを買わなくっちゃ。

| | コメント (0)

2006年12月 8日 (金)

見るイルミ

仕事帰りに呑みに行く予定であったが、相方の都合により延期。
しばし時間つぶしをしていた新宿サザンテラスのイルミネーションに見とれる。
 
Ca280085 Ca280086
 
周りには忘年会とおぼしき集団とカップルが多いのぉ。 
 
明日も天気が悪そうなので、予定していたピザパーティはやむなく中止。
楽しみにしていた人が大勢いたのに・・・残念。
これから一層寒くなるし、こりゃ春まで休眠か。

| | コメント (0)

2006年12月 7日 (木)

ロードって・・・

今回初めてロードツーリングなるものを経験したのだが、いろいろ感じるところがあった。
これはあくまでも私の主観ですので反論はあろうかと思いますがご容赦くださいませ。 
 
・ブレーキが甘い
 通常のポジションではブレーキレバーを握る手になかなか力が入らない構造に
 なっている。
 カックンと確実に効くディスクブレーキに慣れた身には、このゆるい感触には
 なじめない。
 制動力に不安があるだけに思い切ってコーナーに進入できない。
 
・抑えのきかないポジション
 さらにフラットハンドルと違い、ドロップハンドルでは抑えがきかない。
 特にブレーキング時にそれを感じる。
 MTBのポジションだと体の自由度もあり体も難なくサスペンションとなり得るが、 
 ハンドル幅の狭い前傾姿勢ではそうもいかない。
 とにかく体で踏ん張ることが容易ではない。
 
・路面とにらめっこ
 タイヤが細いだけにパンクが怖い。
 路面の継ぎ目や段差をいちいち気にしてしまって気楽に走れない。
 
・クランクを回せない
 ロードにはMTBのような軽いギアがない。
 故に重いギアを無理に回しているような状態となり、すぐに足が疲れてしまう。
 特にヒルクライムの時にそれを実感する。
 MTBでクルクルすることに慣れているだけに、この軽いギアのなさには参った。
 
・サスペンションがない
 これが一番辛かった。
 とにかく路面の振動が直接体に伝わる。
 終盤は痛さとの格闘だった。
 
こうして書き連ねてみると、頭に浮かぶのはネガティブな面ばかり。
 
もちろんいい面もある。

・高速巡航が得意
・楽にダンシングができる
 
・・・ん、それだけかい?(笑)
 
慣れ不慣れの問題もあるのだろうが、それを差し引いてもロードバイクに魅力を見い出せない。
こんなことしか書けないのはロード好きの人に対して申し訳ないが、これが今の自分の正直な気持ちだ。
まぁ根っからのオフロードライダーの私だから、この結果は自ずと知れたことだが。
 
ってなわけで、次回はMTBスリック仕様で参戦が濃厚(笑)。

| | コメント (0)

2006年12月 6日 (水)

丹沢(初めての)ロードツーリング

ロード好きな会社の同僚を誘って、平日にツーリングに行って来た。
私を含め三人で行く予定だったが、直前になってひとりが都合が悪くなりパス。(残念)
だが二人でもぜひ行きたいということで、決行することになった。
 
そして当日・・・
 
---
 
今回の相棒T氏は多摩地区に住んでいる。
朝8時までに我が家に来る予定が通勤ラッシュに巻き込まれ、到着したのは8時半過ぎ。
挨拶もそこそこに急いで私の車に荷物を積み替え、9時前に出発する。
 
東名高速を走り秦野まで移動。
インター近くにある某公園に車を停め、早速走る準備をする。
明け方は今年一番の寒さだったというのに、この時間になるとかなり暖かい。
公園からアップがてら走り出し、ヤビツ峠起点の名古木の交差点をスタートしたのは10時半過ぎ。
 
ロードバイクでここを走るのは初めてだが、「重い・・・」。
なんと表現したらいいのか、とにかく踏めども踏めども前に進まない。
予想はしていたが、やはりエントリーモデルでは厳しかったかー。
これならスカルペルかスペシャM4にスリックタイヤを履かせた方がよっぽど走るような気がする(笑)。
しかし今さら後には引けない。
前に進むのみ。
 
かたやT氏はフルスペックのフルカーボン仕様。
重さがまるで違う代物。
私の苦労も知らずしてスイスイ登って行く。
こりゃハンディありすぎませんかい。
 
Img_4620 待ってくれー
 
それでもなんとか50分ほどでヤビツ峠に到着する。(疲れたー)
少しの休憩の後に宮ヶ瀬を目指して走り出す。
  
Img_4616 ふっとひと息
 
峠から先にはなんと塩化カルシウムが撒いてある。
そう言えば周りの空気も凍り付いているな。(後から思えばここが一番寒かった)
もう凍結しているのかよーとビビりながら走る。
 
Img_4623 丹沢はまだ紅葉がきれい
 
下り基調なのですぐに宮ヶ瀬湖に到着する。
湖畔はクリスマスイベントで華やかさが増していた。
ちょうど昼になったので、バイクツーリングの後によく寄った店でご飯にする。
 
当初は丹沢一周を考えていたが、出発が遅れたこともあってこのまま引き返すことも考えた。
しかしT氏は「せっかく来たのだからこのまま行きましょう。」と言う。
その言葉で迷いはなくなった。
だがこれが大変なことになろうとはこの時点では知る由もない。
 
宮ヶ瀬からさらに北上し、某林道の入口に到着する。
ここはその昔ダートだった頃、オフロードバイクで飽きるほど走りに来た場所だ。
噂では数年前に全線舗装されたらしいが、いかんせん林道なので荒れていることが予想される。
しかも十年以上も通ったことがない。
これがMTBならまったく躊躇しないものだが、ロードバイクでしかも初めての人を連れてのこと。
ちょっと悩んだがまぁなんとかなるだろうと進むことにした。
  
Img_4619 さぁ行くゾ
 
その林道は最初こそ舗装されているものの、やはり落石が多い。
うっかり踏まないように気を付けながら走る。
しかし中盤以降に突如として現れたダート!
えっ、なぜ?
こいつは話が違うゾ。
 
突如としてがくんとペースは落ち、パンクしないようにソロリと走るのがやっと。
「あのコーナーを越えたら舗装が待っているはずだ。」との願いもむなしく、結局峠までのほとんどがダートであった。
あぁ疲れた。
 
峠を過ぎるとお待ちかねの急勾配のワインディングとなった。(もちろん舗装。)
今までのうっぷんを晴らすかのように快調に飛ばす。
いやー重力に身を任せて駆け降りるのがなんと楽しいこと。
まるでジェットコースターのように一気に下る。
 
ガシガシ走ってあっという間に丹沢湖に到着する。
すでに日は落ちかけ、辺りは薄暗くなっていた。
念のためにと持って来たライトを点灯させ(まさか使うとは思わなかった)、R246をひた走る。
 
Img_4627 影が長ーい
 
すでに足はパンパンで腰もお尻も痛さを通り越しているが、最後の力を振り絞ってペダルを回す。
最初こそ勢いが良かったT氏も、すでにヘロヘロでかなり差が開いている。
ここにきて経験の差が出たか。
 
こうして午後6時、ようやく起点の公園に到着する。
走行距離113km、走行時間8時間。(内実走行6時間ちょうど。)
 
いや~長かった~。
まさかこんなに走るとは思わなかった(笑)。
次回(あるのか?)はもう少し抑えよう。
 
最後のT氏の言葉。
「これからはローラーを30分から45分に延長します。」
 
おぉ、懲りていない(笑)。
それどころか気合いが入っている!
こりゃ再び一緒に走るのが楽しみだ。

| | コメント (0)

2006年12月 5日 (火)

丹沢ぐるっとツーリング

昨日の予告通り、会社の人と丹沢方面にロードツーリングに行って来た。
 
総走行距離113キロ、走行時間8時間(実走行6時間)。
二つの峠のヒルクライムに林道(ダート!)に超高速下りに紅葉に夜間走行に、とにかく盛りだくさんであった。
 
長時間乗っていたせいか足は張り、特に腰とお尻が痛かったー。
まぁよく走ったものだ。
 
レポートは後日に。
 
ちなみに今日は私の誕生日。
さとみちゃんひろきくんじゅんくんからそれぞれお祝いメッセージをいただきました。
ありがとう!(うれし♪)
 
ん、こんな日にツーリングしてるなって?
ホントはさとみも一緒に行きたかったんだけど仕事だったもんで。
次回はぜひ。(ってあるのか?)

| | コメント (0)

2006年12月 4日 (月)

仕切り直し

先週天気が思わしくなく流れてしまったロードツーリングだが、いよいよ明日決行することに。
散々悩んだ末に、行き先は丹沢方面となった。(あくまでも予定)
 
ロードオンリーなんて未知の世界だ。
たまにはこういうのもありかな。
楽しみ楽しみ♪
 
予報では明日の天気は申し分ない。
しかしその分寒そうー。
防寒対策を万全にしなくっちゃ。

| | コメント (0)

2006年12月 3日 (日)

大掃除

朝から家中の掃除に片付けにイルミネーションの飾り付け、寒いのにそりゃもう大変。
バイクのパーツやらも山のようにある。
例えばタイヤだけでも数えると24本!
こんなにあっても使わないよなーと、不要なヤツは処分。
その途中でなぜかスペシャM4の2台分のハンドルカットもする。
 
ある程度落ち着いたところで、ひろきのサッカーの試合の観戦に行く。
クラブに入って初となる試合だ。
上級生ともなるとテクニックも試合運びもうまく、なかなか見応えがある。
ひろきも自転車よりこっちの方が楽しそうにしてるな。
ん~親としては複雑(笑)。
 
Img_4597 大人顔負け
  
いつも思うのだが、サッカーってなぜ親たちは夫婦別々に応援しているんだ?
オヤジと奥様方がそれぞれ固まっている。
一緒に見ているのは我々だけ。
そういう世界なの?
自転車だとそんなことないのに。
 
家に戻るとすでに暗くなっていた。
ので早速イルミに点灯。
今年も例年と同じでバージョンアップは特になし。
というか、何も見に行っていないし(笑)。
まぁそれで十分だが。
 
Img_4614 2階のバルコニーとトレーラーに
 
今年ももう少しですな。

| | コメント (0)

2006年12月 2日 (土)

栗小屋プチパーティ

なっちゃんパパから数日前に「土曜日の夜にパーティしましょう。」とのお誘いがあった。
本当は自分のバースディ祝いの前倒しで食事に行く予定だったが、そんなものはパス。
こっちの方が断然面白そうだ。 
 
そして当日・・・
 
---
 
午後4時から火の段取りをし、すっかり暗くなった5時頃からパーティの始まり。
まずはシシカバブと肉の串焼き。
 
Img_4563 子供たちも手際よくネリネリしてます
 
Img_4566 じっくりと炭火焼き
 
この串焼きとあらかじめ用意したシチューと焼きたてパンを一緒に食べる。 
 
Img_4571 シシカバブは子供たちにも大人気
 
もみの木に飾ったイルミネーションを見ながらワインを飲めば、気分はすっかりクリスマス。
 
Img_4579 大人はすっかりまったり気分
 
Img_4570 ピカピカ
 
空にはほぼ丸い月がはっきりと見え、とてもいい気分。
しばらく外でまったりしていたのだが思ったより全然寒くない。
子供たちも元気に焚き火をしている。 
 
Img_4575 子供は火遊びがお好き
 
落ち着いたところで小屋の中に移動。
 
Img_4585 カードゲームに夢中
 
チーズケーキとゼリーのデザートを食べてすっかりお腹も満足したところで、子供たちにクリスマスプレゼント。
 
Img_4590 長靴に入ったお菓子の詰め合わせ
 
Img_4591 メリークリスマス!
 
そしてパパのリクエストにより、なっちゃんママとこども音楽隊によるクリスマスソングが奏でられる。
子供のリズムがめちゃくちゃなのはご愛嬌。
 
Img_4594 やっぱり生ピアノはいい!
 
最後はみんなでウノとトランプ。
気が付いたらすでに午後10時。
やばっ、子供たちの寝る時間をとっくに過ぎている。
 
ってことでお開き。 
短い時間であったがとても楽しめた。
 
帰る間際に子供たちが「ここに泊りたい!」と言っていたが、今日は何の準備もしてなかったのでパス。
次回こそは念願のお泊り会かな。

| | コメント (0)

産まれたよ

UNS001号さん家に産まれた赤ちゃんを見に行った。
赤ちゃんは新生児室にいて窓越しにしか見ることはできなかったが、とっても元気。
奥さんのしのぶんぶんも元気で何より。
 
Img_4556 ちっちゃーい
 
今日退院してしばらくは実家で過ごすそう。
これでUNS001号さんも育児に専念か?

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »