« 丹沢(初めての)ロードツーリング | トップページ | 見るイルミ »

2006年12月 7日 (木)

ロードって・・・

今回初めてロードツーリングなるものを経験したのだが、いろいろ感じるところがあった。
これはあくまでも私の主観ですので反論はあろうかと思いますがご容赦くださいませ。 
 
・ブレーキが甘い
 通常のポジションではブレーキレバーを握る手になかなか力が入らない構造に
 なっている。
 カックンと確実に効くディスクブレーキに慣れた身には、このゆるい感触には
 なじめない。
 制動力に不安があるだけに思い切ってコーナーに進入できない。
 
・抑えのきかないポジション
 さらにフラットハンドルと違い、ドロップハンドルでは抑えがきかない。
 特にブレーキング時にそれを感じる。
 MTBのポジションだと体の自由度もあり体も難なくサスペンションとなり得るが、 
 ハンドル幅の狭い前傾姿勢ではそうもいかない。
 とにかく体で踏ん張ることが容易ではない。
 
・路面とにらめっこ
 タイヤが細いだけにパンクが怖い。
 路面の継ぎ目や段差をいちいち気にしてしまって気楽に走れない。
 
・クランクを回せない
 ロードにはMTBのような軽いギアがない。
 故に重いギアを無理に回しているような状態となり、すぐに足が疲れてしまう。
 特にヒルクライムの時にそれを実感する。
 MTBでクルクルすることに慣れているだけに、この軽いギアのなさには参った。
 
・サスペンションがない
 これが一番辛かった。
 とにかく路面の振動が直接体に伝わる。
 終盤は痛さとの格闘だった。
 
こうして書き連ねてみると、頭に浮かぶのはネガティブな面ばかり。
 
もちろんいい面もある。

・高速巡航が得意
・楽にダンシングができる
 
・・・ん、それだけかい?(笑)
 
慣れ不慣れの問題もあるのだろうが、それを差し引いてもロードバイクに魅力を見い出せない。
こんなことしか書けないのはロード好きの人に対して申し訳ないが、これが今の自分の正直な気持ちだ。
まぁ根っからのオフロードライダーの私だから、この結果は自ずと知れたことだが。
 
ってなわけで、次回はMTBスリック仕様で参戦が濃厚(笑)。

|

« 丹沢(初めての)ロードツーリング | トップページ | 見るイルミ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丹沢(初めての)ロードツーリング | トップページ | 見るイルミ »