« 那須で年越しキャンプ その3 | トップページ | 始動 »

2007年1月 6日 (土)

富士山でスキー

去年泥屋001号さんとスキー行きたいねと話していたものの、結局スケジュールが合わず行けずじまいであった。
今年こそはと気合いを入れて事前に計画を練る。
しかしお互いに何かと忙しい身。
なんとか3日に行けるように調整し、場所は中間を取ってふじてんにした。
しかし今年は暖冬でどこも雪不足だという。
はたしてまともに滑れるのか。
 
そして当日。
 
---
 
朝8時に現地で待ち合わせる。
予想した通り道中そして駐車場にもまったく雪がない。
 
Img_4873 リフト下も・・・グリーンシーズン?
 
滑る準備をしている泥屋さんたちを見ると、なんと全員がストックなし!
さすが山梨県人はやることが違う(笑)。
 
Img_4871 さぁ滑るぞー
 
早朝はさすがにゲレンデも空いている。
だが人工雪であるため質はあまり良くない。
最初は子どもたちのペースに合わせゆっくりと滑る。
 
Img_4867 
 
何本か滑っていると次第にリフト前に行列が出きてくる。
リフト待ちなんてしたことのない泥屋さんたちには信じられない光景のようだ(笑)。
 
混雑を避けて空いている上級者コースに行くが、これがなかなか手ごわい。
しかし子どもたちは怖いもの知らずでするすると滑降して行く。
やはり子どもの上達は早い。
ん~恐るべし。
 
Img_4854 
 
この客の入りではレストランも混むだろうと早めにお昼休憩をとる。 
 
Img_4872 ごきげん
 
最初こそ空には晴れ間が見えていたが、次第に雪雲に覆われてきた。
そしてポツリポツリと雪というかみぞれが降り出す。
 
午後になるとメインリフトは激混み。
それを避けてゲレンデ上のコブありの上級者コースだけを何度も滑る。
ほとんど体育会系のノリだ(笑)。
 
パラパラと降っていた雪(ミゾレ?)もついに本降りになり、極端に視界が悪くなってきた。
おまけに寒い。
このコンディションではこれ以上は楽しめそうにない。
もう十分に滑ったことだし、これで切り上げる。
 
しかしこれであっさりと解散するのもちと寂しい。
ってことで、ファミレスでお茶をする。
 
子どもたちは好きなものを食べて飲んで大はしゃぎ。
楽しいひと時を過ごした。
 
今回は軽く滑ろうってことで近場にしたが、次回は多少遠くても絶対に空いているそして雪質のいいところに行こうと誓ったのであった。

|

« 那須で年越しキャンプ その3 | トップページ | 始動 »

スキー」カテゴリの記事