« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍

本当なら土曜日から乗鞍入りしたいところだったが、子供たちにはそれぞれの予定があるので断念。
早く寝て二人と一匹を置いて午前1時半に出発する。
 
午前5時に現地に到着。
心配された天気も良さげで少なくとも中止にはならなそうだ。
 
P8311131 乗鞍岳もハッキリ見えます
 
会場には大勢のお知り合いと再会。
やっぱりレースはいいね。
 
P8311132 こたママと並んで

 
軽くアップを済ませ、いよいよスタート。
チャンピオンクラスに続いてさとみの出る女子MTBクラスが走り出す。
 
P8311137 今回は後ろからのんびりと
 
私の出る男子MTBクラスはそこから45分後・・・
最後の軽量化(笑)をしてからゆっくりスタートする。
 
P8311136 さすがにすごい数のライダーだ
 
天気は曇り。
前回練習に来た時の灼熱の太陽にさらされない分走りやすい。
さらに周りのライダーたちにも引っ張られて、いいペースで登って行く。
 
あっという間に中間地点を越える。
疲労も思ったより少なくいい感じだ。
  
あと5kmを残した辺りで、最初に走り終えたライダーたちが下山し始めて来た。
おい、もう終わりかい。
なんかあっさりしたもんだね。 
 
 
最後の5kmはさすがにキツイが、下界もよく見えるしいい気分でラストスパート。
ようやく頂上に到達する。
結果はともかく、自分的には納得のいくレースであった。
  
P8311150 完走しました
 
頂上では先にゴールしたさとみが待っていた。
思ったより寒くない。
それどころかけっこう暖かい。
 
P8311140 頂上もいい天気
 
余韻を味わう間もなく下山を始める。
下るとより一層坂がキツかったのが分かるなー。
 
P8311149 みなさんガンガン下って行きます 
  
あっという間に下山し、すぐに近くの無料温泉へと行く。
さっぱりした後に会場に戻り、みっつんと3年ぶり(!)の感激のご対面。
 
P8311155 いくちゃんとみっつんと
 
トップライダーになってもいつまでも気にしてくれるのが嬉しいね。
  
今回は色々と収穫のあったレースであった。
また少しずついろんなところに出場したいね。

 

| | コメント (0)

2008年8月26日 (火)

夏休み車検

ふと気が付くと、トレーラーの車検が今月いっぱいではないか!
こりゃ平日休める今のうちにと慌てて準備をするが・・・何故か車検証がない?
あんなものなくなる訳ないのに・・・おかしい。
結局見つからないので、仕方なく再発行がてら車検を受けに陸運局までトレーラーを牽いて行った。
 
平日の昼間なので結構交通量が多い。
1時間以上掛けて行った割には再発行の手続きなんて正味10分足らず。
検査自体も相変わらずあっさりしたもの。
 
行政によっては厳しく検査するという話をトレーラー仲間から聞いていただけに覚悟して行ったのだが、例年と何ら変わらずちゃっちゃっと事が進みなんだか拍子抜け(笑)。
まぁその方がいいに決まっているのだが。
 
ホッとひと息したのも束の間、秋にはエクスプローラーの車検が待っている。
もう5年も経つし、少しはまともに整備しないとね。
 

| | コメント (0)

8月23日:&ピザパーティ

栗小屋で早速窯の火入れとダッチオープンの丸鶏のセッティングをする。
 
P8160994 煙もくもく
 
準備が整った頃合いに参加者が続々と集まる。
その数28名ほど!
始まる前からかなりの賑わいだ。 
 
P8161038 まったり
 
ん、その中に見覚えのある顔が・・・
なんと現役プロライダーのK・Y選手ではないか!
mitchiさんが誘ったらしいが、よりによってなんでこんなローカルな場所に(笑)。
それはともかく、乾杯と共にパーティのはじまり♪
 
今回はピザパーティ史上初めてビールサーバーを導入してみたが、これがとてもクリーミーで大好評。
蒸し暑い中売れに売れる。
 
P8160998 セルフサービス♪
 
次のお楽しみはダッチオーブン特製丸鶏。 
今回も上出来。 
 
P8161001 いい焼き具合 
  
おっと、肝心のピザもひたすら焼きまくる。
しかし火がなかなか安定せず生地も少し軟らかかったため、自分的には満足のいく焼け具合ではなかった。
 
P8161011 ピザ製作中
 
それでも参加者が若い(気だけ?)ためか食べる食べる。
その数なんと20枚!
こんなに焼いたのは初めてだ。
  
P8161028 ハル君も焼きます
 
P8161025 パリパリ
 
終盤になってこの場で薫製した豚ロース肉を出したが、これまた好評。
あっという間に売り切れた。
 
P8161040 これまたいい具合
 
こうしてひたすら食べまくり飲みまくりで話も尽きず、気が付いたら6時!
やっぱり気の合う仲間との集いは楽しいものだ。
 
P8161027 とにかくまったり
 
みなさまお疲れさまでした。
またやりましょう♪ 
 

| | コメント (0)

2008年8月25日 (月)

8月23日:トレイル走行会

予報とは違って朝からいい天気。
今回の主旨は「かわき夫妻壮行会」
これに賛同?して我が家前に集まった11名はそのほとんどが自走(!)。
強い日差しの中、8時に出発する。
 
P8160985 さぁ走りましょう
 
舗装路の登り坂では有志(生きのいい若者)によるTT区間となり、最初のトレイルに突入する。
 
P8160986 ひたすら登り
 
再び厳しい登りをこなした後は、尾根伝いにゴキゲンなトレイルが連続する。
それは砂利道だったり竹やぶだったり激坂だったりと走る者を飽きさせない。
 
P8160990  
 
余りにも暑いのでちょこちょこと自販機休憩を取った割にはスムーズにルートをこなし、予定より30分ほど早く帰って来れた。
このメンバーなら次回はもう少し長い距離でも大丈夫かも(笑)。
 
戻ってシャワーを浴び、すぐにピザパーティの支度に向かう。
 

| | コメント (0)

2008年8月22日 (金)

渋谷にて

会社を少し早く上がって、渋谷の東横のれん街でちょっと買い物をしていたら・・・
 
何やら宮益坂側の出口が騒がしい。
気になって行ってみると、警官やらヤジウマやらで人だかりができている。
そしてある一角にいかにも事件ですよといったテープが張られ立ち入り禁止となっている。
テレビカメラやカメラマンも多数掛け付けている。
 
P8221046 なんだなんだ?
 
こりゃあきらかに何かあったな。
しかし関係者らしき人も誰もいない。
無人の現場を見つめて多数の人が群がっているだけ。
 
ちょっと遠巻きに見ていたら・・・
 
「すいません、○○テレビの者ですが、何かあったんですか?」
 
「いや、私も今来たばっかりなもんで。」
 
そんなの報道関係者が聞くことじゃないだろーが。
 
でもそこに立っていると同じことを何回も聞かれる。
こっちが無視しててもしつこく聞いてくる。
ようやくいなくなったと思ったら隣の人にも同じことを聞いている。
さすが報道関係はあきらめが悪い(笑)。
 
真相は謎のままその場を立ち去ったが・・・
 
---
 
家に帰ってニュースを見て驚いた。
私があの場所にいた1時間ほど前に通り魔事件があったそうな。
 
いやービックリ。
ひょっとしたら私も巻き込まれてたかもしれない。
 
どうしてそんな簡単に人を傷つけられるのだろう。 
驚きよりも怒りが沸いて来る。
 
ホント怖いねー。
 

| | コメント (0)

2008年8月19日 (火)

8月8-10日:乗鞍キャンプ

今日は特に予定もなく、朝からのんびり。 
 
P8090804 池がすっごくきれい
 
まずは場内をラムちゃんと散歩。
 
P8090800 早起きした朝は気持ちいい
 
散歩から戻ると子供たちも起きていたので、一緒に朝ご飯を食べる。 
 
P8090806 朝から焚き火に夢中
 
食べ終わるとすぐに子供たちは池で釣りをしはじめる。
 
P8090817 釣れるかなー?
 
その合間に我々は自転車で場内を散策する。
 
P8090823 気分はサイクリング♪
  
ここのチェックアウトは午後2時ってことで本当にのんびり出来る。
 
P8090822 山の上に天文台を発見
 
しかし昼近くになって、このまますぐ帰るのはもったいない、居心地もいいしもう一泊しようかという話になる。
一応予約を確認すると運良く空いている。
明日は午前中にじゅんのサッカーはあるが、朝早く帰れば大丈夫。
 
よし、決まり! 
すぐに延泊の手続きをした。
  
とは言っても特に何するわけでもなく、ラムちゃんと遊んだりしてひたすらのんびり。
 
夕方近くになって温泉に行きがてら川遊びをしようということになった。 
管理人さんお薦めの場所に行ってみると、なるほど水遊びをするには絶好のポイント。
 
P8090843 みんな大はしゃぎ
 
しかし水が冷たすぎ!
 
P8090856 チャレンジ!
 
まぁ子供たちとラムちゃんには楽しかったようで。
 
P8090829 泳ぐの大好き♪
 
予期せぬ連泊のため、今夜の夕食はあり合わせのもので簡単に済ませる。
 
P8090868 焼きもの
 
夜になって天体観測をするというので、会場まで行ってみる。
  
そこはサイトからゆっくり歩いて15分ほどの山の上。
常設の大きな望遠鏡の他に小さいのが三つセッティングされており、ビックリするほど多くのキャンパーで賑わっていた。
 
今日は夕立ちがあったが、その後は雲が切れて天体観測には絶好の夜空。
月のクレーターを見たりなんちゃら星雲を見たり星座のレクチャーを受けたりと、なんとも充実した時間であった。
 
サイトに戻って明日の朝すぐに動けるように道具を撤収しておく。
 
---
 
翌朝は3時半に起きてすぐにキャンプ場を後にする。
 
下り線の渋滞を横目で見ながらすんなりと無事に帰宅する。
 
---
 
今回連れて行ったじゅんの友達はキャンプ初めてだそうだが、「すっごく楽しかった!」らしい。
そうだよな、普通。
ウチの子供らもたまにはそんなことを言ってくれよな(笑)。
                

| | コメント (0)

2008年8月18日 (月)

8月7-8日:乗鞍ヒルクライム練習

沖縄から帰ってきたばかりだというのに、中一日置いて今度は乗鞍に向かった。
今回ひろきは陸上部の合宿で不在。
ひとりでは寂しいとじゅんが友達を誘っていた。
こうして7日の夜に出発、諏訪湖SAまで走りここで寝る。
 
---
 
翌日は途中買い出しをしてから一気に乗鞍の湯けむり館まで行く。
駐車場に車を置き、ここからさとみと一緒に自転車で畳平を目指して登り始める。
 
P8080770 暑すぎ!
 
最初こそ快調だったが、あまりの天気の良さと気温の高さに徐々にへばってくる。
やっぱりヒルクライムは苦手じゃー!と思いながらもなんとか踏ん張っていたが、途中でさとみに抜かれ、ついに中間地点ほどの湧き水の誘惑にも負けてしまう。
その水のなんと冷たく美味しいこと!
思わず頭からかぶってしまった。
 
P8080773 走り出しました
 
これで一気に調子を取り戻した・・・訳ではないが、なんとかペダルを回し登り続ける。
畳平まであと2kmほどのところで何故かさとみに追い付いた・・・?
 
P8080774 給水 冷たいー!
 
聞けばボトルが空になって力が出なかったそうな。
自分のボトルをさとみに渡して再び走り出し、並んでゴール。
 
P8080775 畳平直前 いい眺め
 
距離21km、標高差1200m。
いやー長かったー!
2時間は超えたが、まぁでも思ったより掛からなかった。
 
P8080777 乗鞍岳をバックに
 
畳平にはたくさんの観光バスが停まっていた。
ここまで来ればお手軽登山コースだからね。
少々寒いので持参したカッパを着て下山し、約40分ほどであっという間にスタート地点に到着する。
  
すぐに移動しようかとも思ったが、キャンプ場に入ってからまた温泉に行くのも面倒くさい。
なので目の前の湯けむり館に立ち寄る。
 
汗を流してからしばし移動、野麦峠に向かう途中にある高ソメキャンプ場に入る。
サイトは特に指定はしてないがキャンカーエリアだったのでゆったり広々。
ふぅ、ようやくのんびり出来る(笑)。
 
P8080778 ひとり占め
 
ふと見ると管理棟前には何やら面白いものがゴロゴロしている。
射的にかき氷に釣りセット・・・
子供たちは目ざとく射的に夢中になる。
 
P8090818 真剣 
  
そして昼間はなかなか相手してやれないラムちゃんも、散歩やボール遊びで思いっきり運動させた。
 
P8080783 サッカーボール大好き♪
 
夜はダッチオープンの肉料理に最近お得意のシシカバブ。
もちろん子供たちには大好評。
 
P8080795 じっくり焼いてます
 
食後は星を見たりしてひたすらまったり。
やっぱり高原は涼しくていいね。
 
P8080796 がぶりつき 
 

| | コメント (0)

2008年8月17日 (日)

すずしい休日

昨日のピザパーティの後に、子供たちがUNS001号さん家に泊まりたいなんてのたもうた。
そのままあっさり行ってしまったので、残された我々は・・・急きょ再び「銀鮨」でお食事♪
 
で、今日の昼間はさとみと「クライマーズ・ハイ」を観た。(あ、もちろん招待ね)
墜落事故当時の新聞記者たちの熱い想いが十分に伝わってきて、上映2時間半近くという長さが感じられなかった。
携帯電話のない時代の連絡って大変だったんだなぁと今さらながら思ってしまう。
 
夕方子供たちをお迎えがてらUNS001号さん新居におじゃまする。
子供らの面倒見てくれてついでに夕食までご馳走になってすっかりお世話になってしまった。
 
でもやっぱり新築はいいね。
目玉はやっぱり「男のガレージ」。
大人の遊び場がそこにはあった。
いいなー、ウチも欲しくなってしまう(笑)。
 

| | コメント (0)

2008年8月16日 (土)

トレピザ速報

雨が降るという予報はどこへやら、うだるような暑さの中午前中は10名ほどで地元のトレイルへ。
 
2時間半ほどの軽い(?)ツーリングを終え、ピザパーティへ突入。
 
集まったのは総勢27名!?
ダッチオーブンのチキンにはじまり、ピザをひたすら焼き、燻製の肉にスイカにブドウに盛りだくさん。
 
今回はじめて調達したビアサーバーも大好評。
ワインに焼酎にひたすら飲みまくり、話も尽きず気が付いたら午後6時。
 
みなさん大満足でお帰りになりました。
またやりましょう♪
 

| | コメント (0)

2008年8月15日 (金)

コンサート

さとみと二人で横浜アリーナで行われた小田和正のコンサートに行って来た。
 
元々さとみが大ファンなのでいつかは行きたいと思っていたところに、タイミング良く全国ツアーが始まった。
小田さんも還暦(!)だし、この先もツアーをやる保証はない。
こりゃ行ける時に行かなくっちゃっと正規ルートでチケットを取ろうかと思ったが・・・すべて玉砕。
やむなくオークションでゲットした次第。
 
最近のオークションは転売して儲けようというあからさまにダフ屋まがいのヤツらが横行しているが、たとえどんなに席が良くてもそんなのには目もくれず(何よりも高いし)、定価即決の良心的な人から購入した。 
 
で、肝心のコンサートだが・・・ 
 
席は思ったよりもステージに近くかつ見やすく、さらにそこから派生したいくつものサブステージでもたくさん歌ってくれたので、ナマのお姿をはっきりと拝見することが出来た。 
何よりもあの透き通るような声をライブで聞けただけでも満足♪  
やっぱり生演奏はいいね。
 
それにしてもなぜ彼はあの歳になってもトーンも下げずにあんなに高い声を出せるんだろう。
そして、弾き語りをする時に会場中に響き渡る澄んだ声のなんと説得力のあること。 
本当に感動する。
 
あの歳で会場をところ狭しと走り回っている小田さんを見てると、自分もまだまだ頑張れる気になってくる。 
 
小田さんもツアーもこれで最後かもしれないと話していたように、曲はまるで自分史を語るように新旧からまんべんなくセレクトしていた。 
 
地元横浜の最終日とあってか何度もアンコールに応えてくれて、結局なんと3時間! 
 
いやー、楽しかった♪ 
 
コンサート後はお約束の飲み♪ 
 
Ca280196 
 
時間が遅かったせいで少ししか飲めなかったが、それでも満足♪ 
 
また行きたいね。 
 

| | コメント (0)

2008年8月14日 (木)

8月5日:由布島~帰宅

今日でいよいよ沖縄ともお別れ。
さてどうしたものかと考えた末に、由布島に行きたいということになった。
  
しかし適当な足がない。
色々と交通手段を検討した末に、一番効率のいいと思われるレンタカーを借りることとなった。
 
早速手配をするとすぐに車がやって来た。(さすが)
支度をして出発する。 
 
海岸線を快調に飛ばしてあっという間に由布島の前まで到着する。
 
P8050706 なんとものどかな場所
 
島に渡る手段は30分毎に出る牛車か自分の足のみ。
まさに出発しようという牛車に飛び乗る。
 
P8050707 待って~
 
水牛を操るおじさんのまったりとした話を聞きながら、満ちている水を掻き分け少しずつ車は進んで行く。
 
P8050708 のんびりー
 
まるで時代が逆行したような錯覚を覚える。
 
P8050709 島はもうすぐ
 
由布島に上陸すると、そこには植物園があった。
 
P8050733 まさに南国
 
その中を通り過ぎると再びきれいな海が。
 
P8050726 
 
ひと回りするのもあっという間のとっても小さな由布島。
ここでお昼を食べて再び西表島へと戻る。 
 
P8050736 帰りは先頭をゲット♪
 
団体が多いので牛車が大量に出た。
 
P8050741 帰りはかなり水が引いてます
 
束の間の別世界を楽しんだ後は、船の出る時間までしばし観光。 
 
P8050749 海を眺め
 
P8050752 川で遊び
 
そして再び船に乗り、石垣島へと向かう。
 
P8050753 西表島ともいよいよお別れ 
 
石垣島では少しばかりの時間を使ってお買い物。
 
P8050755 商店街で
 
そして夕方になって那覇空港行きの飛行機に乗り込む。
 
P8050758 歩いて飛行機へ
 
那覇空港にも無事到着し、さぁようやくこれで帰れると思ったら・・・
  
P8050765 すっかり夕刻
 
なんと羽田周辺の悪天候により遅れが!
 
P8050761 遅延だとさ・・・
 
待つこと約40分、ようやく飛行機は飛び立った。
 
こうしてなんとかその日のうちに無事家に戻ることができた。
なんだかんだ言ってとても充実した旅であった。
  
おわり♪
 

| | コメント (0)

2008年8月13日 (水)

8月4日その2:シュノーケリングツアー

束の間の世界を堪能してバラス島を離れる。
 
P8040676 さらば美しい島よ
 
そしてこの先にある小さな島「鳩間島」に渡りお昼を食べる。
やっぱり地面の上が安心するね(笑)。 
 
P8040636 やっぱり南国
 
ここでしばしくつろぎタイムってことだが、やっぱりやることは・・・「泳ぐ」(笑)。
 
P8040641 とってもきれい
 
海に入ってビックリ!
ここもまた透明度がさらに高い。 
 
P8040645 どこまでも透き通っている海
 
白い砂浜のせいもあるかも知れないが、それでも今まで見た海の中でも群を抜く。
ん~沖縄恐るべし。
 
ここで約1時間ほど遊んだ後は、海の真ん中のまた違うポイントへと移動する。 
 
P8040670 気分は最高
 
再び潜ってみると・・・ 
 
P8040658 またしても神秘的な世界
  
ここもまた微妙に雰囲気が違うから面白い。
 
P8040664 珊瑚にもいろんな種類があります
 
3度目の海を満喫した後は、再びバラス島に向かう。 
 
P8040701 島が大きく見えてます
 
朝と違って潮がかなり引いており、また違った顔を見せてくれる。
 
P8040686 イソギンチャクとカクレクマノミ かわいい♪
 
こうしてまる一日シュノーケルを堪能して、夕方に港に戻る。 
船はあまり強い方ではないが、不思議と酔わなかった。
だがあまり気分はいいとは言えないので、今日はまっすぐ宿に戻った。
 
明日は最終日。
特に予定を決めていないが果たしてどうなることやら。
 

| | コメント (0)

8月4日その1:シュノーケリングツアー

今日も朝9時にお迎え車がやって来た。
マイシュノーケルを積み込み、港まで行く。 
 
今回はシュノーケル一日満喫ツアー、小型船に乗ってあちこちのビューポイントを移動するというもの。
まずは珊瑚で出来ている島バラス島へ。
 
P8040535 他のツアー客も大勢います
  
青い空と海に囲まれた白い島のなんときれいなこと!
注意事項を聞いてすかさず潜る。 
 
P8040537 ホントに眩しい
 
おぉっ!
昨日の海もきれいだと思ったが、その数段上を行く透明度。
 
P8040540 まさに透明な海 
 
それに魚も多く種類も豊富。
しばし見入ってしまった。 
 
P8040541 エンゼルフィッシュも!
 
P8040592 みんなでバタバタ
 
とにかく地上とは別世界。
あまりにも素晴らし過ぎてどこを撮っていいか悩んでしまう。
 
P8040581 餌付けもしました
 
P8040594 ぶくぶく・・・
 
しばらく潜った後は、島(珊瑚?)の上を歩いてみる。
 
P8040601 どこまでも長く
 
それにしてもこんな海の真ん中に珊瑚の島があるとは信じられん。
 
P8040615 反対側にもツアー客が
 
今度はポイントを変えて海のど真ん中に移動する。 
 
P8040621 船から直接海に入ります
 
こんなところに本当に魚がいるの?
しかしひとたび潜ってみると・・・ 
 
P8040632 魚の群れと一緒に
 
果てしなく広がる珊瑚礁に群がる魚がこれでもかとばかりに泳いでいる。
明らかにさっきとは質が違う。
なんというか、吸い込まれるような神秘性があり実に見応えがある。
 
P8040626 色とりどりの珊瑚
 
ここでもまた海の神秘に魅せられてしまった。
 

| | コメント (0)

2008年8月12日 (火)

8月3日その2:シュノーケリング

本来ならこれでお腹いっぱい、満足して帰るはずなのだが・・・
ここで素直に引き下がらないのが我が家の常(笑)。
隊長に頼んで途中の「星砂の浜」で下ろしてもらった。 
 
P8030476 遠浅の海です
 
ここは珊瑚礁が広がり多くの魚が集まることで有名な場所。
すかさずシュノーケルを付けて海に突入! 
 
P8030483 潜りまーす
 
すると・・・
いるいる、海のあちこちに魚がわんさかと! 
 
P8030508 きれいな魚たち
 
P8030503 珊瑚もはっきりと見えます
 
おぉ、こりゃすごい!
時の経つのを忘れて魚を追うのに夢中になった。
  
P8030489 きれいな海
 
今回は先日買い換えた防水デジカメが大活躍。 
水中でもきれいに撮れて大満足。
 
P8030528_2 夢中で見てます
 
いくら見ていても飽きないが、しかし明日のこともあるので早めに切り上げる。 
 
P8030506 まだまだ名残惜しいが
 
ここから宿までは歩いて10分ほど。
なんとも長く盛り沢山な一日であった。
 

| | コメント (0)

8月3日その1:カヌーツアー

今日は一日あらかじめ頼んでおいたツアーに行くってことで、朝9時に宿にお迎えが来る。
班編成は隊長のTさんと我々4人に加え、なぜかそこの企画している宿の居候お姉ちゃんの6名。(これがまたやたら明るい子なんだな)
 
車を駐車場に停め、まずはカヌー置場まで歩く。 
 
P8030365 川を越えててくてくと
  
5分ほど歩くと、川沿いに多くのカヌーが置かれていた。
 
P8030367 どっかのジャングルみたい
  
ここから各自個別にカヌーに乗る。
 
P8030368 もちろん子供たちもひとりずつ
 
マングローブの森を両側に見ながら静かにカヌーを漕ぐ。
時間がゆっくりと流れていく。
久しぶりのカヌーだがこんなのもたまにはいいもんだ。 
 
P8030375 ほとんど流れのない川
 
15分も漕いだだろうか、川の終点(?)に到着する。
これから遠くに見える滝まで歩くらしい。
 
P8030380_2 ・・・ってあんな高いところに!?
 
南国ならではの不思議な樹木を見ながらひたすら歩く。
 
P8030382 これが根っこ! ものすごく固いです
 
かなり険しい登山道をひたすら登る。
アクアシューズなのに大丈夫かいなと思えるほどのけっこうな勾配だ。
 
P8030384 マジに大変です 
 
歩くこと約40分、ようやくピナイサーラの滝の真上に到着する。
落差なんと55m。
とても立って下界なんぞ見れません(笑)。
 
P8030387 ヒエェェー! 恐ろしや
 
ちなみに先ほどカヌーを漕いだ川も見える。
あんなところから一気に登ったなんて信じられん。
 
P8030388 別の角度から すごい景色だ
 
この滝の上流でしばし休憩する。  
 
P8030398 このちょっと先から滝だなんて・・・!
 
服の下には水着を着ているので、濡れるのも一切気にせず遊ぶ。
こんなことするのも久しぶりだ。  
 
P8030402 暑い夏には最高
 
ひと通り遊んだ後はお昼となる。
おにぎりセットを食べ冷たい麦茶を飲み、再び水の中へ。
 
P8030411 気持ちよすぎー!
 
子供たちも心ゆくまで水と戯れ、すっかり満足したようだ。
 
P8030404 どんどん進めー 
 
すっかり楽しんだ後は、今来た道を途中まで引き返す。
 
P8030424 下りももちろん大変 
 
途中横切った川は、水がすっかりなくなっていた。
ものの数時間で満ち引きがかなり激しい。
 
P8030425 気分はジャングル探検 
 
P8030426 またしても奇っ怪な木が出現
 
下ること約30分、ようやく滝の下に到着する。
 
P8030427 すごい落差!
  
今度はこの滝つぼで泳ぐ。
ここは結構深いので念のためライフジャケットを着用する。
 
P8030432 ジャーンプ!
 
もう子供たちは大喜びで、何度も飛び込みをしている。
もちろん親たちもね(笑)。
 
P8030434 これが快感

遊び疲れた頃に隊長がおもむろにパイナップルとマンゴーを出し、手際よく切ってくれた。
生マンゴーなんて初めて食べたが美味しいのなんのって!
 
P8030455 フルーツ三昧
 
しかし隊長はおにぎりにお茶にフルーツ6人分を背負ってあのトレイルを歩いていたのか!
どう見ても20kg以上はあるゾ。(すごっ)
 
P8030449 かなり大きな水遊び場
 
すっかり満喫した我々は下界に下りて再びカヌーに乗る。 
 
P8030459 出発!
 
この川は海に近いため直接に満ち引きの影響を受け、行きと比べてなんと1m近くも水位が下がっていた!
マングローブの木々も露わになり、より一層ここが別世界だということを実感させられる。
 
P8030460 行きには見えなかった地肌が 
 
P8030473 可愛い生き物トントンミー
 
同じ川をのんびりと逆行し、スタートした場所に戻ってこのツアーは終わり。 
 
P8030470 向こうに海が見えます
 
約7時間の冒険だったが、大自然を肌で感じなんと充実した時間だったことか。
西表島はやっぱり面白い。
                

| | コメント (0)

2008年8月11日 (月)

8月2日:出発~西表島到着

ハワイで使ったちょっと大き目のスーツケース2個を車に積み、早朝5時半に羽田空港近くの民間駐車場へと到着する。
ここから空港まで送ってもらい、午前6時55分発那覇空港行きの飛行機に乗る。(ねむいー)
 
P8020312 機内でくつろぐ子供たち
 
那覇まではわずか2時間10分で到着、空港内でお昼を食べる。
 
P8020317 飛行機を見ながら
 
ここから石垣島行きの飛行機に乗り換える。
 
P8020320 小さいけどジェット機
 
約1時間で石垣島へ到着。
ここから離島桟橋までタクシーで移動。
 
P8020323 今度は船です
 
高速船に乗ること約40分、ようやく西表島に上陸する。(長かったー) 
 
港では民宿のおかみさんが待っていた。
これから3泊お世話になります。
 
宿に着いてちょっとひと息ついてから、近くの海「月ヶ浜」へ向かう。
 
P8020327 日差しが強ーい
 
歩いくこと約10分、ジャングルみたいな道を抜けるととってもきれいな浜辺に到着。
 
P8020329 いきなり海がお出迎え
 
こんなにきれいなのに、なぜか人がほとんどいない。
まるでプライベートビーチのよう。
 
P8020333 長ーい海岸線
 
海は遠浅で透明度抜群!
 
P8020357 透き通ってます
 
砂遊びがてら少し掘るとすぐに珊瑚が出てくる。
 
P8020339 たまには砂遊び 
 
ヤドカリやカニやら生き物もいっぱい。
 
P8020358 きれいな白い砂
 
さすがに日差しは強いので上着を着たまま遊ぶ。
 
P8020346 突然の走り幅跳び大会
 
ずっと遊んでいたかったが、長旅で疲れているのでほどほどに切り上げる。  
 
P8020350 長い砂浜をひたすら歩く
 
民宿での夕食は評判通りに美味しくボリューム満点。
その量たるや大食漢な子供たちが残すほど。
 
P8020362 お味は割と普通
 
しかし海があんなにきれいだとは思わなかった。
あまり期待してなかっただけに嬉しい驚きだ。
これはあと3日間楽しくなりそうだ。
 

| | コメント (0)

2008年8月10日 (日)

乗鞍より帰宅

乗鞍でヒルクライムしてそのまま高ソメキャンプ場へ。
 
1泊で帰るつもりが居心地が良くてもう1泊おまけ。
 
下り渋滞を横目に見ながら日曜早朝に帰ってきました。
 
こちらも今日は涼しいですな。
 

| | コメント (0)

2008年8月 7日 (木)

夏休み後半

夜からトレーラー牽いて乗鞍に向けて出発しました。

今日は諏訪湖SAでP泊です。

| | コメント (0)

2008年8月 5日 (火)

生還

帰りの便が東京地方の悪天候により1時間ほど遅れて羽田に到着しましたが、それ以外は何事もなく無事に家までたどり着きました。
 
海で泳ぎシュノーケルやりカヌーに乗りマングローブの森探検に滝つぼで泳ぎサンゴと熱帯魚を見て牛車に乗って海を渡り・・・
5日間しっかりと沖縄の離島を満喫してきました。
 
とりあえず帰着報告です。
レポートはいずれ。
 

| | コメント (0)

2008年8月 2日 (土)

トランジットその2

石垣島から船に乗ってようやく西表島に上陸!

海がすっごくきれい♪

思ったより湿気も少ないかな。

| | コメント (0)

トランジット

那覇空港で飛行機を乗り継ぎ、石垣島へと向かいまーす。

| | コメント (0)

搭乗

間もなく出発です。

早起きしたので眠いー。

| | コメント (0)

2008年8月 1日 (金)

お世話

ラムちゃんを連れて行けない長期の旅行ではいつもペットホテルを利用していたのだが、お世話になっているところが衛生的に?なところとラムちゃん自体があまり落ち着かないのもあって、今回はペットシッターなるものを頼んでみた。

これは担当の人が朝夕2回自宅に来て、ご飯と散歩をしてくれるというもの。

要は住み慣れた家から出ずに済むのでこれならラムちゃんもOK。(かな)

置いておくのは忍びないが、さすがに沖縄には連れて行けないからね。

その分後半の乗鞍ではたっぷり遊んであげる予定。

ちょっとの辛抱だよ。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »