« MTB FESTIVAL in 緑山 | トップページ | やめんのか!? »

2008年11月 5日 (水)

緑山レース雑感

今回これだけ手際の悪かったレースも珍しい。
思いつくままに挙げてみると・・・
 
---
 
・ミルキーの危険なコース
 
ほとんどフラットと言えども、後半の林間コースは幼稚園児にとっては危険極まりない。
2ヶ所ほどある下りは先がコーナーになっていて、オーバースピードで曲がりきれない子と転倒する子が続出。
さらにちょうどいいところに木があって、いつ激突するかと不安になり、見かねた私がそこで監視員となっていた(笑)。
実際に直進してコースアウトした女の子を受け止めたし。(マジ危なかったー)
主催者は事前に幼稚園児にも走らせてここをOKだと判断したのか?
 
・キッズレースの進行の悪さ
 
予想より参加者が多かったためか、クラス別のスタートが場当たり的になっていた。
1、2年生はそれぞれ別々だったが、混走のはずだった3・4年生は数が多いと言う理由で3年生のみとなり、4年生は時間の関係か5・6年生と一緒にされた。
 
Pb021824 盛況!
 
参加者の数なんて事前に分かりきっているのに、なぜスタート前に突然コロコロと決めるのか。
さらに言うと、事前の周回数のアナウンスも間違えてたし(笑)。
 
・音が聞こえない
 
元々絞って流していた音楽さえも、近隣からの苦情だとかで消してしまった。
さらにアナウンスさえもよく聞こえない状況。
こんなのピット内に何ヶ所かスピーカーを設置すればいい話ではないのか。
毎回毎回同じことを言われる前に、頭を使って対策をして欲しい。
 
・耐久レースの切り上げ
 
キッズレースに時間が掛かったからなのかは知らないが、突然の時間短縮通告。
それも最初に言うならともかく、1時間経過後にわざわざピットを回って。
ただでさえ短いレースをさらに短くするなんてどういうこと?(確か昔もあったような)
 
・レース途中での表彰式
 
ダブルエントリー可にしているということは、当然ソロと耐久と走っているはず。
なのになぜに耐久レースの最中に表彰式をやるのか。
走っていてお立ち台に立てない人続出・・・
 
・キッズレースの表彰式がない
 
本当ならば耐久の最中に表彰式があるはずなのに、集計に手間取っているという理由で後回しにされた。
これでキッズレースのみに参加している人もわざわざ夕方まで待たされる羽目に。
しかし・・・
 
・最後まで出なかったリザルト
 
最後の最後まで待たせて、「今日はリザルトが出ません。」とは何事か!
身内にもいたけど、ここまで待っていた親子が可愛そう。
なので表彰式もやらない(やれない)様子だったが、「3位まではみんな絶対に分かっている!」という親からの猛烈な抗議で、表彰式だけは(しぶしぶ)行われた。
 
・手作業の集計
 
最後のまとめをするのに何をそんなに悩む必要があるのか。
そもそもセンサーも使わずに今時目視での確認というところに無理がある。 
発表は後日にと言っていたが、この時点で混乱しているものを後から出されてもどれほどの信憑性があるものなのか。
 
・耐久レースのリザルトも出ない
 
辛うじて出たのは男女ペアだけ。
しかしそれも「この順位本当に合ってるの?」的な信頼性の低さ。
見ると実際には6位だったような・・・
  
・表彰式もなし
 
とりあえず入賞はしたようだが、副賞は後日郵送するらしい。(バブがぁぁぁ!)
本当に送られてくるのか不明だ。
  
---
 
いろいろと厳しいことを書いたが、今後を期待してのこと。 
次回は改善されて気持ちよくレースができることを希望する。
なんと言ってもこんなに近場で楽しめるレースは今や貴重だからね。
 
・・・と、不満だけでは申し訳ないので良かった点を。
 
・コースレイアウトが新鮮でなかなか面白かった
 
えっと・・・これだけ(笑)。
まぁこれに集約されてるってことで。
 

|

« MTB FESTIVAL in 緑山 | トップページ | やめんのか!? »

MTBレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MTB FESTIVAL in 緑山 | トップページ | やめんのか!? »