« チョコリング | トップページ | 大地震の翌日 »

2011年3月11日 (金)

大地震

それは午後2時48分のことであった。
西武新宿線上石神井駅のホームで電車を待っていたら突然激しい揺れが!
 
屋根はぐわんぐわんうねってるし、ホームは船のように揺れてるし。
電車は止まり、しばし呆然としていたが一向に動く気配がない。
 
そのうち危険なので駅から出てくださいとのアナウンスで、改札に向かって歩いているとまた大きな揺れが。
 
外に出ると駅前のロータリーには人があふれ、どうすることもできない状況。
さとみに連絡するとその間だけ奇跡的に電話が通じた。
家の中のものがちょっと倒れたくらいでみんな無事、でも停電してるらしい。
 
しばらく電車は動きそうにないし、さてどうしようか。。。
そうだ、この近くに知り合いの業者がいたな。
 
しばし歩いてそこを訪ね、傍らにある自転車を借りようとすると、「いいよ、ボロだから持ってきな。」とのありがたいお言葉が。
 
そのママチャリに乗って石神井から家までひたすら漕ぐ。
吉祥寺→三鷹→調布→20号を越えて→狛江→世田谷通りに乗って多摩川を越えればあともう少し。
 
途中補給するのに何度も休もうと思ったが、タイミングが合わなかったのと、もうあとは勢いというか意地というか。
 
結局飲み食いせずに2時間ずーっと走りっぱなし。
なんとか家までたどり着いた。(足がくがくで疲れた)
 
さとみと子供たちは無事だった。(よかったー)
まだ停電していて家の中は暗い。
でもガスと水道は使えるのでなんとかしのげそう。
 
トレーラーからランタンを持って来て、その灯りの下で夕飯を食べる。
テレビも見れない、電話も通じない、メールもタイムラグがあるので、情報源は携帯でのネットとツイッターのみ。
 
ようやく日立の実家と連絡が取れ、家族親戚が無事なことを確認。
でも家の中はぐちゃぐちゃで大変なもよう。
 
何もできないので一度寝るが、午後11時頃に電気が復旧。
テレビを見てその被害の大きさに愕然とする。
その間にもちょこちょこ余震があって怖い。
 
家に戻れないで足止めされている多くの帰宅難民の方の様子が流れているが、自分も一歩間違えばそうなっていたかもしれない。
なんとも複雑な心境。
 
犠牲者のご冥福をお祈りすると同時に、これ以上被害が広がらないように願うのみ。
 

|

« チョコリング | トップページ | 大地震の翌日 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョコリング | トップページ | 大地震の翌日 »