« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月27日 (水)

平日江ノ島ツーリング

さとみの平日休みに合わせてなんとか休暇が取れた。
 
さて何をしようかと考えた末に、アースライドも近いのでトレーニングがてら江ノ島にツーリングに行こうということになった。
 
朝、じゅんがサッカーの練習に出掛けるのを見送った後に出発する。
 
途中から境川沿いの自転車道をひたすら走る。
LSDを意識してケイデンス75前後、平均28km/h巡行ぐらいか。
 
356738853 途中で休憩
 
天気は曇り、時々雨がぱらつくが、走るのにはちょうどいい気候。
 
356758064 田んぼもきれい
 
家から約40km、実走行時間1時間45分で江ノ島に到着。
 
356788276 海で泳いでいる人もいっぱい
 
110727_008 富士山も見えました
 
自転車を置いて島内をうろうろ。
  
356796586 まずはソフトクリーム
 
本当はすぐに戻って青葉台あたりでお昼を食べようとしていたのだが、目の前においしそうな海鮮ものを見てしまうと、やっぱり食べずにはいられない。(笑)
 
江ノ島といえばしらすだが、ここに来るといつもそればっかりなのでたまには違うものを注文。
 
356819370 刺身とサザエの定食と
 
356823294 アジのたたきとサザエの定食
 
食べ終えるとすぐに走り出す。
が、途中から太陽が出て暑くなってきた。(まさか!)
なので走り終える頃にはすっかり日焼けに。(日焼け止めしてないし)
 
途中寄り道とかしたので、総距離87kmを実走行時間4時間ジャストで走りきった。
また行くぜよ。
 
教訓:たとえ雨でも夏は日焼け止めが必須。
それとおやつも♪
  

| | コメント (0)

2011年7月25日 (月)

我が家の地デジ対応

我が家のDVDプレイヤーはもう何年も前のアナログ対応機種。
しかもディスク再生も出来なかったりと不便この上ない。
 
まぁそれでも録画して見ようとする番組もほとんどないし、このまま使えなくてもいいかぁと思っていたら・・・
 
さとみから大ブーイング。(笑)
 
それは前々から言われてはいたのだが、アナログ放送が終了する当日にいよいよ現実化するとわかってからはさらに拡大。
 
「明日からどーするのよー!韓国ドラマ見れないのよー!」
 
はいはい、わかりました。(笑)
 
しょーがなくネットでちんたらと情報を集めはじめていると、その姿に危機感を感じたのか、さとみが「店に買いに行くー?」
 
おいおい、そこまで言うか。(笑)
 
あのねぇ、量販店は高いのよ。と思いつつも・・・
まてよ、もしかしたら今なら安いかも。
 
6店舗もの新聞折込広告を見比べてみるが(よくこんなにあるもんだ)、予想通り高い。
 
しかし、家から一番近くよくお世話になっているN店のを見ると、ポイント15%還元、さらに表示よりお安くしますときた。
 
これはダメ元で行ってみるか。
 
かくして家から歩くこと約3分、駅前にあるその店に閉店30分前に駆け込んだ。
 
レコーダーの陳列棚にははたしてお目当ての製品が鎮座していた。
 
すかさずアロハシャツを着た若いお兄ちゃんをつかまえて、「これいくら安くなるの?」
 
「はい、ほにゃららほどに。」 
 
「む、さらに15%もポイント還元するの?」
 
「はい、やります。」
 
「むむ、そーすると実質いくらになるの?」
 
そのお兄ちゃん、おもむろに電卓をカタカタと叩き、「はい、こんな感じに。」
 
むむむ、これなら価格.comの最安値よりも大幅に安いゾ。
 
内心はガッツポーズ、でも平静を装いつつ、「そうかい、それじゃ買ってみるかね。」
 
「はい、ありがとうございます!」
 
そしてレジに向かう途中、「テレビとビデオを繋ぐのにHDMIケーブルが必要ですがいかがでしょう?」
 
「お兄ちゃんうまいねー。でもこれサービス?」
 
するとそのお兄ちゃん、無言でサービス窓口にだーっと突進し、しばらくするとケーブルを片手に戻ってきた。
 
「このメーカーのならお付けいたします。」
 
おぅ、言ってみるもんだねぇ。(嬉)
やるなぁ、若いの。
 
かくして相当のお値打ち価格でレコーダーをゲットしてしまった。
たまには家電ナマ買いも悪くないね。
 

| | コメント (2)

再び石巻へ

石巻に来るのもこれで四回目。
 
東京-宮城という遠隔地であるが故のリアルタイムに情報伝達が出来ないもどかしさを乗り越え、ようやく工事着工にまでこぎつけた。
 
ただ今回は朝早くから作業をするのでいつものように高速バスという訳にはいかない。
大事をとって前日からの現地入りとなった。(ようやく新幹線!)
 
Dscn0845 付近にはまだまだ震災の爪跡が
 
当日は秋を思わせるような涼しさでまさに現場日より。
快適な環境下で各人の連携もよく、作業は順調に進んで行く。
 
Dscn0847 石巻マンガロード
 
あっという間に夕方となり、このまま最後まで見届けたいところだが、諸事情で帰らなくてはならない。
名残惜しくも帰宅することに。(帰りも新幹線!)
 
あと3日ほどで工事は完了するが、その後に諸々の申請作業で最低1回は行かなくてはならない。
再びこの地を訪れるのは8月お盆前か?
 

| | コメント (0)

2011年7月20日 (水)

グレードアップ高速バス

今回利用した高速バスは前回と同じ独立3列シートで、それはそれで快適なのだが、さらに付加価値が備わっている。
 
それは・・・
 
・プライバシーを保つための座席ごとのカーテン
・無線LAN
・電源
・簡易テーブル
 
おぅ、これだけの装備があればまさに移動するスモールオフィス。
パソコン使ってネットにもつなげるし、図面だって書類だってスイスイつくれちゃう。
もちろん全日本MTB選手権の動画だってサクサクと(笑)。
ついでに携帯も充電できるし。
  
このブログだってまさにそのバスの中でアップしている。
便利な世の中になったものだ。
 
この利便性を十分に活用すれば6時間という長い移動も苦にならない。
次に利用するのもこのバスがいいね。
 
・・・ってずっとバスonly?
 
たまには新幹線とか飛行機とか。
 
・・・ダメ?
 

| | コメント (0)

三度目の仙台・石巻

今手掛けている石巻でのプロジェクトだが、今週金曜日からの本格工事を前に、役所への申請やら設備業者との打合せやらでどうしても現地へ出向かなくてはならなくなった。
しかも日帰りで・・・(ゆっくりさせろぃ笑)
 
三度目ともなると移動手段を検討するのも手慣れたもの。
やはりコストパフォーマンスを考えると高速バス以外考えられない。
よってすぐさま予約、その日の夜からの移動となった。
 
しかし台風の影響か東北道の一部が通行止め、多少距離は延びるが常磐道を使わざるをえなくなった。(実家の近くを通るし)
 
仙台では食事の合間に3時間ほどで書類関係をまとめ上げ、再び高速バスに乗って石巻に移動する。
 
現地での滞在時間はわずか90分、被災地という感傷に浸る暇もなく慌ただしくも仙台に戻る。
 
そしてただ今東京に向けて移動中。
家に帰るのも本日中の予定。(何時間バスに乗ってるんだ?)
 
こんなバタバタな強行スケジュールだが、これはこれでけっこう面白い。
だんだんと仙台もわかってきたし。
 
さて次の宮城訪問はあさって。(また!?)
今度はお泊り付き。(うれしー)
少しはのんびりできるかな。
  
復興支援という名のもとに地元に貢献してきます。(なにを?)
 

| | コメント (0)

2011年7月18日 (月)

全日本MTB選手権観戦

「全日本。」
この言葉には特別な響きがある。
この地で毎年繰り広げられるドラマを共有したいから、このイベントだけは外せない。 
 
3連休の中日、渋滞を避けるために早朝に出掛ける。(が案の定ちょい混み)
 
Dscn0779 いい天気!
 
会場入りすると、ちょうどマスタークラスがはじまるところ。 
 
Dscn0757 スタート前
 
UNS001号は早々に転倒して1周目は12位。
でもここから快進撃が始まる。
  
Dscn0765 気合いの走り
 
段々と順位を上げ、最終周にはついに3位に!
 
Dscn0770 ラムちゃんと応援(まだよー) 
 
後続の追撃をかわしてそのままゴール!
 
Dscn0798 やったー!
 
アクシデントがあっても折れることなく走り続け、感極まったUNS001号。 
こっちまでウルウルきちゃったよ。
 
Dscn0792 絶景ですねー
 
続いて女子クラス。
こちらもお知り合いのエントリーがたくさん。
 
Dscn0802 気合いの入るみきちゃんあやちゃん
 
Dscn0804 みちはなごやか(笑)
 
そして女子のスタート。
 
Aaa 迫力!
 
一番暑い時間帯でのレースで、完走するのさえも厳しい。
いつ熱中症になってもおかしくない。(フィードも大変) 
 
Dscn0813 みっつんもがんばる
 
最後はシニアエリート。
これで文字通り日本一が決まる。
 
最高峰の走りはやっぱり迫力が違う。
当初は渋滞が気になるので途中で帰ろうと思ったけど、結局最後まで見てしまった。
 
Dscn0823 KAZU走るUNS応援する
 
一番の難所はそれぞれライン取りが違っていて、見ていて面白いし勉強にもなる。
さすがに後半は疲れからか転倒が多かった。(だんだんジャージが泥まみれに)
 
終わってみれば幸平の圧勝。
今年も色々と見応えあるレースで面白かったー。
 
でも・・・
 
帰りの渋滞だけはなんとかならんものか。
 

| | コメント (2)

2011年7月14日 (木)

アースライドニュージーランドに思うこと

今日発売のターザンに、去年参加したアースライドニュージーランドの記事が掲載された。
 
Dscn0754 やっと載ったどー!
 
本当ならもっと早い号に掲載されるはずだったが、クライストチャーチの大地震と時期が重なり、現地の事情に配慮して控えていたとのこと。
 
あれからだいぶ時間も経ってこのままお蔵入りになるんじゃないかという噂もあったが(笑)、ようやく日の目を見たというワケ。
 
早速記事を読むが・・・
 
なんと表現したらいいか、あの時の風景が、感動が、次々とよみがえってくる。
それもまるで昨日のことのように鮮明に。
 
・・・
 
雄大すぎてスケール感がマヒしてしまうほどの大自然。
 
どこまでもどこまでもひたすらに真っすぐな道。
 
楽しみも苦しみも分かち合い、助け合いながら走ったツーリング。
 
2日間で200kmを走り切った達成感と充実感。
 
毎日浴びるように飲んだ極上ワイン(笑)。
 
個性豊かで心から楽しんでいる参加者に愉快なスタッフたち。
 
・・・
 
語りつくせないほど思い出は尽きない。
そしてそれは日を追うごとに輝きを増している。 
 
手前ミソながら自分は日本全国はおろか海外も含めて相当数の旅行を経験している。
しかし、これほどまでにインパクトを残したイベントは過去にない。
 
それは自転車で走る喜びがもたらしたものなのか。
 
ニュージーランドの奥深い魅力がそう感じさせたのか。
 
ハイテンションな参加者たちの結束力が強かったからなのか。
 
そもそもの企画が素晴らしいものだったからなのか。
 
・・・
 
おそらくそのすべてであろう。
 
これだけの感動を与えてくれたこのイベントに参加させていただいたことに、あらためて感謝。
 
そして願わくば、「もう一度行きたい!」
 
いや、何度でも(笑)。
 

| | コメント (0)

2011年7月11日 (月)

ロードバイク来たる

「ツーリングをするからロードバイクが欲しい。」とひろきに言われはや2週間。
 
当初はなんでもいいやとアヤしいブランドものを注文しかけたが、途中から親子共用にするという(強制的?な)流れになったので、それならばと真剣に物色を続けていた。
 
でも街乗り程度にしか使わないヤツにはエントリーモデルで十分。
いくつかの候補から絞って、最終的に残ったのがこれ。
 
Dscn0752 
 
同じ価格帯の他社バイクと比較してワンランク上のパーツが付いているのが決め手になった。
おまけにペダルも付いているし。(でもどこでコスト調整してるの?)
 
質感もまぁまぁ高いし、初めてのロードとしてはよろしいんじゃないでしょうか。
(ふつーの高校生にはぜいたくすぎ? いやいずれオレのもの笑) 
 
ひろきもなんか満足そうで、しばらくいじり回していた。
買ったからにはちゃんと乗ってくれよー。
 
ところでこのバイクの梱包姿には驚いた。
すでに誰かが剥がしたのかと思ったけど、どうやらこのままの状態で送られて来たらしい。
 
Dscn0745 戦艦ヤマト?
 
前はビアンキ、後ろはGTの箱を継ぎ足し、なんとハンドルとサドルが露出している!?
 
Dscn0746 風通しよし
 
ワイヤーもむき出し、よくこんなんで送って来たな。
 
少しでも送料を安くしようという魂胆なのかと思いきや、前後のタイヤはしっかり組まれたまま。
何をしたいのか意図がわからん(笑)。
 
それはさておき、我が家に久しぶりにニューバイクがやって来た。
やっぱり新車はいいね。
 
・・・これで自転車が10台。
さてどこに置こうか(笑)。
 

| | コメント (0)

2011年7月10日 (日)

3ヶ月ぶりのHMP&ツーリング&サッカー

最後に行ったのが4月17日。
あれから3ヶ月弱・・・
 
なんでこんなに時間が経ってしまったのだろう。
そりゃなにかと忙しかったのはあるが。
 
自分の行動からHMP(法政マウンテンバイクパーク)が薄れつつある今日、なぜここに足が向いたのか。
それはじゅんの所属するクラブチームのサッカーの練習がここであるから。
 
そんな単純な理由だが重要なこと。
 
でも前日の石巻出張から高速バスで朝に帰って来たばかり。
はたして体力が持つのか。
 
朝帰りの体は案の定気だるい、でも気分はすでにHMPへ。
 
現地の気温はすでに30℃超え、おまけに湿度も高い。
そんな状況にめげることなく早速コースイン。
 
走り出すと涼しくとても気持ちいい。
やはり山の中はいいね。
 
その後しばらく休んでいると、そこに集まったメンバーから「ちょっと外のトレイルを走りませんか?」というお声掛けが。
ぜひぜひ!
 
早速4人で走り出す。
 
Ca3i0005 のぼりー
 
しかしバスツーリングを耐えたばかりの体には厳しい坂が多い。
みなに付いて行くのが精いっぱい。(いや離されてます)
 
でも坂を制すれば後はご機嫌な下り。
やっぱりこれがあるからやめられない♪
 
Ca3i0007 きゅーけー
 
気分よくツーリングから戻りグランドを見ると・・・いるいる、じゅんたちが練習している。
でもこの暑さの中ハードに動き回って、熱中症にならないか心配だ。
 
お昼を食べている最中に、「できればダートだけで一周したいね。」なんて声が挙がった。
「あのー実は・・・」と、自分がつくりかけのコースがあることを言い、みなを引き連れて走り出す。
 
実は誰かがコースを仕上げてくれてたらなーなんて密かに思ってたのだが、案の定放置状態(笑)。
やっぱりこれはしばらく通って完成させねば。
 
そしてイベントもやりたいよー。
今は暑いから秋あたりにね。
 

| | コメント (0)

二度目の被災地へ

先週に引き続き、仙台を経由して石巻市へ行って来た。
 
さすがに車で行くのは疲れたので新幹線・・・といきたいところだが、これからあと数回は行かなければならない、いわゆる経費がかさむので高速バスを選択。
 
深夜便で往復すれば宿に泊まることもないので経費は浮くが、その分自分の体にある程度の負担はかかる。
まぁそれは仕方ない。
 
新宿を午前0時に出発し、6時頃に仙台に到着する。
どこか空いている店は・・・と探すが見えるのはマックぐらい。
そこで朝ご飯がてらパソコンを開いて仕事する。
 
午前9時過ぎに再び高速バスに乗り石巻に向かうが、被災者優先のためか料金所が近くになると一般レーンに集中するため渋滞が発生する。
 
ようやく石巻市に入り、まずは市役所に行く。
本来は開いているはずのない土曜日だが、どの窓口でも職員がフル稼働。
 
そこの建築指導課で今回の事業の事前相談をするが、回りには「兵庫県」とか他県の腕章をした職員が多い。
なんでも被災した住宅の申請が7000件以上!あり、その対応に来ているそうだ。
 
続いてタクシーで打合せ地に移動するが、損壊した建物、動かない信号、全国から集まっている自衛隊に警察官・・・
前回ほどのインパクトはないものの、ここが被災地であることを改めて強く実感する。
 
Dscn0571 
 
さらに強烈なのが「異臭」。
 
気温が32℃であることも影響あるのか、街全体に漂う生モノが腐ったような臭い。
暑さも手伝ってか、ずっとそこに立ち止まっていると気持ちが悪くなってくる。
 
この不快感はとても耐えられるものではない。
これからより暑くなるので、この状況はますます厳しくなりそうだ。
なんとかならないものか。
 
そして慌ただしく打合せを終え、再び高速バスで仙台へ向かう。
 
その途中であちこちに見えるガレキの山、ブルーシートを被った壊れた家・・・
津波の影響を受けてない仙台にほど近い場所にも、現地で処理しきれないガレキが集められている。
 
この現実に目を背けては生きて行けない。
なんて辛いことだろう。
 
自分に出来るのは、この惨状を、この現実を、ただ伝えること。
 
次に来る時には何を感じるのか。
 

| | コメント (0)

2011年7月 3日 (日)

サッカー&ツーリング

じゅんのサッカーの練習試合が近くであるというので、久しぶりに見学に行ってみた。
 
さとみとふたりで自転車で走ること約30分、時間は短いが坂が多いのでけっこうなトレーニングになる。(汗ダラダラ)
 
試合はヴェルディと名門T学園。
相手は部員数が100名以上もいる全国レベルの強豪。
 
Dscn0620 かわせー!
 
敵さんのワンサイドゲームになるかと思いきや、逆に押している。
結局じゅんの出た試合は勝ってしまった。(あら)
 
Dscn0673 抜けたー!
 
午後はひろきを引き連れて青葉台の知り合いの家へ。
 
Dscn0687 鶴見川沿いを走る
 
ひろきとツーリングするなんて何年ぶりだろう。
すっかり大きくなった背中を見ながら一緒に走るのは楽しいね。
 
Dscn0739 途中ダートもあり
 
それにしてもさとみは後ろを気にせずガンガンに飛ばすから、付いて行くのが大変だった。
後追いは疲れるんだよー(笑)。
 
でもひろきもちゃんと付いて行けるからちゃんと体力はあるんだよね。
それにしょっちゅうレースやらせてたから基礎テクもあるし。(はず)
 
あとはいかに安全に走れるか。
これはセンスと経験でしかない。
親としては最低限ここまでは教えないと。
 
まぁまた一緒に走る時があるでしょう。
その時が楽しみ♪
 

| | コメント (0)

2011年7月 1日 (金)

高1の夏 その後

昨日言ってたひろきたちのツーリングの目指すところは尾白川渓谷だそうだ。
なんでも一緒に行く友達の親戚の家があるそうで、そこまで行こうということになったらしい。
 
それって何キロあるの?
って調べてみたら、家から高速使ったとしても150キロくらいあるし。(Yahoo!地図調べ)
 
距離もあるし坂だらけだし、乗りなれた大人だって大変だってぇのに。
こりゃどう考えても1日ではムリ。
 
さとみは「途中で野宿したらー♪」なんて好き勝手なこと言ってるし。
ホントにノー天気なヤツです(笑)。
 
そんな話をひろきにしたら、ちょっとは考える気になったらしい。
さてどーなることやら。
 
まぁ行き先はともかく、親としてはバイク選びに難航中。
 
とは言っても、ひろきも今回の旅が終われば次はいつ乗るんだ?ってレベルだし、せっかく買っても使わないんじゃもったいない。
ってことで話し合い(強制?)の結果、親と共用にすることに。
 
なので最初は適当なヤツでいいと思っていたが、自分も使うとなるとついついこだわりが(笑)。
 
まぁエントリーモデルで十分なのだが、やっぱりカッコイイのがいいよねー♪
ってことで引き続き物色中。
 
まぁ計画したり物色したりも楽しいのだが、それよりもなによりもひろきと共通の会話が増えたことが嬉しい。
 
やっぱり親子で一緒の趣味っていいね。
それが自分たちの好きなことならなおさら。
 
いずれは息子夫婦とキャンプとかツーリングとか行きたいね。
そんな時が来るのもあっという間なんだろうな。
 

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »