« 若さの特権:高校生の気まま(無謀?)なツーリング その1 | トップページ | 11年目の決断 »

2011年8月29日 (月)

若さの特権:高校生の気まま(無謀?)なツーリング その2

高校1年生7人、最初は威勢よく走ってはいたが、荷物は重いわ坂は多いわで次第に体力を消耗してきた。
しかもツーリングなんてほとんど初体験。
ペース配分もなにもあったもんじゃない。
 
R413をひた走り、当初は「道の駅どうし」あたりの河川敷まで行こうと思っていたらしいが、神奈川県を越えることすら厳しい状況。
たまたま県境にある両国橋キャンプ場が目につき、そこで泊まることにしたそうな。
 
ここで川遊びしたり焚き火したり焼肉食べたりと、1日目は無難に過ごした模様。
しかし翌日はもっと天気が悪くなり、川も増水してくるわで夕方には管理人から川沿いのサイトから退避してくれと言われたらしい。
 
ここで何を思ったか、一行は帰ることを決意する。
しかも夜の10時過ぎ。
親にはただひと言、「これから帰る。」のメールだけ。
 
夜に行動するなんてもってのほか!
ダメだ、朝まで待てと連絡するが、すでに荷物も撤収し出発した後。
 
雨はますますひどくなってくるし、ましてや真夜中。
こうなればもう無事に帰ってくることを祈るしかない。
 
かくして午前3時頃、彼らは無事にそれぞれの家にたどり着いた。(よかったー!)
 
「なんでそんな時間に帰ろうとしたの?」って聞いたらただひと言、「飽きた。」だと(笑)。
 
まぁ結果オーライだが、もう少しマシな計画立てようね。
 
これに懲りてもうツーリングはしないのかと思いきや、「また行く。」だって。
 
おっ、頼もしいお言葉。
よしよし、それでなくっちゃ。
 
・・・次回こそ後ろからこっそり着いて行きたいものだ(笑)。
 

|

« 若さの特権:高校生の気まま(無謀?)なツーリング その1 | トップページ | 11年目の決断 »

子育て」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若さの特権:高校生の気まま(無謀?)なツーリング その1 | トップページ | 11年目の決断 »