« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水)

今度はバンドその2

さてキーボードの選定だが、何を買おうにもその基準がほしい。
 
ひろきに聞いてみるが「なんでもいい。」と言うだけだし。(実はまったくわかってない)
 
なんでもいいと言われてもねぇ。
さすがにジャ○ネットで売ってる8千円位のってわけにはいかないし。(ホントピンキリなのよねー)
 
「じゃぁ友達は何を使ってるの?」と聞いてみると・・・
 
ローランドのほにゃらら。
 
ゲッ、それって定価で8万くらいするヤツだぞ。
 
高校1年生のおもちゃにしては高価すぎる。
 
まぁでもやっぱりライブ使用に耐え得るもの。
どうせ買うならシンセサイザー。
自分も弾きたいので(たぶん)メーカーにはこだわりたい。
 
ということでコルグのコストパフォーマンスに優れたものに決定。
早速ポチッとしたので明日には届くことでしょう。 
 
楽しみ楽しみ♪(誰が?)
 

| | コメント (0)

2011年9月27日 (火)

今度はバンド

「バンドやるからキーボード買って。」
 
ひろきが突然言ってきた。
 
なに、バンド?
ピアノも弾いたことない、譜面もロクに読めないヤツが。
 
なんでも先日の学園祭の時に友達のバンドが異様に盛り上がっていたのを見て、その友達もやりたくなってひろきにも声をかけたらしい。
 
バンド→かっこいい→女の子にキャーキャー言われる→もてる
 
まぁ動機はこんなところだろうけどね。(笑) 
 
でもなんでキーボード?
 
それもご指名らしい。(単に残っただけじゃねーか?)
 
でもこの前自転車買ってようやくサイクリストに目覚めたかと思えば、いきなりこれだからねー。
なんで正反対になるかねぇ。
 
「そんなポンポンと買うお金はありません。」
 
と言ったら、「バイトする。」だって。
 
それは無理だから、じゃぁお年玉の残りを出してよということで交渉成立。(まだけっこうあることがすごい!)
 
ちなみに私は幼稚園から中学まで8年間ピアノを習っていたので、キーボードには興味ありあり。
実は自分も使ってみたかったりする。(また共有か)
 
かくして機種選定に移行するのだが・・・
 
(続く)
  

| | コメント (0)

2011年9月24日 (土)

プチツーリング

秋晴れの清々しい日。
朝からトレーラーや家の掃除片付をしていたが、こんな快適な日に家にいるのはもったいない。
 
ってことでさとみと一緒にツーリングに出発!
特にあてのないまま鶴見川沿いを走り出す。
 
405764596 ずんずん
 
川沿いは涼しく風が気持ちいい。
快調に走ってるうちに源流に行こうと思い立つ。
 
とはいえ源流までの道のりは険しい。
というか川沿いに道がない(!)ので迷うこと必至。
 
だがいつの間にか道が新しく出来ている。
ある程度川沿いに走れたのだが、それもとある場所でぷっつりと。
 
こんなところで道がなくなっても・・・としばし迷ったところでタイムアップ。
サッカーの練習から帰ってきたじゅんのためにお昼をつくらなくては。
 
ということで後ろ髪をひかれながら帰る。
 
帰り道の途中で無人野菜売り場に寄ってみた。
 
405774502 ピーマン100円よ♪
 
そんなわけでわずか20kmの道のりだったが楽しかった。
また合い間見つけて走ってみるぞ。
 

| | コメント (0)

2011年9月23日 (金)

日立も被災地

父の会社での大先輩の奥様から手紙が届いた。
 
その奥様、数年前に旦那様(大先輩)を亡くされずっとひとり暮らし。
家族同然のお付き合いで、私も懇意にさせていただいている。
ちなみに旦那様は私の名付け親。
 
そこにはこう書いてあった。
 
Dscn1638  
 
 
「自宅が倒壊し、身体を動かすことも辛くなってきたので施設に入ります。」
 
なんということだ!
そんなことも知らずにいたとは。
 
入所はいずれ起こり得ることであったにせよ、そのきっかけが震災とは。
 
どれだけ心を痛めたことであろう。
 
悲しい、悲しすぎる。

でもこれが現実。
 
日立も一見震災の影響はないように見えるが、自分の知らない場所でこういうことが起こっている。
 
今度実家に行くことがあったら会いに行きたい。
 

| | コメント (0)

2011年9月21日 (水)

台風一過

大型の台風15号が接近している。
どうやら直撃らしいので、このままでは電車が止まってしまう。
そんな危機感を感じ、昼過ぎに会社を出る。
 
なんとか電車は動いていたが雨風は強く、歩くだけでズボンと靴がビショビショ。(ひえー)
家に着いた途端にさらに大雨が。
 
慌てて家中の雨戸を閉めに行くと、2階のバルコニーがなんとプールに!(ゲゲッ!)
どうやら排水口が詰まって水が流れなくなっていたようだ。(15cm位溜まっている!)
 
一瞬ひるんだが、水は窓下まできてるし室外機も浸かりそうだし、これはやるしかない。
意を決してカッパを着込み、大雨の中突入。
排水口回りのゴミを取り去ると、一気に水が引いて行く。(よかったー!)
早く帰ったからよかったものの、このまま気付かずにいたらどうなっていたか。(ホッ)
 
その後も雨風はいっそう強くなっていく。
いつしか小田急線も止まってしまった。(よかった先に帰って)
 
そして台風は過ぎ去った。
家の被害はというと・・・
 
・たわわに実ったキウイの枝が一部折れた。
 
それだけ(笑)。
 
家の周囲も特に被害はなさそうだ。
 
まぁ今回はなんとかやり過ごしたが、備えは万全にしておかなくては。
 
荷物置き場となっていたトレーラーはもう少ししたらなくなってしまうことだし。
そこに常備していたキャンプ道具は物置に押し込まれてしまうし。(たぶん)
 
ランタン・ストーブだけでも手元に置いとくかね。
 

| | コメント (0)

2011年9月20日 (火)

学園祭見学

ひろきの通っている学校の学園祭に行って来た。
 
中高一貫校で合同でやるので、そりゃぁ華やか。
見てる方はもちろん生徒たちも楽しそう。
 
まずは友達がやっているバンドのコンサート。
これがまたすごい盛り上がり!
ペンライト片手にヘッドバンキングでノリノリ。
 
演奏テクは・・・それはまぁ置いといて。(笑) 
そもそもチューニングから合ってないし。
 
それから各展示やらバザーやらを眺め、保健関係の展示へ。
ここで骨密度と貧血度を測定してくれるというのでチェック。
 
結果は・・・ふたりとも極めて健康体!
基礎体力があって、かつ普段からスポーツをしてないと出ない数値だと驚かれた。
という保健委員(先生じゃないよ)からお墨付きをもらってご満悦。
 
最後にひろきのクラスの劇を見る。
中学の時のようなギャグやおちゃらけはなし、少し震災に絡めた自分の将来についての真面目な劇だった。
 
ひろきは金魚屋のおやじの役。(裏方じゃなかったんだね)
 
Dscn1617 らっしゃい!
  
これのどこが真面目なのかと突っ込まれそうだが。(笑)
まぁでも面白かった。
  
受験対策なのか3年生は参加しないので来年が見納め。
またぜひとも見に来よう。 
 

| | コメント (0)

2011年9月19日 (月)

JシリーズXCO#5富士見パノラマ観戦

またしてもスケジュールの合わない子供たちを置いて、さとみとラムちゃんとJ1富士見パノラマの観戦に行って来た。
 
危険な3連休なのに子供たちを送り出してからの6時半出発。
すでに予想通りの大渋滞を避けて相模湖インターから乗る。
 
おかげで渋滞は回避できたが、会場入りした時にはすでにレースは始まっていた。
しかも見れたのはスポーツクラスの最後の1周のみ。
声援を送ることすらも満足にできないまま終了。(あらー)
 
エキパまではまだ時間があるのでピットをうろうろ。
たくさんのお知り合いと交流を図る。
 
Dscn1537 みなさんお揃いで
 
続いてエキスパート&女子エリートクラス。
今度はしっかりと応援するぞ。
 
Dscn1548 スタート!
 
Dscn1550 続いて女子も
 
最初は一番難しいテクニカルな下りのセクションで見ていたのだが、これがまたみなさんよくコケる!(失礼)
雨上がりでスリッピーな上に剥き出しの根っ子とくりゃコケない方がおかしい。
 
なのでまともに走れたのはトップライダーのみ。(でも2周目にはコケてた)
それ以外は転倒続出。
 
中には頭を打ってヘルメットが割れた人も。(こわっ)
見てる分には面白いがライダーにはたまったもんじゃない。
 
おまけに段々と日差しも強くなり、蒸し暑さも倍増。
普段なら登り切れるはずのゴンドラ下の直登も押す人続出。
まさに持久戦の様相を呈してきた。
 
Dscn1586 がんばれー!
 
そんな状況なので、ゴール後にそのまま倒れ込む人のなんと多かったことか。
それほどまでに厳しかったようだ。
 
Dscn1587 気持ちいいー!
 
そしてメインの男子エリートクラス。
これまたガンガンに暑い中でのスタート。
 
Dscn1605 ド迫力のスタート!
 
カズ、リョウ、ケン、トキを中心に周回ごとにトップが入れ替わる大接戦。
応援する方にも力が入る。
 
カズは最初独走だったがチェーン切れで無念の後退。
それでも3位まで追い上げたのはさすが。
 
Dscn1611 カズゴール!(えりちゃんお迎え)
 
力を出し切ったカズもゴール後倒れる。
それほどタフなレースだった。
 
Dscn1612 お疲れー!
 
その後10位でフィニッシュしたせーじもフラフラになりながら倒れ込んでいた。
その膝は血まみれ・・・(心配)
 
いやぁ、なんとも壮絶なレースだった。
 
自分にとっては帰りの中央道渋滞の方ががもっと壮絶だったが。(笑) 
勝沼からずーっと下道・・・って尋常じゃないぜ。
なんとかならんものか。
 

| | コメント (2)

2011年9月16日 (金)

水戸も被災地

最近仕事で茨城に行く機会が多いのだが、それを知った知人から別件の依頼があった。
 
その方は水戸出身だが現在は厚木在住で、実家が被災して半壊したので解体して欲しいとのこと。
 
早速現地に行ってみると・・・
 
Dscn1513 
 
壁は抜け落ち、瓦は剥がれ、屋根も崩れている。
これではとても怖くて住めたものではない。
 
Dscn1523 
 
と、調査中にも震度4の地震が!
たまたま車の中にいたのだが、最初は同行者が貧乏揺すりしてるのかと思った。(笑)
 
いやー大きかった。
家がまた崩れるのかと思ったくらい。 
  
水戸は地盤が悪いせいか、この家のようにかなりの建屋が被災にあっている。
屋根にブルーシートを被せた家をあちこちで見かける。
このような地域であるから、被災した家を解体する場合に一部の産業廃棄物(ガラ、瓦等)の処分費が免除になっている。
 
日立も被災しているが、水戸の方が悲惨な状況だ。
 
何度も言うが被災に遭ったのは東北だけではない。
茨城もかなり被災している。
 
一日も早く復興して、なんとか元気を取り戻して欲しい。
 

| | コメント (0)

2011年9月 9日 (金)

A Dramatic Turn of Events / Dream Theater

310bhcwenfl__sl500_aa300_ 
超絶技巧派集団ドリーム・シアターの11枚目のアルバム。
 
長年バンドのフロントマンとして君臨してきたマイク・ポートノイ(Ds)の突然の脱退は非常にショッキングな出来事だったが、その危機を7人のドラマーのオーディションという世間の大注目を集める粋な演出から選出したマイク・マンジーニを迎え、新たなる出発点に立った。
 
そのサウンドはというと、今までとは明らかに違う点がある。
それは、相も変わらず複雑でテクニカルだが聴きやすいということ。
 
ポートノイの嗜好するダークでヘビィな傾向が影を潜めメロディライン重視となった。
その効果で音像がクリアになり、ルーデス(Key)のキーボードワークはより冴え渡り、マイアング(Bs)のベースラインがよりはっきりと浮き出てきた。
さらにラブリエ(Vo)の声もより一層伸びがあり艶を増し、なんとも美しく惚れ惚れする。
 
ひと言で表現すると、過去の余計なしがらみが消滅して各自がそれぞれの仕事を生き生きと完璧にこなしている。
バンドの原点に立ち返り、かつ新境地を開拓したとも言える。
 
某サイトのユーザーレビューでは厳しい評価も多いが、そもそもこのバンドに要求するレベルと期待値が高過ぎる結果であり、自分的には☆☆☆☆☆!
 
とにかく、数回聴いただけでは到底理解できないのがDTのいいところ?
真剣に聴き込まなければならないので普段の数倍疲れます(笑)
 
このアルバムももちろん素晴らしいが、マンジーニが本格的に参加する次回のアルバムにかなり期待!
 

| | コメント (0)

2011年9月 4日 (日)

怪しくないぶどう セシウムさん

先日実家に行った時に親からぶどうをもらった。
 
渡される時に「これ放射能に汚染されてないから大丈夫よ。」と言われた。
 
その時はなんか変なこと言うなぁと思っていたのだが、箱を開けてみて驚いた。
  
Dscn1483 説明書入り
 
「放射性物質は検出されませんでした。」
 
「このぶどうは安全です。」
 
そんなことわざわざ断らなくちゃいけないのか。
 
日立はそんなに危険な地域なのか。
 
福島原発から100km以上離れているんだぜ。
 
震災で家のあちこちにヒビが入り、
 
2週間以上も電気・水道・ガスが止まり、
 
これだけでも大変だったのに、
 
さらに放射能という風評被害に苦しめられるのか。
 
こんなに離れている地域なのに。
 
この文面から生産農家の人たちの苦悩がいやというほど伝わってくる。
 
いつまでこんなことが続くのか。
 
いつまで耐えなくてはいけないのか。
 
もぉいい加減にしてくれ。
 

| | コメント (0)

2011年9月 2日 (金)

お粗末な配送システム その4

その送った内容の要約。
 
・問い合わせフォームに機種依存文字が使えないことを記載せよ。
 
・ログインできる箇所を明確にせよ。
 
・不足金が発生するようなシステムを是正せよ
 
以上、すぐに改善しないと同じような悲劇に見舞われる人が増えるだけ。
 
このようなことを送ったら・・・
 
「今回頂きました○○様のご意見は、弊社担当部署へ貴重なご意見として報告させて頂きます。
誠に遺憾ながら、現時点でお客様のご要望にすぐにお答えする事が出来ませんこと、心よりお詫び致します。」
 
予想はしていたが相変わらずのマニュアル対応だ(笑)。
 
結局、当初問題になった不足金の清算の拒否については却下されたようだ。(すべてマニュアル通り)
 
だからと言って支払う気はさらさらない。
違うやり方で利用する方法なんていくらでもあるし。
 
しかし、問題点を提起したことにより少しは改善されることを期待しよう。
 
・・・いつになることやら(笑)。
 

| | コメント (0)

お粗末な配送システム その3

その内容とは・・・
 
・問い合わせフォームについて
 
機種依存文字は使えない、つまり①②とかを使っていたからはねられたというのだ。

そんなことどこにも書いていない。
ましてやそんな理由でクリアになってしまってるなんて、普通の人にはわかるはずがない。
 
・不足金精算について
 
送料は「登録した住所」から「宛先の住所」までの料金が表示され、それで確定する。
 
しかし、実際には「荷物を預けた店舗」から「宛先の住所」までの料金で算出される。
 
つまり、配送料金が異なる場合が往々にしてある。
 
そのあたりのことは利用規約にもヘルプページにも記載されている。
 
不足金の清算に手数料がかかることももちろん書いてある。

だと。
 
まぁ見事なまでのマニュアル通りの対応にあきれてしまった。
 
が、このままでは何も進展がない。
 
再び意見を投げかけてみた。
 
(続く)
 

| | コメント (0)

2011年9月 1日 (木)

お粗末な配送システム その2

まずは
 
「該当のページにアクセスし、ログインして内容を確認して下さい。」
 
とあったのでログインしようとしたが、
 
どこ・・・?
 
そのページのどこにも「ログイン」できるところがない。
 
階層の深いところにようやくログインできる箇所を見つけてアクセスすると・・・
 
「不足金を清算してください。」とある。
 
そんな気はさらさらないが、試しに「清算する」で次のページに飛んだら、
 
「不足金清算手数料52円」とある。
 
・・・
 
なにこれ?
 
100円の不足金を清算するのにさらに金取るの?
 
もぉ頭が沸騰してきた。
 
怒り心頭で問い合わせページに冒頭の反論と今の顛末を打ち込み送信した。
 
が・・・
 
「質問内容が入力されていません。」というメッセージが出て、今打ち込んだ内容がなくなっている!!
 
げげっ、オレの渾身の作はどこにいってしまったのだー!
 
しょーがなく今度はあらかじめ書いたものをコピペしてみるが、症状は同じ。
 
なんだこりゃ?
 
文字数が多すぎるのかな?
 
と思って何度も文字数を減らしてみても同じ。
 
最後の手段で「あ」とだけ入れてみる。
 
おっ、送れた。
 
だがこれでは質問も問い合わせもできない。
 
電話番号も記載されていない。(最近ありがち)
 
困ったもんだとよくよくページを見てみると、わかりづらいところにちーさなメルアドを発見!
 
おっ、これで問い合わせができる。
 
かくして今までのうっぷんをはらすべく、渾身の作を送った。
 
以下要約
 
・申込時の住所と預けた店舗の配送区間が異なったため、送料の不足が発生した。
 
→家の近くの店舗で処理しただけ。
今まで何度も利用しているのになぜ今回だけそのようなことを言われるのか。
最初は何を言われているのか理解できなかった。
私の住んでいる地域は町田と川崎と横浜が混在しているので(徒歩1分で隣町)、こ
こが町田、ここが川崎、ここが横浜という認識がまるでない。
つまり今回のことはこの地域の住人であれば今後も容易に起こり得ることであり、自
然の流れである。
よって料金を支払う気はない。
これを同じエリアつまり川崎の店舗で処理しろと言われると車で行かなくてはならな
い。
そこまでしないといけないのか。
そもそも今回の件で利用を停止するとはあまりにも傲慢ではないか。
制裁措置にしては過剰すぎないか。
そんな上から目線的な対応では今後利用する気が起きない。
システムの改善を望む。
 
・・・
 
数時間後、お客様センター?から回答がきた。
 
(続く)
 

| | コメント (0)

お粗末な配送システム その1

オークションの取引時に何度か利用した某新規運送会社からメールが来た。
 
形式上の文言がつらつらと書いてあったのだが、要約すると・・・
 
「送料が不足しているので清算してください。」
 
「清算するまでシステムは利用できません。」
 
はぁっ?
 
まったく心当たりがありませんが・・・?
 
なぜそんな事態になったかというと・・・
 
「自分の住んでいる場所は川崎だが、預けた店は町田だったから。」
 
つまり・・・
 
・落札された商品を横浜に送ることになった
 
・ネット上の手続きだと、自分の住所(川崎)から横浜に送る、つまり同じ神奈川県内。
 
・ところが実際には家からすぐ近くのコンビニ(町田)から送った、つまり東京→神奈川。
 
・都県をまたぐので金が余計にかかる
 
こういう図式。
 
利用してずいぶん経ってからこんな一方的なメールを送られても納得がいかない。
 
すぐに問い合わせをすべく、ネットからアクセスしようと試みた。
 
ところが・・・
 
(続く)
 

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »