キャンピングトレーラー

2011年10月 4日 (火)

キャンピングトレーラーとの別れ

自転車レースをやり始めてから必要に迫られてトレーラーを購入し、はや11年。
 
レースでの遠征をメインにキャンプやスキーでも大活躍していたが、ここ数年は出動が激減。
このまま放置するのも忍びないので、ついに手放す決心をした。
 
Dsc00002 先代のエクスプローラーと共に
   
だが使うだけ使ってあまりメンテしてなかったため、結構ガタがきている。
メーカーに引き取ってもらうと逆に金取られそうな気がするので(笑)、レストアベースでオークションに出品したところ予想外の高値で落札されてしまった。
  
Img_0401 今のスタイル
   
しかも落札者は青森の方!
なんとここまで取りに来ると言う。(根性あるぅ)
 
この方牽引は初めてだと言うので当然ながらヒッチメンバーも着いていない。
なので事前にメールでアドバイスをしながら準備をし、ついに引き渡しの日がやって来た。

Img_0720 レース会場では頼もしい相棒に
 
バイク仲間とのキャンプの翌日早朝、爆睡中に携帯電話が鳴る音で起こされた。
「あと15分で着きます。」
 
なにぃー!
予定より早すぎ。
あわてて飛び起き、迎え入れの準備をする。
 
Img_0346 もちろんキャンプでも活躍
 
そして彼らはデリカに乗って現れた。
3人で運転を交替しながら8時間かけて。
  
挨拶もそこそこに、早速トレーラーの各操作部の説明をする。
と言うか不具合の告白?(笑)
 
P8033965 海のそばの砂浜のキャンプ場でも
 
ひと通り説明を終えると、次は実地訓練をするために近くの大きな公園の駐車場に移動する。(これが最後の牽引)
 
ここで初めて新しいオーナーが連結をしてバックの練習。
やはりこれが出来ないとね。
 
Dscf2638 雪中キャンプでも
  
なんとか勘が掴めたところで次に配線の結合をするが・・・ランプがまともに点かない。
おかしい、ウチの車ではちゃんと点いているのだが・・・?
 
それからが大変。
トレーラー側のカプラーをバラして配線を変えてみたり、ヒューズのチェックにタマ切れの点検と、考えつくものありとあらゆる作業を行ったが・・・やはりダメ。
 
これはヘッド側の配線か?と今度は受け側をバラしてみると・・・なんと取説と違う!
まったくもっていい加減に組んである。
これじゃまともに点かない訳だ。
んー今までの苦労は何だったんだ。
 
しかし受け側は今この場では直せないのでトレーラー側のコネクタの配線を変えて再度接続すると…バッチリ点いた!
 
良かったー!
これでなんとか青森まで行ける。
 
Dscf2636 雪道でも爆走
 
そしていよいよお別れの時がやって来た。
新しいオーナーとがっちりと握手をし、「大切にします。」と言って満足げにトレーラーを牽引して去って行った。
 
さようならポルト6。
11年もの間楽しい思い出をありがとう!
 
Img_0331 大好きな富士山と共に
 
そんなわけで家の前のトレーラーのあった場所にぽっかりと空間が出来てしまった。
 
わざわざ庭を潰してまでつくったトレーラー置き場。
住宅地図に建物として載るほどの存在感のあったトレーラーがなくなるのはやはり寂しい。
 
さてこれからこの空間をどう活用すべきか。
んー悩む。
 

| | コメント (0)

2011年8月30日 (火)

11年目の決断

長年愛用していたキャンピングトレーラーを売却することにした。
 
実はこっそりとオークションに出品していたのだが、すかさずお知り合いにご指摘を受けたのでこれを機に公開してみた。(まぁすぐに見つけられるとは思っていたが笑)
 
そのトレーラー、元々はMTBレースの遠征用として2000年に購入したもの。
それ以外にもキャンプやスキー、荷物置場?として愛用してきた。
最盛期には年間20回は出動していた。
 
しかしながら子供もいつしか大きくなりそれぞれ自立していくに従い、使用頻度も年に1~2回と極端に減ってしまっていた。
維持費なんてたかが知れてるし、このまま置いておいてもいいのだが、動かしてこそ価値のあるものがほとんど動かずにいるのを見るのは忍びない。
 
よってどなたか有効に利用していただける方に譲りたいと思った。
ただそれだけのこと。
 
ただし11年前のものであり、かつ購入当初はかなり使用頻度も高かったので、あちこちに相当なガタがきている。
その不具合たるや値段をつけるのも申し訳ないくらい。(笑)
 
そんな意に反して値はずんずんと上がっていく。(ビックリ)
そ、そこまでの価値は・・・ 
もぉ札入れなくていいです。(笑)
 
とにかく、誰の手に渡るのかはわからないが、末永く可愛がって欲しいものだ。
 
・・・えっ、次?
 
なんも考えてませんが。(笑)
 
しばらくはテントキャンパーに戻ります。
でもトラキャンなんかもいいよね♪
 

| | コメント (2)

2011年8月16日 (火)

西伊豆の海&キャンプ:その2

都会の猛暑はどこへやら、キャンプ場はとても涼しくて快適。
 
Dscn1381 まったりー
 
まずはラムちゃんを連れてキャンプ場をひと回り。
 
Dscn1388 おやつタイム
 
朝はサンドイッチをつくって食べる。
 
Dscn1385 手伝ってねー
 
Dscn1383 いただきまーす
 
今日も海に行こうかと思ったが天気が悪い。
なのでチェックアウトの時間までのんびりと過ごすことに決定。(帰省ラッシュは気になるが)
 
焚き火したりバドミントンやオセロで遊ぶ。
 
Dscn1398 火おこしもなれたもの
 
Dscn1402 対決!
 
Dscn1407 どっちが強い?
 
そしてチェックアウトの時間ぎりぎりに、再びトレーラーを連結して出発。
まだ昼前なのでどこも混まずにあっさりと三島まで行く。
 
東名高速もまだ渋滞していない。
よし、この調子だとすんなり帰れるぞと思っていたら…
 
さとみが「お昼は御殿場高原ビールのバイキングがいい♪」と言い出す。
 
えー、キケンじゃないのーと思ったが、「渋滞になったら夜帰ればいいでしょ。」と言う。
そこまでしても行きたいらしい(笑)。
 
それじゃと覚悟を決めて時の栖に行くが…空いている!?
駐車場もすんなり、バイキングも待ちなし。
 
あっさりと席につくと、さとみが今度は「渋滞ないなら早く帰りたいなー。」と言う。(おいおい)
えーそれじゃ飲めないよーと言うと、「それでもいいよ。」だと。
 
そこまで言うならと、さとみはソフトドリンクで私は遠慮なく飲んでしまった。(だってぇ、ここのビールおいしいんだもん)
 
すっかり満喫して出発。
そして気になる渋滞は・・・やっぱり始まっていたが幸いにして大したことなく、割とすんなりと家に到着した。
 
これで我が家の夏のイベントも終わり。(のはず)
年々休みを合わせるのが難しくなってくるが、何かしらは必ずやりたいね。
 

| | コメント (0)

西伊豆の海&キャンプ:その1

年々子供たちの予定が増えて行き、スケジュールを合わせるのが難しくなってくる。
 
今年は特にじゅんがサッカー関係で休みがわずか3日!?
しかもお盆のど真ん中。
 
だが仕方ない、その貴重な休みを使って出かけることにした。
 
本当なら夜のうちに出かけたかったがなにかと忙しくて断念し、早朝4時にトレーラーを牽引して出発する。
 
Dscn1409  
 
この時間帯でも車は多かったが、なんとか渋滞は回避してオートキャンプ場「銀河」に到着する。
 
サイトにトレーラーを置かせてもらい、岩地海水浴場に移動する。
 
Dscn1298 水も砂浜もきれい
 
ここ数年は伊豆で泳ぐならならここと決まっているお気に入りの場所だ。
 
Dscn1280 テントはってと
 
まずは泳ぎ。
水遊び大好きなラムちゃんと一緒に海で遊ぶ。
 
Dscn1331 潜水艦ラムちゃん
 
Dscn1338 アシカラムちゃん
 
続 いて沖にある浮きまで泳ぐ。
浮きでは飛び込んだり潜ったり。
 
そしてシュノーケルを持って魚を見に行く。
前回よりも大きくきれいな魚がいっぱい!
水族館並みに泳いでいる。
 
お昼を挟んで午後も海三昧。
たっぷり遊んだ。
 
Dscn1288 みんなで
 
最後に船の温泉に入ってから堂ヶ島に移動し、せせらぎの湯に入る。
 
さっぱりしたところで再びキャンプ場に移動する。
 
Dscn1341 セッティング完了
 
ここは相当な山の上でかなり大きく、それでいて手入れが行き届いていてきれい。
 
Dscn1345 夕飯の仕込み?
 
夕食は簡単焼き物なので(手抜きともいう)、それまでのんびり遊ぶ。
 
Dscn1348 バドミントン みんなうまい
 
夕闇が迫りくるころからぼちぼち食べ始める。
 
Dscn1362 まずは火おこしよ
 
夜は涼しく虫もいなく快適。
まったりとしながら飲んで食べる。
 
Dscn1359 もぉ酔っぱらい?
 
最後はお約束の花火をする。
 
Dscn1372 幻想的
 
ひと息ついて食後にちょっと横になってみたら、海の疲れもあってか瞬間爆睡(笑)。
 
ちょうど見ごろの流星群を楽しみにしていたが、この日は雲が多く星が見えなかった。
残念。
 
(続く)
 

| | コメント (0)

2011年1月 5日 (水)

1/1:那須年越しキャンプ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
 
昨日の強風もやみ、おだやかな新年を迎えた。
 
Imgp5616 初散歩
 
まずはやっぱり焚き火を起こして。
それから朝ご飯は昨日食べる予定だったシシカバブ。
 
Imgp5623 肉をこねこね
 
でも朝からヘビーすぎね?
 
Imgp5624 やきやき
 
お昼近くになって場内で餅つき大会がはじまる。
 
Imgp5625 よいしょー!
 
つき終ると配給。
 
Imgp5626 からみとアンコ
 
食べ終わるとすぐにキャンプ場を後にする。
 
Imgp5628 つきたてはおいしいね
 
約2時間かけて実家に行く。
(直線距離だと短いんだけど、山越えだから遠いのよね。)
 
家では兄弟家族が集まりささやかに新年会をする。
 
これで長い年越しも終わり。
ようやく布団でくつろげる(笑)。
 

| | コメント (0)

2011年1月 4日 (火)

12/31:那須年越しキャンプ

早朝に起きて黒磯PAからキャンプ場に向かう。
 
Imgp5547 途中の道の駅も真っ白
 
今回は2年ぶりに「キャンプキャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」にした。
 
Imgp5548 とーちゃく
 
現地に着いてビックリ。
予想より多くの雪が積もっている。
 
Imgp5557 サイトに入れてみた
 
まずは雪かきをしてお店を広げる。
 
Imgp5554 かきかき
 
子どもたちは早速雪合戦なんぞしていた。
 
Imgp5559 雪を集めて
 
雪遊びに飽きると次は焚き火。
 
Imgp5574 ぱたぱた
 
しばしまったりしていたが、お昼近くになって移動。
すっかり味をしめた「ホテルサンバレー那須」のランチバイキング&プール&温泉。
 
しかしこの冬の時期に屋外の温水プールに行く人なんかいないだろうと思いきや、けっこう泳いでいる人が。
でも外には雪・・・さすがに寒かった(笑)。
 
泳いだ後はお待ちかねのランチバイキング。
 
101231_134645 イタリアンがメイン
 
やっぱりここの料理は美味しい。
バイキングとしてはトップクラスだね。
 
101231_140648 デザートだけでも15種類!
 
すっかり堪能してキャンプ場に戻る。
 
Imgp5584 きれいな夕焼け
 
早めにご飯をつくろうとしたが腹いっぱいでそれどころではない(笑)。
 
Imgp5600 焚き火でまったり
 
そうこうしているうちに年越しイベントのはじまり。
まずは熱気むんむんのビンゴ大会。
 
Imgp5589 当るかな
 
続いて年越しラーメンの配給。
 
Imgp5610 ならんでー
 
最後にカウントダウン花火の予定だったが、残念ながら強風で中止。
トレーラーの中で人生ゲームをしておとなしく?寝る。
 

| | コメント (0)

2011年1月 3日 (月)

12/30:那須年越しキャンプ

さとみの仕事が終わるのを待って出発。
空いている高速を通り、夕食は東北道の羽生PAのパサールで。
 
お手頃値段のフードコートが並び、なかなかいい雰囲気。
とてもPAとは思えない。
 
101230_203946 おいし♪
 
まだ時間もあるので、そのまま進んで黒磯PAまで行く。
 
Imgp5527 路面凍ってます
 
気温は1℃!
周りは雪。
こんな年末に雪が積もっているのも珍しい。
 
今夜はここでお泊り♪
 

| | コメント (0)

2010年12月27日 (月)

ニュージーランド事情:トレーラー編

この国の車のお尻にはたいがいヒッチメンバーが付いている。
 
Imgp5376 ごくふつーの車に当たり前のように
 
そしてトレーラーを牽引している車のなんと多いことか。
 
Imgp5135 農業用?
 
大小問わず色んな車が、カーゴ、農耕用?、自転車用、キャンピング、引っ越し、車用、実に様々な形のトレーラーを牽いている。
 
Imgp5351 引っ越し?
 
なんか見ているだけでワクワクしてしまう。
これでうねった道を時速100キロ近くも出して走るんだから大したもんだ。
 
Imgp5380 店?
 
なんでもガソリンスタンドでトレーラーが借りられるらしい。
それだけ生活の中に浸透しているってことだ。
 
ただキャンピングカーについて言えば、トレーラーよりも自走式が圧倒的に多い。
大陸横断的な場所には向いているからね。
 
Imgp5348 街中でもふつーに売ってます
 
自分もいつかはキャンカーでNZを回りたいね。
今回走ったところと同じ道を。
 

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

毎年恒例

オートバイ仲間との年1回の顔合わせキャンプ。
会場はすっかり定例化した青野原オートキャンプ場。
台風も去りすっかりいい天気に。
 
Imgp4389 到着
 
今年の参加者は大人9名、子供4名。
年々シングル参加が増えてくるが、子供が大きくなったりと家庭の事情で仕方ない。
まぁ本来の原点に戻ったってことですな。
 
Imgp4368 バドミントンで遊ぶ
 
なのでみなさん到着も遅く、夜の宴会だけ集まるって感じ。
それでも懐かしい顔ぶれに会うとホッとする。
 
Imgp4380 夜の宴のはじまり
 
バイクの話、子育ての話・・・気の合う仲間との話はいつまでもつきない。
あっという間に日付も変わるころに。
 
Imgp4387 焚き火を囲んでまったり
 
翌日も朝からいい天気で湿気もなく快適。
やっぱり秋はいいね。
 
Imgp4390 すがすがしい朝
 
朝ご飯を簡単に済ませ、片づけにかかる。
そして「また来年!」という合い言葉で解散。
 
Imgp4394 ホットケーキを焼くひろき
 
これで気心知れた仲間との楽しいひと時も終わり。
ちょっと寂しいが、でも元気が出た。
また来年!
 

| | コメント (0)

2010年8月10日 (火)

南房総海水浴&キャンプ2日目

翌日は日も出ているが雲も多い微妙な天気。
 
Imgp3853_2 さんぽ
 
散歩と朝食を済ませ、遊泳可の時間までまたしてもトランプ(笑)。
 
Imgp3864_2 まったり朝ごはん
 
8時半になりようやく遊泳開始。
まずは目の前の海に突撃ー!
 
Imgp3871_2 行くぞー!
 
しかし遠浅の海は意外にも穏やか。
ボディボードをしようにもちと物足りない。
去年が台風の接近中だっただけに余計にそう感じる。
 
次に磯遊びの出来るエリアでシュノーケル。
 
Imgp3890_2 ラムちゃんも一緒
  
しかしここも魚の姿があまり見られない。
もともとそんなに見れる場所ではないのだが、先週の西伊豆が良かっただけにちょっと残念。
まぁそれでもそこそこ楽しめたかな。
 
Imgp3919_2 それでも魚はいます
 
ひと通り遊んで海から上がった直後に、なんと雨が降って来た!
太陽も顔を覗かせているというのに?
 
そんなんだからすぐ止むだろうと思っていたのになかなかしぶとく降っている。
でも泳ぐのには気にならない程度だったので、昼食後再び海に入る。
 
Imgp3933 波乗りー
 
Imgp3938 ブイまで遠泳
 
しかし雨足はどんどん強くなり、泳ぐどころではなくなってきた。
となると残るは砂遊び(笑)。
 
Imgp3941 かなり深く掘ってます
 
雨は弱くはなるも結局止まず。
名残惜しいが早めに撤収し、キャンプ場を後にする。
 
帰り道はほとんど渋滞がなく、思ったより早く帰宅できた。
千葉はやっぱりそれがいいね。
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧