自転車

2011年11月27日 (日)

スタッフで参加:MTBフェスティバルin緑山

「スタッフやりませんか?」とSじいさんに何度も誘われていながらも都合が悪くいつもお手伝いが出来なかった緑山でのレース。
今回ようやくスタッフとして参加することができた。
 
と言いつつも仕事の都合上参加が危ぶまれたので、万が一のためにさとみを代理として立てていた。
結局自分がなんとか行けるようになったのだが、本人もやる気満々?のため一緒に行くことに。
 
朝5時55分に出発、わずか5分で緑山スタジオに到着。(近いのがいいね)
あたりはまだ暗い。
 
310914 朝日がきれい
 
自分たちはSじいと共に受付班としてテントに位置する。
 
Dscn2333 スタンバイOK
 
まだ日が登らないのでけっこう寒い。
  
Dscn2334 ぶるる
 
受付開始と同時に押し掛ける参加者たち。
4人でもけっこうこなすのが大変。
 
試走を終える頃にはようやく落ち着いてきた。
 
そして1時間ソロが始まる。
日本女子最速の片山選手はじめ轍屋やらそうそうたるライダーが並ぶ。
 
Dscn2335 最初からテンション高い
 
1時間後にレースが終わると、ライダーが装着している計測チップの回収。
同時ゴールなんかするとこれまた忙しい。
 
次のキッズレースはどのクラスも真剣。
特に親が。(笑)
ウチも昔はそうだったよなぁと思い出深い。
 
ちなみに今回コースマーシャルの第一曜日さんはサンタバージョンで走っていたが、これが子供たちに大ウケ。
やたらと質問攻めにあっていた。
 
Dscn2337 なんでー?
 
Dscn2336 サンタさんプレゼントちょーだい!
  
お昼休みをはさんで午後からは2時間耐久。
 
25654 迫力のスタート
 
ここでようやく時間が空くので、その間にマーシャルを兼ねてコースを走ってみた。
ジャンボさんプロデュースのコース設定は、HMPイズムが随所に仕掛けられてなかなか面白い。
テクニカルでありながらも走りやすくまとめているのはさすが。
 
レースは轍屋チーム同で目まぐるしくトップが入れ替わる大接戦。
最後の最後でオダジさんが鎖骨骨折のアクシデントで幕切れとなってしまったが、なかなか盛り上がって見てて楽しかった。
 
ゴール後に再びチップの回収、そしてコーステープの撤収に行く。
それが終わると本部の片付け。
スタッフたちがテキパキと動いたおかげであっという間に完了。
4時過ぎには解散となった。(はやっ!)
 
自分でイベントを仕掛けるのは昔からよくやっていたが、プロの仕事を手伝うのははじめてかも。
これはこれでいい経験ができて楽しかった。
 
今度は法政パークでやってみたいね。
震災で幻に終わったレースもね。
 

| | コメント (2)

2011年11月15日 (火)

11/13トレイルライド&ピザパーティ:パーティ編

家の前に会場づくりをしながら料理を並びはじめる。
 
Dscn1910 続々と
 
その合間にも泥家さん一家、かわき君一家、UNSひらい一家と、食べるだけの人たちも続々と集まって来る。
その数大人13名、子供5名、犬一匹。(けっこう集まったなー)
  
まずはさとみちゃんお手製のぐるぐるベーコンチーズパンと、
 
Pap_0009 バッチリな出来具合い♪
 
先日つくった燻製肉を軽く炙って出す。
 
Dscn1908 こちらも絶品♪
 
あと燻製チーズもね。
 
ってな感じでいつの間にやらパーティのはじまりー。
乾杯はしたようなしなかったような(笑)。
 
Dscn1911 燻製肉切ってます
 
頃合いを見てじっくりと焼いた丸鶏登場。
 
Pap_0012 これでやってました
 
あまりにもじっくり煮込んで型崩れしてしまったので画像なし(笑)。
 
Tじ君はその残ったエキスを使って料理をつくっていた。
これもまた絶品!
 
Dscn1923 合作?
 
こうしてテーブルに並ぶ美味しいものの数々にお酒たち。
たくさんの差し入れもありがとうございます!
とても書ききれません。
 
Dscn1914 まずはとにかく食べる!
 
いろいろとつまみながら飲んですっかりまったりしてたら、「ピザやらないのー?」と、さとみちゃんから怒られた(笑)。
 
そうだった、ピザパーティと銘打ってピザをやらないわけにはいかない。
と言いつつも今さらダッチオーブンのセッティングするのもなぁとゆるゆるしてたら、また怒られた(笑)。
 
ってなことで家の中で仕込んでガスオーブンで焼くことになった。
 
Dscn1922 楽しくつくる女性陣
 
Pap_0005 海鮮たっぷりのせ大人ピザ
 
そんな感じで後から後から出てくる料理を食べて飲んでもぉお腹いっぱい。
 
Dscn1925 まったりー
 
ようやく宴会も落ち着き、遠方の人たちから自然解散。
 
と、ミスティさんたちが帰ろうとしたらセルが回らない。
なぜかバッテリー上がりに?
幸いブースターで繋いだらすぐにかかったから良かったが。(お泊りコース?)
 
片付け後、泥家さんとひらい君たちで家の中で二次会に突入。
 
Pap_0001 すでに腹いっぱいですが
 
いつまでも話は尽きないが、ここで子どもたちが宿題やってないと泥家さん退散。
それでも帰ろうとしない(笑)ひらい一家と余りもので夕飯をして、今度こそお別れ。
 
いやー長かったー。
けど走って食べて飲んで語って楽しかった。
 
でもやっぱり窯がないと楽しさ半減ですな。
なんとか復活できるように考えよう。
 

| | コメント (0)

2011年11月14日 (月)

11/13トレイルライド&ピザパーティ:ライド編

久々のトレイルライド&パーティを決行した。
 
秋晴れの絶好のツーリング日和に集まったのは、いつものメンバー、UNS001、Tじ君、ぐっさん、さくじいに、遠路はるばるのミスティさんにひろひこさん、ツーリングはお初のJTさんにきのっぴー、そして私の9名。
 
さくじいはなんと20インチのフーリガン(ほしい!)、ひろひこさんは5年ぶりのツーリングだそうな。
いつもとはちょっと異色の顔合わせで面白くなりそうな予感♪
 
行く前に丸鶏を仕込んでから、午前8時過ぎに我が家を出発する。
 
最初のトレイルまではお約束のTT区間。
勢いよくダッシュするJライダーの面々。
 
適度な?アップの後に尾根伝いのトレイルへ。
眼下に街並みが見えて気持ちよく走れる。
 
Dscn1895_2 山の中はいいね♪
 
ひと通り走って公園の頂上で休憩。
 
Dscn1899 紅葉がきれい
 
2度目のけっこうキツいヒルクラTTを経て第2ステージへ。
ここはダブトラ主体で軽く流す感じ。
 
続いて第3ステージ。
ここからシングル多めで最後にご機嫌な下りが待っている。
 
Dscn1901 出口で 下りはやっぱり楽しいね♪
 
そして第4ステージ。
森林浴しながら走れる気持ちのよい場所。
だが思いのほか倒木が多く、何度か担ぎながら走破。
 
Dscn1902 お気に入りの竹やぶ
 
最後の第5ステージはヒルクラと長い下り区間。
ヒルクラはJライダーたちが果敢にチャレンジするのだが、雨上がりのため滑って誰も成功せず。
残念!
 
Dscn1903 チャレンジ!
 
最後に一気に下って終了。
やっぱりこのコースは楽しいね。 
 
帰り道でさくじいがパンクするアクシデントはあったが、無事に帰宅。
急いでパーティの支度をする。
 
・・・続く
 

| | コメント (0)

2011年10月17日 (月)

トレイルライド&ピザパーティのお知らせ

前回のイベントから随分と間が空いてしまいましたが、久しぶりにトレイルライド&ピザパーティを開催します。
 
ただし、今回は事情により石窯が使えませんので、自宅前で行います。(楽しみにしてた方ごめんなさい)
ダッチオーブンでピザやスタッフドチキン、その他薫製などをつくる予定です。
 
さらに今回は土曜日と日曜日の2回開催します。
どちらかでも両方でも、トレイルだけでもパーティだけでも、参加は自由です。
 
■開催日
・第1回:11月13日(日)
・第2回:11月19日(土)
 
■タイムスケジュール(予定)
・07時45分 集合
・08時00分 トレイルライド出発
・11時00分 帰宅
・12時00分 ピザパーティ開始
・16時00分 解散
 
■参加費
・大人:1000円
・子供:無料
 
■注意事項
・小雨決行です。(程度によりますが)
・ソフトドリンク、アルコール類は多少は用意しますがなるべくご持参ください。
・差し入れは大歓迎です。
・食器、椅子、テーブル、テント等ある方はご持参ください。
・車はある程度家の前に置けます。
・飲酒運転は厳禁です。
 
■参加希望者へ
・mail、twitter、facebook・・・どんな手段でもよいので私宛に連絡ください。
・人数制限をする場合があります。ご了承ください。
・第一次締切を10月30(日)とします。(人数の把握をしたいため)
 
それではみなさまのご参加をお待ちしております!
 
なお、19日にはスペシャルゲストが参加する予定です♪
 

| | コメント (0)

2011年10月16日 (日)

ヤビツ峠ヒルクライム

大井町でじゅんのサッカーの練習試合があるという。
「見に行くついでに松田のお墓参りしたいな。」
「じゃぁそのついでに自転車にも乗ろう!」
 
本当は大雄山から林道を走りたかったのだが、ロード仕様のタイヤを換えるのがめんどくさい。
それならばとヤビツ峠まで登ることにした。
 
本当は家から自走したいところだが、それはまた次回に。(笑)
 
ってことで三本立て盛りだくさんの日曜日のはじまり。
 
じゅんを見送ってから高速を飛ばし、某農産物直売所に車を置く。
 
Dscn1765 ストレッチしなくっちゃ
 
まず走る前にやることは、野菜の確保。(笑)
 
424836917 お買いもの♪
 
すぐに準備をし、アップがてら中古木の交差点に向けて走り出す。
 
コンビニや交差点の近くにはロードレーサーがうようよ。
さっそく峠に向けてスタート!
 
天気もよく湿気もなく、まさに今日は絶好の自転車日和。
ここは出だしが一番キツい勾配なので、いきなり心拍上げないように抑えながら走る。
 
Dscn1770 登るわよー♪
 
中間地点まではぴったりと一緒に走っていたのだが、後半からジリジリと引き離されていく。
通勤で毎日走っているさとみとの差は明らか。
 
Dscn1777 相模湾がきれいに見えました
 
その差を埋めることなくヤビツ峠に到着。
んー久しぶりに負けたかも。(笑)
 
Dscn1772 着いたわよー♪
 
峠にもロードレーサーがうようよ。
そのほとんどがストイックな連中なので、観光もせずにすぐに下山。
もちろん?自分たちも。
 
Dscn1775 富士山もバッチリ
 
あっという間の往復でちょっと物足りないが、今回は次がスケジュールが控えているものでガマン。
 
ヒルクラもたまには面白いが、お尻と腰が痛くなるのが難点。
 
やっぱりトレイルがいいね。
来月のご近所ツーリングに向けてそろそろタイヤを戻さないと。
 
・・・その前に練習しろって。(笑)
 

| | コメント (0)

2011年9月24日 (土)

プチツーリング

秋晴れの清々しい日。
朝からトレーラーや家の掃除片付をしていたが、こんな快適な日に家にいるのはもったいない。
 
ってことでさとみと一緒にツーリングに出発!
特にあてのないまま鶴見川沿いを走り出す。
 
405764596 ずんずん
 
川沿いは涼しく風が気持ちいい。
快調に走ってるうちに源流に行こうと思い立つ。
 
とはいえ源流までの道のりは険しい。
というか川沿いに道がない(!)ので迷うこと必至。
 
だがいつの間にか道が新しく出来ている。
ある程度川沿いに走れたのだが、それもとある場所でぷっつりと。
 
こんなところで道がなくなっても・・・としばし迷ったところでタイムアップ。
サッカーの練習から帰ってきたじゅんのためにお昼をつくらなくては。
 
ということで後ろ髪をひかれながら帰る。
 
帰り道の途中で無人野菜売り場に寄ってみた。
 
405774502 ピーマン100円よ♪
 
そんなわけでわずか20kmの道のりだったが楽しかった。
また合い間見つけて走ってみるぞ。
 

| | コメント (0)

2011年9月19日 (月)

JシリーズXCO#5富士見パノラマ観戦

またしてもスケジュールの合わない子供たちを置いて、さとみとラムちゃんとJ1富士見パノラマの観戦に行って来た。
 
危険な3連休なのに子供たちを送り出してからの6時半出発。
すでに予想通りの大渋滞を避けて相模湖インターから乗る。
 
おかげで渋滞は回避できたが、会場入りした時にはすでにレースは始まっていた。
しかも見れたのはスポーツクラスの最後の1周のみ。
声援を送ることすらも満足にできないまま終了。(あらー)
 
エキパまではまだ時間があるのでピットをうろうろ。
たくさんのお知り合いと交流を図る。
 
Dscn1537 みなさんお揃いで
 
続いてエキスパート&女子エリートクラス。
今度はしっかりと応援するぞ。
 
Dscn1548 スタート!
 
Dscn1550 続いて女子も
 
最初は一番難しいテクニカルな下りのセクションで見ていたのだが、これがまたみなさんよくコケる!(失礼)
雨上がりでスリッピーな上に剥き出しの根っ子とくりゃコケない方がおかしい。
 
なのでまともに走れたのはトップライダーのみ。(でも2周目にはコケてた)
それ以外は転倒続出。
 
中には頭を打ってヘルメットが割れた人も。(こわっ)
見てる分には面白いがライダーにはたまったもんじゃない。
 
おまけに段々と日差しも強くなり、蒸し暑さも倍増。
普段なら登り切れるはずのゴンドラ下の直登も押す人続出。
まさに持久戦の様相を呈してきた。
 
Dscn1586 がんばれー!
 
そんな状況なので、ゴール後にそのまま倒れ込む人のなんと多かったことか。
それほどまでに厳しかったようだ。
 
Dscn1587 気持ちいいー!
 
そしてメインの男子エリートクラス。
これまたガンガンに暑い中でのスタート。
 
Dscn1605 ド迫力のスタート!
 
カズ、リョウ、ケン、トキを中心に周回ごとにトップが入れ替わる大接戦。
応援する方にも力が入る。
 
カズは最初独走だったがチェーン切れで無念の後退。
それでも3位まで追い上げたのはさすが。
 
Dscn1611 カズゴール!(えりちゃんお迎え)
 
力を出し切ったカズもゴール後倒れる。
それほどタフなレースだった。
 
Dscn1612 お疲れー!
 
その後10位でフィニッシュしたせーじもフラフラになりながら倒れ込んでいた。
その膝は血まみれ・・・(心配)
 
いやぁ、なんとも壮絶なレースだった。
 
自分にとっては帰りの中央道渋滞の方ががもっと壮絶だったが。(笑) 
勝沼からずーっと下道・・・って尋常じゃないぜ。
なんとかならんものか。
 

| | コメント (2)

2011年8月29日 (月)

若さの特権:高校生の気まま(無謀?)なツーリング その2

高校1年生7人、最初は威勢よく走ってはいたが、荷物は重いわ坂は多いわで次第に体力を消耗してきた。
しかもツーリングなんてほとんど初体験。
ペース配分もなにもあったもんじゃない。
 
R413をひた走り、当初は「道の駅どうし」あたりの河川敷まで行こうと思っていたらしいが、神奈川県を越えることすら厳しい状況。
たまたま県境にある両国橋キャンプ場が目につき、そこで泊まることにしたそうな。
 
ここで川遊びしたり焚き火したり焼肉食べたりと、1日目は無難に過ごした模様。
しかし翌日はもっと天気が悪くなり、川も増水してくるわで夕方には管理人から川沿いのサイトから退避してくれと言われたらしい。
 
ここで何を思ったか、一行は帰ることを決意する。
しかも夜の10時過ぎ。
親にはただひと言、「これから帰る。」のメールだけ。
 
夜に行動するなんてもってのほか!
ダメだ、朝まで待てと連絡するが、すでに荷物も撤収し出発した後。
 
雨はますますひどくなってくるし、ましてや真夜中。
こうなればもう無事に帰ってくることを祈るしかない。
 
かくして午前3時頃、彼らは無事にそれぞれの家にたどり着いた。(よかったー!)
 
「なんでそんな時間に帰ろうとしたの?」って聞いたらただひと言、「飽きた。」だと(笑)。
 
まぁ結果オーライだが、もう少しマシな計画立てようね。
 
これに懲りてもうツーリングはしないのかと思いきや、「また行く。」だって。
 
おっ、頼もしいお言葉。
よしよし、それでなくっちゃ。
 
・・・次回こそ後ろからこっそり着いて行きたいものだ(笑)。
 

| | コメント (0)

若さの特権:高校生の気まま(無謀?)なツーリング その1

ろくな準備もないままにかつ天気も悪いというのに先日強行されたひろきたちのツー
リングだが、いろいろとヒアリングをするうちにようやくその全貌が掴めてきた。
 
・まず自転車関係の装備。
幸いにして友達ひとりがそこそこ走っているようで、パンク修理道具とポンプを持って来たそうな。
ひろきにはチューブを持たせた。
ライトは全員が装備。
キャリアはないのでみんなデイバック等を背負う。
 
・続いてキャンプ関係の装備。
テント(4人用!)、ランタン、コッフェルはすべて我が家のを持ち出し、それを分担して背負った。
マットは誰かが持っていたらしい。
シュラフはなし、バスタオルのようなものでしのいだ。
 
・全体計画
目的地は道志川沿いの河原(キャンプ場は金がかかるので避ける)
5泊する予定
 
事前に何回か打ち合わせをしてここまでは決まったようだ。
しかし天気は下り坂。
 
「もう少し天気がよくなってから行ったらー?」という親の声を聞かずして作戦は決行される模様。
 
しかし、前日それも夜になって事件が勃発。
ひろきが「余っている自転車ない?」と聞いてくる。
「なんで?」
どうやら仲間ウチのふたりが実はママチャリで、そのうちのひとりに貸してあげたいらしい。
 
「貸してもいいけどさとみの通勤スペシャぐらいしかないよ。」
「そうしたらママチャリひとりだけになっちゃうよ。」
それでもいいというので交渉成立。
 
で、「どうやって渡すの?」って聞いたら、「今から取りに来る。」だって!?
えぇー今9時だよ。集合朝4時でしょ?
それでも来るという。
なんとまぁ無謀な。(笑)
 
1時間後、その友人は家まで電車で来て自転車に乗って帰って行った。(寝る時間な
いぞ)
まぁそんなに遠くはないからいいけど。
 
そして総勢7人が朝4時に聖蹟桜ヶ丘を出発、道志方面を目指して走り出した。
 
(続く)
 

| | コメント (2)

2011年8月17日 (水)

青春の迷走劇

以前お伝えしたひろきのツーリング計画だが、いよいよ今週末に決行することになったようだ。
 
結局友人6人と荷物を分担して背負って走るらしい。 
 
当初はウチらがいくら無理だと言っても尾白川渓谷まで1日で走ると主張していたのだが・・・
 
いつの間にか前日の夕方に出発して夜通し走り通すになり、(いやそれも無理)・・・
 
それが今日になって、道志街道沿いの川でキャンプになっていた!?(笑)
   
いざ間近になって具体的な話を詰めていくうちに、山梨まで行くことがようやく無謀だってことがわかったらしい。(そりゃそーだ)
 
さらによくよく聞くと、5泊もするらしい(そんなにかい!)。
 
で、ここ数日は計画の練り直しに忙しいらしく、急にウチらにもいろいろと聞かれることがやけに多くなった。
 
まぁそれがいろいろと注文がうるさいうるさい(笑)。
 
「ここがいいんじゃない?」と場所の紹介をすれば、「ここじゃ近すぎる。」とか、「そこは川が浅い。泳げるところがいい。」とか、「そこは人が多いからヤダ。」とか、「温泉が近くにない。」とか、「キャンプ場は金がかかる。」とか。(もぉー)
 
キャンプ用具を貸してくれときたはいいが、「なんでコッフェル6つしかないの?」とか(そんなにあるか!)、「テントに7人寝れる?」とか(そんなに寝れるか!)、「ヘッドランプはLEDがいい。」とか(買え!)。
 
挙句の果てに、「炊事道具持ってくと荷物多くなるよ。ご飯なんて買って食べればー?」と言えば、「米焚かなくてどーすんだよ。」と言われるし(笑)。
 
おぅおぅ、幼きころからいろいろと連れ回した(強引に振り回した)情操教育(洗脳?)が成果としてあらわれてるな。(よしよし)
 
そんなわけでどこへ行くやら今も二輪車ツーリングマップとにらめっこ。
 
さてこの顛末はどーなることやら。
 
でも楽しいねー青春だねー。
 
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧